オリンパスOM-1のカメラ修理

今日は二十四節気でいうところの「小雪(しょうせつ)」ですね。
「わずかながら雪が降り始める頃」ということですが
確かに寒くなってきましたね。。。
温かい鍋と熱燗が恋しくなる頃でもありますね(笑)
(焼酎お湯割り梅干入りも捨て難い。。。。)

さてさて

今日は「オリンパスOM-1」のカメラ修理を行っています。
軽量コンパクトな一眼レフの元祖と言って良いカメラですね!
発売は1972年。有名な話ですが
当初は「M-1」として発売されましたが
翌年には「OM-1」と改名されました。
詳細は長くなるのでここでは省きます。

オリンパスのカメラは
独創性の高い作りをしているものが多いですが
このOM-1も構造は布幕横走りフォーカルプレーンシャッターと
オーソドックスな形式ですが細かい部分は
オリンパスならではの構造が多いカメラです。
そのひとつが巻上からシャッターチャージを制御する
底部に並んでいる3つのギアなのですが
ここが巻上トラブルの元になることが多いです。
単純に動きが悪くなっていくうちに
ギアの噛み合わせがズレていき
巻上ができなくなるような症状が発生します。

上の写真ではわかりにくいですが
底部ギア部分も写っています。今この状態が
まさにタイミングの狂っている状態です。

ご依頼者様からシャッターが切れない。。。ということで
お預かりしましたがここのギアのタイミングをただ
修正しただけではまた近いうちに再発する可能性が高いので
動くを良くするために清掃を行い
滑らかに動くための処置も行います。
他のカメラなら注油を行うところですが
OM-1の巻上機構部には注油は厳禁です。
逆に動きを悪くすることになりかねません。

他、露出計は3段から4段ほど
オーバーに振れてしまっています。
まずはシャッター周りから取り掛かり
巻上周り、ミラー駆動部、ファインダー、露出計と
一通りの整備を行います。

オリンパス・トリップ35のカメラ修理

今日はピザの日だそうですよ。
ピザ。。。たまに無性に食べたくなりますよね。
。。。と書きながら既に無性に食べたくなってきました(笑)
シーフードのたくさん乗ったピザがいいかなぁ。。。
やっぱりビールが合うよなぁ。。。
なんて考えていたらBGMに流れてきた
矢野顕子さんの「ラーメンたべたい」を聴いてると
今度はラーメン食べたくなってきました。。。
なんと意思の弱い私・・・(笑)

さてさて

本日は「オリンパス・トリップ35」のカメラ修理を行っています。
このカメラも大ベストセラー機ですよね。
発売は1968年、実は「コニカC35」も同じ年の発売なのですね。
ジャーニ~コニカにオリンパストリップ。。。
当時は旅先に持っていくカメラに
どちらを買うか悩んだ人も多かったでしょうね。

この「トリップ35」というカメラ
内部構造はほぼ「ペンEES」と同じ作りです。
ペンEESの35mmバージョンがトリップ35と
言い換えても良いと思います。
どちらにしてもコンパクトで操作簡単
さらに電池もいらない。。。と持ち歩くのに適したカメラです。

お預かりしたトリップ35は
まずオリンパスお得意の赤ベロが出ず
光量不足でもシャッターが切れてしまいます。
さらにオート露出が全体的にかなりオーバー傾向です。
ASA100・LV15時にほぼ絞り全開です。
(ASA400だと少し絞り込む)
オーバー気味というよりはほぼ常に絞り全開ですね。
写真は全て真っ白になりそうです。
もし赤ベロがきちんと作動していたなら
ほとんどシャッターは切れなかったのではないかと思います。

もう既に大体予想はついていますが
まずは上カバーを外してみると
やはり露出計の針がほとんど振れないようです。
露出計本体が原因でもセレンが原因でも
どちらにしても交換しかないと思いますが
今回はやはりセレン光電池が劣化のため起電不足のようです。

セレン光電池は中古良品と交換いたします。
赤ベロ作動不良は針挟みこみ部分の動作不良が原因のようです。
セレン交換と並行して
まずはシャッターユニット・絞りユニットの整備から行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンⅡS改のカメラ修理

今日は「鉄道電化の日」だそうですよ。
東海道本線全線の電化が完成した日だそうです。
効率がよくて環境にも優しいのは
電化路線なのはわかってはいるのですが
個人的には非電化路線の
架線のない線路だけ敷かれた上を
ディーゼル気動車がゴトンゴトンと走っている姿が好きです。
あぁ。。。甲斐駒ケ岳をバックに
小淵沢大カーブで写真を撮りたいですね。。。

さてさて

本日は「キヤノンⅡS改」のカメラ修理を行っています。
いわゆバルナックタイプのカメラです。
キャノンのバルナック機は種類が多い上に
モデル名の刻印がないため判別がしにくいのですが。。。
実はこの「キヤノンⅡS改」の修理受付のときにも
「ⅡD改」だと思って受付票に記載してしまいました。
改めて見ると最高速1/500で倍数系列のシャッター速度。。。
ここまでは「ⅡD改」も「ⅡS改」も同じなのですが
フラッシュレールが側面に付いているのが「ⅡS改」
付いていないのが「ⅡD改」なのですね。
完成時にはご依頼者様にもご説明します。

シャッタースピードが倍数系列
(30、60、125、250)なのは
1954年以降のモデルで比較的種類が少ないのですが
(ⅡS、Ⅳsb改、ⅡS改、ⅡD改、ⅡF改)
倍数系列でないものは
(25、40、60、100、200)もっと種類が多いので
さらに大変です。
基本的なところは一緒なので修理に問題はないのですが。。。

今回、お預かりの「ⅡS改」ですが
お決まりのシャッター幕劣化です。
破れこそないものの硬化して波打ってしまっています。
そのためシャッタースピードは安定せず
低速時には開きっぱなしになってしまうこともあります。
何はともあれ幕交換です。

手前に転がっているのが
先幕です。後幕はまたカメラに付いたままです。
写真でも波打っているのがわかると思います。
キヤノンお得意の変倍ファインダーの状態は悪くないので
シャッター周りをキチンと整備すれば
快適に使えるカメラになると思います。
ちょっと重作業ではありますが
これからシャッター幕作成、取り付け、調整と
整備を進めていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタXE-7のカメラ修理

今日は「もりとふるさとの日」だそうですよ。
里山や農村は本当に「心のふるさと」ですよねぇ。。。
私が幼い頃は家から少し山のほうに行くと
段々畑や小さな棚田があって
「森」ほどではないですが「林」があって
四季折々の姿を見せてくれました。
それでも都会の便利さは捨てがたいし
仕事するなら今の環境がベストだと思いますが
たまには緑豊かな山村で癒されたいですね。

さてさて

本日は「ミノルタXE-7」のカメラ修理を行っています。
「XE-7」というのは「ミノルタXE」の輸出モデルです。
ネーミング以外はXEと同一です。
他にも輸出モデルで「XE-1」というものも存在します。
これも「XE」と中身は同一です。
何かで聞きかじった話で確証も何もないでのすが
「XE-1が欧州向けでXE-7が北米向け」なんてことを
聞いたことがあります。
ちなみに「XE-1」はシルバーしか見たことがなく
「XE-7」はブラックしか見たことがないですね。
そういう設定だったのかな。。。

お預かりしてる「XE-7」は
定番のプリズム腐食もなく非常にキレイな個体です。

少し大柄ですがやはりいつ見てもカッコ良いカメラですね。
何度もここでも書きましたが
使い心地がとても気持ちよいカメラです。

ご依頼者様のお話によると
最近まで普通に使えてたそうなのですが
突然、マニュアル・オート問わず全速で
ミラーアップしてしまう状態になってしまったとのこと。
XEでよく見られるトラブルです。
このミラーアップ現象が出るときには
シャッターは一応切れますが
実際にはシャッターは開いていません。
つまり撮影には全く使えない状態ということです。
原因はいくつか考えられて
まずは電圧不足(電池が消耗している場合でも起こります)
次に何箇所かあるミラー周りの接点の不良、
他にも基板不良や基板周りのハンダ付け不良でも起こります。
なかなか原因の特定が難しいトラブルです。

まずは他部分の整備も進めながら
原因となりうる箇所を順番にチェックしていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーフレックスニューダイヤのカメラ修理

今日は「録音文化の日」だそうですよ。
録音といえば。。。いくつのときだったかな。。。
小学生であったこことに間違いはないと思うのですが
家にあるラジカセを使って
ベストテンとかで当時のヒット曲を録音してましたねぇ。。。
(そういえば当時は録音することを
「ふきこむ」って言っていたような気が。。。)
最初はラジカセの内蔵マイクでふきこんでいたものが(笑)
時期にライン入力で録音するようになり
すぐにFMエアチェック(これも死語?)に移行していきました。。。
そのうち「レンタルレコード」なんて夢のようなお店が出てきて
何でも自由に録音できるようになったのは嬉しかったなぁ
遠い昔のお話でした(笑)

さてさて

今日は「リコーフレックスニューダイヤ」のカメラ修理を行います。
先日も同じくニューダイヤの整備を行いましたが
今度はシャッターがセイコーシャMXを搭載したものです。
(先日はシチズンMXLでしたね)
さらにセルフタイマーがシャッターユニット外部に装着されています。
レンズも先日のものとは異なり
今回のものはリケノン銘の8cmF3.5が搭載されています。

お預かりしている個体は
まず最大の問題がテイクレンズのクモリです。
古いカメラのレンズクモリは正直言って取れないものが多いです。
既にレンズそのものが変質してしまっているのですね。
今回はまだ取り掛かっていないので何ともいえないのですが
できる限り清掃してみてどこまで復活できるかといったところです。
他、スローガバナ、セルフタイマーは固着気味で
絞り羽根、シャッター羽根にも粘りが少々見られます。
この辺はもうお決まりのトラブルですね。

ちなみに曇っているレンズがテイクレンズ後玉ユニットの
一番前のレンズです。
リコフレだけでなく
二眼レフ全般で一番曇っていることの多い箇所ですね。
プレスボディのリコーフレックスも良いですが
しっかり作られている感の強い
こちらのニューダイヤもなかなか魅力的です。
それではこれから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンFのカメラ修理

今日は「七五三」ですね。
私も3歳、5歳、それぞれの「七五三」の写真が残っていますが
さすがに40年以上の時の経過を感じますね。
写真はまだまだキレイに保存されていますが
本人の経年劣化が酷い。。。(笑)
「七五三」に関連して今日は「きものの日」でもあるのですよ。
たまには着物で町をのんびり歩いてみたいですね!

さてさて

本日は「オリンパスペンF」のカメラ修理を行っています。
孤高のハーフ判一眼レフカメラですね。
ハーフ判というだけでも変り種ですが
いろいろな内部の機構が独自性に溢れています。
カメラそのものの魅力ももちろん高いですが
機械としての魅力もそれ以上にあると思います。
ペンタプリズムの出っ張りのないデザインも秀逸ですよね。
発売開始は1963年です。
後に露出計を装備したペンFTも発売されました。
露出計付きのFTはもちろん便利ですが
軽快な2回巻きでファインダーの見えも良い
この最初の「ペンF」もやっぱり良いですよね。

お預かりしている「ペンF」は
ご依頼者様のお母様の形見だそうです。
まずは残念ながらミラーアップしたままで
固まってしまっています。
ペンF系ではよく見かけるミラー駆動系のトラブルです。
さらにある程度分解を進めているうちに発覚しましたが
ペンFのSS制御の肝でもある
スローガバナーの動作にも問題がありました。
付属の38mmレンズも絞り固着が見受けられます。
全体的にリフレッシュが必要な状態です。

清掃して注油して調整して。。。といった作業は良いのですが
問題なのは写真にも写っているプリズムです。
ミラーアップしてしまってたので
はっきりと確認していたわけではないのですが
予想通り腐食して酷い状態でした。
今回は少々苦労しつつも
何とか腐食のない中古プリズムが手に入ったので
それで対処いたしますが
ペンFのプリズムも腐食のないものが非常に少なくなりました。

快適にまた撮影に使っていただけるように
これからさらに分解を進めて
各部点検整備一式を行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMEのカメラ修理

今日は「うるしの日」だそうですよ。
うるしの器って赴きあっていいですよね。
私は全く大丈夫なのですが
うちのばあさんが「うるし」に弱く
(ウルシオールアレルギー)
うるしの木の下を歩くだけでかぶれてしまうほどでした。
漆器ではかぶれることはないそうですが
できあがったばかりの漆器だと
ウルシオールがまだ十分に揮発しておらず
まれにかぶれてしまうことがあるそうです。

さてさて

本日は「ペンタックスME」のカメラ修理を行っています。
軽量コンパクトな絞り優先AE専用機です。
使い心地もなかなか良く、軽快に撮影できるカメラです。
発売は1976年。アサヒペンタックスブランドとしては
最終のモデルとなります。

ME系といえば例のミラーアップトラブルが有名ですが
今回、お預かりしているMEは
軽快にシャッターは動作しておりミラー駆動部に今のところ
問題はないようです。
しかし、シャッターは切れているものの
露出計は全く動作していません。
電池を新しいものにしてシャッター半押しにしても
全くLEDが点灯しない状況です。

最初に疑うのはやはり電池室なのですが
電池室側から見ると特に問題はないようです。
何はともあれ。。。と電池室の裏が確認できることまで
まずは分解します。
あ、その前に上カバーを外したところで
電池室から基板にハンダ付けされている
リード線をあたって電圧がきているかどうかを確認します。
結果は。。。やは全く電圧がきていませんでした。

写真にも電池室に繋がる赤リード線が見えていますが
緑青がしっかり発生しています。
ピンセットで軽く触るだけでポロッと取れてしまいました。
さらに問題なのがミラーボックス下接点及び
基板ソケット部が緑青だらけです。
これでは電源が入ってもシャッター制御は
まともに働きそうにありません。
(実際、試しに仮組みして作動させてみたところ
露出計は動作しましたが
露出計の値に全く関係なく
全て1/1000で切れる現象が発生しました。
マグネットによるシャッター制御が全く働いていないようです)

接点及びソケット部、場合によっては基板交換が必要かもしれません。
それなりの重作業になりそうです。。。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFEのカメラ修理

今日は「洋服記念日」だそうですよ。
洋服。。。というか
たまには仕立ての良いスーツでも着て
出かけたいですねぇ~
サラリーマン時代は当たり前ですが
毎日スーツを着て会社に行って
ちょっと懐が潤うと少し上等なスーツとネクタイを
喜んで買いに行ったものでしたが
この仕事になってからすっかり縁遠くなってしまいました(笑)

さてさて

本日は「ニコンFE」のカメラ修理を行っています。
以前にも書きましたが
私のところには「FM」はあまり修理に入らないのに
「FE」は修理依頼が妙に多いのですよね。。。
いや、「FE」が壊れやすいってことではないですよ。
ニコン機らしく堅牢にできていて
電子制御シャッターではありますが
基板関係のトラブルは非常に少ないカメラです。
個人的にはFEの指針式の露出計は非常に良いと思います。
指針を2本使い、現在のSSも確認しやすく
現在の露出が露出計と指示する値と
どのくらい違うか一瞬で判断できる優れものです。
もちろんファインダー内で絞り値も確認できます。

今回、お預かりのFEは
一通り動作はしているのですが
かなり長い間使っていないとのことで
各部点検整備一式のご依頼でお受けいたしました。
動作はしているものの
電池室には緑青が見られ
測定機で測ってみると
露出計の表示は良いのですが
オート露出がかなりアンダー目になってしまっています。
シャッタースピードも高速域で少々不安定です。

フィルム室もそうですが
ニコンFE/FMではおなじみの接眼レンズ下の
座布団のようなモルトも既にボロボロになっています。
電池室からの配線の状態もかなり心配なので
これから分解を進めて各部点検整備一式を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーフレックスニューダイヤのカメラ修理

今日は「麺の日」だそうですよ。
うどん・そば・ラーメン・パスタ。。。全部大好物ですが
一番好きなのは「うどん」
でも残念ながらこっち(関東)のうどんつゆには
どうにも馴染めなくてあまり食べることはありません。。。
讃岐うどんのお店もたくさんありますが
あれはあの独特のコシの強さがちょっと苦手です。
(なんとまぁわがままな。。。(笑))
幼い頃から慣れ親しんだ「呉の細うどん」が
本当に大好物なのですがなかなか食べる機会がないですねぇ。。。
これを食べるためだけに呉に出かけたいほどです(笑)

さてさて

本日は「リコーフレックスニューダイヤ」のカメラ修理を行っています。
リコーフレックスといえばプレスボディのタイプを
思い浮かべる方も多いとは思いますが
今回の「ニューダイヤ」はダイキャストボディのモデルです。
左右に伸びたシーソー式のピントレバーが特徴ですね。
発売は1956年。プレスボディのリコーフレックスほどではないですが
このニューダイヤシリーズもかなり売れたカメラです。

お預かりしている「ニューダイヤ」は
リコナー銘の80mmF3.5レンズを搭載するモデルです。
シャッターはシチズンMXVです。
同じニューダイヤでもセイコーシャのシャッターを搭載するものや
レンズがリケノン銘のものが存在します。
今回、お預かりすることになった一番大きな問題は
「シャッター羽根の固着」です。
シャッターを切ると動作音はするのですが
羽根はぴくりとも動きません。
よくよく見てみると油シミらしきものも見えるので
羽根が固着してしまっていることがわかります。
二眼レフだけではなくレンズシャッター機全般に
よくあるトラブルです。

まだ貼り革とカバーを外しただけですが
これからシャッターユニットを降ろします。
油や汚れによる羽根固着は
まずは羽根をしっかり洗浄することから始めます。
加えて当然シャッターユニットの整備も並行して行います。
今回はスローガバナも固着気味でしたので
シャッターユニット内の清掃・注油で対処していきます。

さらにヘリコイド部の整備・調整、巻上・巻止部の整備調整
レンズ清掃、ファインダー清掃と続きます。
二眼レフでは毎度のことですが
ファインダー下のミラーはやはり劣化してしまっているので
新しいものに交換いたします。

今回のニューダイヤはあちらこちらに固着や
動きの渋いところが見られるものの
もともとの程度はかなり良いほうです。
非常に使い心地の良い1台になると思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスOM-1のカメラ修理

今日は「井戸の日」だそうですよ。
もう最近は井戸を見かけることなんて
めったになくなりましたが
私が子供の頃は近所に普通に井戸がありました。
(既にほとんど使われてはいませんでしたが。。。)
ずーっと下のほうに水面が見えて
子供心にちょっと怖いのですが
近くを通るたびに覗き込んでいましたねぇ。。。

さてさて

本日は「オリンパスOM-1」のカメラ修理を行っています。
現在でも人気の高い軽量コンパクトな
機械制御シャッター搭載の一眼レフカメラです。
発売開始は1972年ですが
以前にもここで書きましたが当初のモデル名は「M-1」でした。
翌年1973年に「OM-1」と改名され
約7年間生産されました。
ロングセラーモデルでもあるため
途中、何回か小変更が行われています。
今回、お預かりしているOM-1は
モータードライブ対応の底カバーが最初から装備された
いわゆる「MDモデル」です。

発売から45年が経過し
基本的には丈夫にできているOM-1とはいえ
さすがに定期的なメンテナンスは必要です。
お預かりしているOM-1も
シャッターは動作していますが
1/1000は実際は1/500も出ていない状態です。
加えて露出計は電池を入れても全く動きません。

OM-1といえば定番のプリズム腐食も有名ですが
今回はプリズム上のモルトがベタベタに劣化していたにも関わらず
プリズムには全く問題がありませんでした。
内部の蒸着はもちろん、外側にも全く腐食のない状態です。
これはかなり幸運な例で通常はこれだけモルトが
劣化していると腐食が出ておかしくないのですが
保管状況が比較的良かったのでしょうか。。。

シャッタースピードの不良は最終的には
テンション調整で微調整しますが
幕軸の清掃を行うことでほぼ正しい値がでるようになりました。
やはり長年の汚れが動きを悪くしているのですね。
露出計は電池室側から見るとキレイだったのですが
裏側ではハンダ付けが腐食していて断線していました。
リード線そのものも腐食が進んでいたので
電池室から上部SW部までのリード線は交換で対応します。

巻上も少々重めだったものが
OM-1らしい上品な軽さに改善されました。
まだまだ途中ですが
一通り整備は施したのであとは細かい調整を行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。