ローライ35のカメラ修理

今日は二十四節気でいうところの「処暑」ですね。
暑さが峠を越して後退し始める頃、ということですが
まだまだ天気さえ良ければ暑いですよね。。。
昨日の休みは日帰り強行スケジュールで
中央アルプスの「千畳敷カール」に行ってきました。
ロープウェイで簡単にいけるところなので
山登りでも何でもないですが標高2600mの高山の
空気が気軽に楽しめるところです。
天気はガスが出て全くダメでしたが気温は15度!
涼しいどころか寒いくらいでした。。。

さてさて

本日は「ローライ35」のカメラ修理を行っています。
とにもかくにも小型化にこだわって作られたカメラですね。
現在でもその文句のつけようのないデザインもあいまって
非常に人気の高いモデルです。

搭載レンズやボディ形状により
いくつかのモデルが存在しますが
今回お預かりしているのは
いわゆる無印の「ローライ35」です。
搭載レンズはテッサー40mmF3.5です。

ご依頼者様のご指摘事項としては
フィルムカウンターが途中で止まってしまう
裏蓋が締まらないことがある
レリーズボタンがひっかかることがある。。。等々です。
デビューから50年が経過しており
部品の磨耗も進んでいるようで
そのあたりが原因とも考えられます。
今回ご指摘いただいている現象のほとんどが
部品の磨耗、変形によるものでした。
長い時間使い続けられているとある程度はしかたないものですね。
ただ、整備させていただければ
ある程度、対処させていただけるものと思います。

何度見ても惚れ惚れするカメラではありますね!
これを持って街撮りなんかしていると確かにオシャレです。
個人的には目測カメラは苦手な領域ですが
これは1台持っておきたいカメラですね

動きの悪い部分やご指摘いただいている部分も含めて
露出計調整、レンズ清掃、シャッターユニット整備等々
各部点検整備一式を行いました。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタハイマチック7のカメラ修理

今日は「パーフェクトの日」だそうですよ。
なんのパーフェクトかというと
1970年に中山律子さんが女子プロボウラー初の
パーフェクトを達成した日ということです。
私のじいさんはカメラと同じくらいボウリングが好きだったので
家に中山律子さんのパネルがあったような記憶が。。。
そんなじいさんに連れられて5歳の頃には
ボウリング場に連れて行かれていました(笑)
。。。といっても両手で転がしてガターが精一杯ですが。。。
今となっては良い思い出です。

さてさて

本日は「ミノルタハイマチック7」のカメラ修理を行っています。
ハイマチック7は1963年にデビュー
ハイマチックとしては2代目にあたるモデルですね。
プログラムオート露出のみだった初代ハイマチックとは異なり
マニュアル露出もできるようになり、
露出計もCDSを使用するものに変更されました。
この後に続くハイマチック9、7s、11のベースとなるモデルでもあります。
搭載するシャッターはセイコーシャ製(B・1/4~1/500)
レンズはロッコールPF45mmF1.8の大口径です。

お預かりしたハイマチック7は
レンズ後玉の後ろに取り付けられている遮光板が
外れてしまってカラカラ音を立てています。
シャッターは順調に動作しているのですが
後で気づいたのですが
絞り羽根が全く動作しません。
マニュアルでF22にセットしても開放のままです。
固着して引っ込んだままのようです。

この写真を撮ったあとで絞りユニットの整備を行い
まず絞り羽根が動くように修理しました。
原因はよくある油シミによる羽根固着ではなく
絞り動作ピンの固着によるものでした。
マニュアルでは絞りが動作するようになったものの
今度はオート時に絞りが動作しません。
オート時には露出計脇のバネの力で
絞りを開閉するのですが
まだ絞りの開閉が重いらしくバネの力では動作できないようです。
シャッターユニット整備と並行して再度、絞り羽根駆動部の
洗浄・注油・整備を行います。
現象としてはよく見受けられる羽根固着ですが
原因はケースバイケースで様々です。
そういうところがこの仕事の苦労するところでもあり
面白いところなのですが。。。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンF-1のカメラ修理

今日は「蚊の日」だそうですよ。。。
寝るときに耳元で「ぷ~ん」とか飛んでこられたら
イヤですよねぇ。。。とても眠れません。
ところで、蚊取り線香の香りを嗅ぐと
「あぁ~夏だなぁ。。。」と感じまし懐かしい気分になりますよね。
趣もありますし縁側のある家で
蚊取り線香焚きながら夕涼みがしたいですねぇ~

さてさて

本日は「キヤノンF-1」のカメラ修理を行っています。
このブログにも何度も登場しているF-1です。
もはや説明不要だとは思いますが
キヤノン初のプロ向け高級一眼レフですね!
ただ、今回お預かりしているF-1は普通のF-1ではありません。
1976年に行われたモントリオールオリンピックの
公式カメラに選ばれたことを記念して
限定生産された記念モデルです。

オリンピックのシンボルマークが刻印されている以外は
普通のF-1ではあるのですが、やっぱり文句ナシにカッコ良いですね!
F-1を見るたびに「個人的にも1台欲しいなぁ。。。」と思いつつ
何度も踏みとどまっていますが
こういうキレイなF-1を見るとまた悪い病気が出そうです(笑)
旧F-1のオリンピック記念モデルはこの他にも
1980年のレイクプラシッドオリンピック記念モデルがありますね。

修理内容としては各部点検整備一式で
巻上がひっかかるようなことがあるとのことでした。
上の写真は既に整備完了後です。
巻上部のみではなく各所に油切れの兆候が見受けられました。
特に幕軸には汚れが古い油に混ざることによる
粘りが見られシャッタースピードズレの原因となっていました。
シャッター駆動部、ミラー駆動部、巻上部、等々
動作する部分を清掃して注油を行い
その上で精度出しを行いました。
現在は、高速シャッター、低速シャッター、巻上の感触
全て快適に動作しています。

それにしても美品の記念モデル、いいですよねぇ。。。
ちょっとオーナーさんが羨ましくなってしまいます。
まずは私も普通のF-1手に入れようかな。。。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコマートFTNのカメラ修理

今日は8月19日ということで
「バイクの日」(8・19)だそうですよ。
数年前まで年甲斐もなく
2サイクル250のバイクに乗っていましたが
また何とかして手に入れたいと考えています。
とりあえず125くらいの足として使えるバイクは
すぐにでも欲しいなぁ。。。
さらに免許も大型とって
思い切ってリッタースポーツ。。。
妄想だけはどんどん広がります(笑)

さてさて

本日は「ニコマートFTN」のカメラ修理を行っています。
いわゆるニコンの中級機に使われた「ニコマート」ブランドですが
中級機といっても現在とは比べ物にならないほど
カメラが高級品だった時代です。
非常にしっかりと造られ安っぽさなど微塵も感じません。
しいていえばちょっと大きくて重いですが
その分、大変堅牢にできています。

ニコマートシリーズの中でも
露出計にしか電気回路を使わないニコマートFTシリーズは
致命的なダメージを受けている個体は少ないと思われます。
今回、お預かりしている個体は
ご依頼者様のお父様が元々使われていたカメラだそうです。
お客様からご指摘されている内容は
露出計の不良、モルト劣化、1/8~1秒のSS時にシャッターが開きっぱなし
ということです。
チェックしてみたところ、低速シャッターはガバナの固着
露出計は精度は出ていませんが動作はしているという状況です。
加えてファインダー内SS表示が2段分ズレてしまっています。

シャッターユニットはコパル製ですが
これまた非常に丈夫にできているシャッターユニットで
今回のような油切れによるトラブルはあるものの
普通に使ってる分にはトラブルの少ないシャッターです。
ファインダー内SS表示のズレは
連動糸の巻き取り位置がズレてしまっていたことが原因でした。
これから本格的に各部点検整備一式に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタXDのカメラ修理

今日は「米の日」だそうですよ!
私、とにかく白米が大好きで
炊きたての美味しいご飯ならおかずナシでも
1合くらいは食べてしまいます。
若い頃、本当にお金のなかったときは
米だけは何とか確保して
ほんの少しの梅干やお漬物
あるいはごま塩でお腹いっぱいご飯を食べていました。
昔ほどは食べられなくなりましたが
たまに熱々炊きたてのご飯のみを無性に食べたくなりますねぇ~

さてさて

本日は「ミノルタXD」のカメラ修理を行っています。
発売開始は1977年、世界初の両優先AEを
(シャッタースピード優先、絞り優先)
搭載したミノルタの意欲作です。
シャッタースピード優先AE時には
プログラムAE的に使える「サイバーネーションシステム」という
システムをも搭載しています。
でも個人的にはそういうスペック面よりも
凝縮感の強い文句ナシにカッコ良いデザインや
XEから継承される使い心地の良さが
非常に魅力的に感じるカメラです。

このXD、正直言って電装関係にトラブルの多いカメラです。
そういうトラブルが出ていると
今となっては修理不能の可能性も高く
修理する側にとっては非常にやっかいなカメラでもあります。

今回、お預かりしたXDはご依頼者様が
新品で購入された個体とのことです。
頻度は少ないながら継続的に使われてきたとのことですが
最近、電源が入らないことが多いとのこと
電池室にわずかに腐食跡もあることから
電池室周りのトラブルだと考えていましたが。。。
電源がうまく入っている状態で後日、チェックを行うと。。。
露出計は比較的安定していますが
オート、シャッタースピードが非常に不安定で
とてもこのままでは使える状態でないことが発覚いたしました。

電子基板内で部品の不良が起きていると
さすがにもう修理はできませんが
まずはシャッターユニット等々の整備をしつつ
数多くある接点を磨いていくことから
取り掛かろうと思います。
直る確率は半々といったところでしょうか。。。
考えられる処置を全て行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMEのカメラ修理

今日は「パイナップルの日」ということですよ!
パイナップル、とっても甘くてジューシーで
これまたこの季節にぴったりですね!
なかなか丸ごと買うことはないですが
スーパーでカットパインを見ると
ついつい手が出ちゃいますよね。。。
あぁ。。。でもなぜか無性に「パインあめ」が食べたくなってきました(笑)

さてさて

昨日までお休みいただいていたので
ヒサビサのブログ更新ですが
休みの間もちょくちょく修理は進めていました。
で、本日は最近依頼の多い
「ペンタックスME」のカメラ修理です。
軽快な使用感とコンパクトなボディと使いやすさで
人気の高いモデルですね!
本日のご依頼品は精悍なブラックボディです。

ミラーアップしたままで固着してしまった。。。とのことで
いつものミラー駆動部トラブルかな。。。と思っていたのですが
今回はちょっと違いました。

まずは写真のようにミラーボックスを分離して
単独で動作させてみるのですが
ブッシュの溶解もなく
(既にプラスチック部品に置き換えられているタイプ)
動作も問題ないようです。
たまに問題になるミラーボックス下のエアダンパーも
問題ないようです。
どうやら原因はシャッターユニット側のようです。
これもシャッターユニット単体だと
動作に問題はないのですが
よくよく見るとシャッターユニット内のトーションバネの先端が
妙な場所に飛び出しています。
位置的にミラーボックスに干渉すると思われる場所です。
どうやらこれが原因のようです。
こんなパターンは初めて遭遇しましたが
何らかの原因でバネが外れてしまったようです。
正しい位置に戻し組みつけて見るとスムーズにミラーも動作します。
。。。と簡単そうに書いていますが
なかなかこれを見つけるまで時間がかかりました(苦笑)

もちろんシャッターユニットの整備、ミラー駆動部の整備等々を
行って全体の点検整備も並行して行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーオートハーフEのカメラ修理

今日は「焼き鳥の日」だそうですよ!
やっぱり焼き鳥は美味しいですよねぇ~
皮、ねぎま、もも、なんこつ、ぼんじり、レバー、手羽先。。。。
どこをとっても美味しいですよね!
なんだかんだで1ヶ月に1度は焼き鳥屋さんで
思う存分食べている気がしますが
また食べたくなってきました。
最初はビールで落ち着いたら日本酒が合いますねぇ~

さてさて

本日は「リコーオートハーフE」のカメラ修理を行っています。
オリンパスペンシリーズと並んで
ハーフ判の定番ともいえるカメラだと思います。
セレン光電池による露出計を利用し
露出はオートのみ、ピントも固定焦点
極めつけはぜんまい仕掛けによる自動巻上で
撮影者が行うのは構図を決めてシャッターを押すだけ
きわめて合理的な自動化が実現しています。
初代オートハーフのデビューは1962年
今回、お預かりしているオートハーフEは
1966年に発売が開始されました。

オートハーフシリーズ最大のウィークポイントは
やはりセレン光電池の劣化でしょうか。。。
ペンに比べても劣化で起電しないものが多いと思われます。
今回、お預かりしたオートハーフも
ほとんど起電しない状態です。
起電するセレンのストックが少しばかりありますので
交換で対応します。
オートハーフは裏蓋の遮光の大部分をモルトに頼っています。
そのため裏蓋にはかなりの面積に
モルトが貼られています。今回の個体はモルトが一度剥がされ
別の材質のものが最低限の部分にだけ貼られていますが
もちろん今回の修理で元々のモルトに貼りなおします。
他、シャッター羽根、絞り羽根は他のレンズシャッター機に比べても
小さい力で動作していて
ほんの少しの油分や汚れで簡単に固着します。
現在、動作していてもこの部分の定期的な整備は不可欠です。

オートハーフは「ハーフ判のレンズシャッター機」の割には
なかなか凝った造りをしています。
シャッターユニット整備、レンズ清掃、ファインダー清掃
露出計・オート調整等々の各部点検整備一式に加え
巻上ノブには破損跡及びとりあえずの補修跡がございますので
ここも本来の姿に戻します。

※8月11日~8月16日は勝手ながら
夏季休暇とさせていただきます。
ご迷惑おかけいたしますがご容赦くださいませ

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMEのカメラ修理

先日の広島に続いて
今日は長崎の「原爆の日」ですね。
長崎は中学校の修学旅行で行って以来ですが
広島と同じように路面電車が走っていて
でも広島よりずっと坂が多くて
異国情緒も溢れたステキな街でした。
当時、生意気にもじいさんのニコンFを抱えて
クラスメートや景色を撮りまくりました。
ヒサビサにアルバムを出してみたくなりました(^^)

さてさて

本日は「ペンタックスME」のカメラ修理を行っています。
ME(Super)もこのブログの登場回数が多いカメラです!
1976年発売開始ですが、もっと新しいイメージですよね。
非常にコンパクトにまとめられ、
使用感覚も優れた良いカメラだと思います。

ただし、これだけ発売から時間が経過すると
いろいろとウィークポイントも見えてきます。

今回お預かりしてるMEは
元々ご依頼者様のおじいさまのカメラで
お父様も使われていたものとのことです。
定番のミラーアップしたままという症状です。
これは十中八九、ミラー駆動部のブッシュの溶解による
固着が原因ですが今回はこれだけにとどまりません

ミラーボックスを外してもシャッターは全く動きません。
どうやらシャッター羽根も固着しているようです。
MEのシャッターは非常にコンパクトにできている
「セイコーMFC-E」ですが
このシャッターも羽根の根元にゴムの部品が使われており
これが溶解してシャッター羽根を固着させることがあります。
今回はシャッター羽根の洗浄が必要と思われます。

さらに電池室には真っ黒に腐食したLR44電池が入っていました。
電池を外してみると意外と端子はキレイなので
「意外といけるかも。。。」と思ったのですが
そう甘くはありませんでした(笑)
電池室裏には緑青がびっしり発生しており
基板を挿すソケット部も挿される基板の下半分も
緑青だらけな状況でした。
さすがにこの基板はもう使えないので
中古良品と基板をごっそり交換します。

今回は少々重整備になりそうです。
これからシャッターユニットをさらに取り外し
ユニットも分解し、シャッター羽根の整備に取り掛かります。
その後、ミラー駆動部の整備を行い
基板類を交換し、動作状況を確認します。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFのカメラ修理

今日は「バナナの日」だそうですよ。
果物は大抵のものが好きですが
バナナもいいですよねぇ~
桃やぶどうや梨ももちろん美味しいし大好物ですが
バナナはちょっとお腹にたまるから
山歩きの行動食にも丁度いいのですよ~
昔ながらの喫茶店のメニューにあった
「バナナサンデー」が食べたくなってきました(笑)

さてさて

本日は「ニコンF」のカメラ修理を行っています。
今回は通常の修理と少し違って
お客様からの
「整備済みの「F」が欲しいので
1台仕入れて整備していただきたい」というご要望に応じて
整備を行っています。
こういう形での整備も可能ですが
現在は非常に納期に時間がかかっている状況です。
ご興味のある方は是非お問い合わせくださいませ。

ベースとなる個体は
外観はなかなかのコンディションの「F」が
入荷いたしました。
しかしながらベースとなる未整備の個体ですので
スロー固着、モルト全滅、各所の油切れ
もちろんシャッタースピードは精度が狂っています。
ただ、もちろんですが
致命的な故障・破損があるわけではございません。
「F」の場合はもともとが非常に頑強にできているので
よほどのショック品、水没品、素人による分解品でなければ
致命的なダメージはほとんどないカメラです。

内部にもやはりたくさんの汚れが見られます。
古い油に汚れが付着して動きを妨げるパターンが多いですね。
シャッター幕軸、シャッタースピードカム、ミラー駆動部
スローガバナー、巻上部。。。等々
古い油を落として注油する作業を繰り返します。
そして組み上げるときにシャッタースピードの
調整をざっくり行っておいて
しばらく放置して新しい油や洗浄の影響が落ち着いた後で
しっかり調整していきます。
場合によってはもう一度バラして動きの調整を行います。

こうして組み上げた「F」は新品同然とまではなりませんが
個体差はありますが、かなりスムーズに動作し
気持ちよく撮影に使うことができます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

マミヤ35クラウンのカメラ修理

今日は「原爆の日」(広島平和記念日)ですね。
お店を開ける日は毎朝8時15分に目覚ましがなるので
今朝は起きた瞬間に黙祷でした。。。
ながらくこの日に広島にいる機会はなくなってしまいましたが
この日がくるとじいさん、ばあさんが
よく話してくれた戦争のことや原爆のことを思い出します。
二度とこんな悲劇が起こらないように祈りたいと思います。

さてさて

今日は昨日に引き続いて「マミヤ35シリーズ」
今日は「マミヤ35クラウン」です。
これまたちょっとマイナーなカメラではありますが。。。
実は整備は既に一段落していて
↓ こんなカメラです。

グレーの貼り革がとってもオシャレです。
上カバー形状は昨日の「35S2」に比べると
少しばかりシンプルですね。
フィルムカウンターも自動復元式で
巻戻しボタンも底面に配置される通常のものになっています。

搭載されるレンズは大口径のセコールFC4.8cmF1.9
シャッターはセイコーシャMXLです。
シャッタースピードは1秒~1/500秒
スペック的には昨日の「35S2」に搭載される
コパルSVと同様です。
少々、余談になりますが
セイコーシャMXLを搭載したカメラは
二眼レフやレンジファインダー機など
この時代にはたくさんあるので
どの機種にも当てはまるのですが
最高速1/500は他のシャッタースピードの時には
使わない強力な別バネを使って
シャッターを作動させます。
そのためシャッターをチャージしていない状態でも
1/250から1/500に切り替えるときには少し重く感じます。
シャッターをチャージした状態では
1/250から1/500への切り替えは非常に重く
かなりシャッター内部に負担をかけてしまいます。
そのため当時から1/500を使う場合には
シャッターをチャージする前に1/500へセットしておいてから
チャージするように。。。と言われていたそうです。
(未確認ですが当時の説明書にも書いてあったようです)
今回のマミヤに限らず
セイコーシャMXLシャッターを搭載カメラをお持ちの方は
(既にご存知かもしれませんが)注意してください。
(コニカⅢ、オリンパス35S、パールⅢ、リコフレダイヤ。。。等々)

お預かりしている「35クラウン」は
ご依頼者様が最近、入手されたものとのことです。
一通り動作は何とかしていますが
やはり発売から60年近く経過したカメラです。
あちこちに汚れや油切れの影響で動きが悪くなってます。
シャッター羽根も一見、キレイなのですが
若干粘りがあるようです。
ファインダー内も随分汚れてしまっています。
レンズも同様ですね。

シャッター羽根・絞り羽根の洗浄、
シャッターユニットの整備に始まり
レンズ清掃、ピント点検、巻上部の清掃・注油
ファインダーの清掃、距離計の調整等々
全体の点検整備を行いました。
現状は少し油等が馴染むまで様子見をしているところです。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。