キヤノンEFのカメラ修理

1963年の今日、1月21日に
「キユーピー3分クッキング」がスタートしたそうです。
「キユーピー」の「ユ」も「ュ」ではなく「ユ」なのですね。
「キヤノン」の「ヤ」と一緒ですね。
ちょっと気になって調べてみると
他にも「富士フイルム」、「シヤチハタ」、「オンキヨー」、「ジヤトコ」等々
読みは小文字なのに大文字を使う企業が結構ありますね。

さてさて

昨日はニコンの「FE」でしたが
今日はキヤノンの「EF」です。
いわゆるキヤノンFシリーズの一員ですが
少々異端児的なポジションのカメラです。
この時期のキヤノン機としては
唯一の縦走り金属羽根シャッターを採用しています。
シャッターユニットはおなじみの「コパルスクエア」です。
ただし、EFは低速時のスローガバナを変更し
「スローガバナ+電子制御」で30秒までのシャッター速度を搭載し
さらに30秒までで「シャッター速度優先AE」が使えるようになっています。
後に出るハイブリッドシャッターに近い構造ですね。
発売開始は1973年です。

お預かりしているEFは先述した
電子制御の1秒以上のシャッター速度で
シャッターが開きっぱなしになって固まってしまいます。
EFではよく見受けられるトラブルです。
電子制御部が原因と考えてしまいがちですが
おそらく機械部分のスローガバナーが固着しているものと思われます。
純機械式の1/2までは勢いもあって何とかシャッターは切れるのですが
1秒以上で完全にシャッターが止まってから
スローガバナが駆動しようとすると動かないようです。
古い油や汚れで動きが悪くなっているということですね。

EFはその端正なスタイリングもあって
現在でも根強い人気のあるカメラです。
こうしてみてもカッコ良いですよね。
現状チェックがある程度完了したので
これから本格的に分解を始め
各部点検整備一式を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFEのカメラ修理

今日は二十四節気でいうところの「大寒」ですね。
ここ数日はそれほどでもないですが
来週はかなり冷え込みそうです。
月曜日午後は関東も雪が降るかも。。。
暦どおり来月始めまでが寒さのピークとなりそうです。
。。。でも今のところ去年ほど寒さを感じないのは気のせいかな。。。

さてさて

本日はニコンFEのカメラ修理を行っています。
当ブログ登場回数の非常に多い人気のカメラです。
ニコン機の中では適度にコンパクトで
絞り優先オートも搭載し使いやすい
。。。というのが人気の秘密でしょうか。。。
個人的にはFE系の指針を二つ持つ露出計が
(ひとつは現在設定のSSを表示する)
非常に使いやすいと思います。
もちろんAiレンズ使用時には絞り値もファインダー内で
確認できるので絞り優先AE機としても魅力ですが
マニュアル機としても非常に使いやすいと思います。
発売開始は1978年、当時のキャッチフレーズは
「シンプル・ニコン」でした。

今回、お預かりしているFEは
ご依頼者様のご実家に昔からあったカメラだそうです。
それを引き継いで使われてたそうなのですが
ここのところはずっとしまったままだったそうです。
今回、改めてまた使ってみたいとのことで
各部点検整備一式のご依頼です。
露出計、オートに少々ズレが出てきていますが
動きそのものはそれほど悪くありません。
FEは電子制御シャッターだということで
敬遠されることも多いようですが
FEの場合、電子基板関連のトラブルはかなり少ないです。
確かにこれからさらに年数を重ねていくとわからない部分はございますが。。。
モルトはさすがに全滅で、ファインダーやミラーにかなり
汚れやカビが付着しています。
加えてこれはFEではあまり見かけない症状ですが
プリズム腐食が発生しています。大きな丸い腐食が1箇所だけなのですが
場所が悪くファインダー視野内のほぼ真ん中です。。。
スクリーンもかなりキズが入ってしまっています。

今回は中古ではございますが
キレイなプリズムとスクリーンを無事に確保することができたので
プリズムとスクリーンは交換で対処していきます。
マニュアルフォーカスの一眼レフはやはりファインダーの見え方は
非常に大事ですよね。
まずは分解をさらに進めて
シャッターユニット及び周辺の整備から取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フォイルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタフレックスのカメラ修理

今日は「のど自慢の日」だそうですよ。
1946(昭和21)年のこの日にNHKラジオで
「のど自慢素人音楽会」が放送開始になったそうです。
そういえば、カラオケ行ってないですなぁ。。。
数年前は毎週ひとりで4時間くらいは行っていたのに。。。
たまには何も気を使わずに思い切り歌いたいですね!
ストレス発散にもなりますよ。

さてさて

本日は「ミノルタフレックス」のカメラ修理を行っています。
ミノルタフレックスじゃ1937年発売開始で
国産二眼レフの原点といってよいカメラだと思います。
カメラといえばドイツ製が当たり前の時代に
レンズもシャッターも国産でまかないミノルタ(当時はまだ千代田光学)の
技術の高さをしらしめたモデルでもあります。
国産最初期の二眼レフですが機能はなかなか凝っていて
フィルム装填には赤窓を使いますが
その後の巻上げは自動巻き止めされます。
二重露光防止装置も装備されています。
シャッターユニットはクラウンⅡ
レンズはプロマーアナスチグマット75mmF3.5を搭載します。

今回お預かりしているミノルタフレックスは
シャッターは動作しているのですが
なぜかバルブのみ不調で
シャッターレバーを押すとそのまま普通に切れてしまいます。
他、シャッター羽根、絞り羽根には若干の粘りがあり
ファインダーミラーはいつものごとくクモリが酷いです。
レンズは以前に清掃されているのか
拭きキズ、カビ跡は若干あるものの非常にキレイです。

チヨコークラウンⅡも基本的にはコンパータイプのシャッターユニットです。
まずはバルブが何故効かないのか動きを検証しています。
光があたると青く見えるシャッター羽根が何ともカッコ良いですね。
バルブ時にチャージリングを途中で止めるツメは
作動しているのですが突き出し量が少ないのか
ツメが磨耗しているのかチャージリングの切り欠きに
ひっかからず素通りしてしまいます。
対策を考えながらまずはシャッターユニットの整備を行います。

ところで、上の写真はミノルタフレックスの背面にある
簡易露出表ですが基準となる感度がDIN表示のみですね。
それも18/10° DINということはISO/ASAでいうと50あたりですかね
これも時代を感じさせます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーオートハーフE2のカメラ修理

今日は「都バスの日」ということらしいですよ。
1924年(大正13年)のこの日に
東京市営バスの営業が始まったそうです。
いわゆる首都圏に来てから、もう随分経ちますが
電車・地下鉄に比べるとバスに乗ることは少ないです。
呉にいた頃は逆にバスばかり乗っていましたが。。。
そういえば全国的に探すと
まだ「ボンネットバス」に乗れるところもいくつかあるのですね。
昔撮ったボンネットバスの写真もどこかにあるはずなのですが。。。
今度、探してみます!

さてさて

本日は「リコーオートハーフE2」のカメラ修理を行っています。
現在でも人気の高いハーフ判カメラです。
当店での修理実績も多いカメラです。
「E2」ということはオートハーフEにフラッシュ用のホットシューが
付いたモデルです。
モデル名に「2」が付くとホットシュー付き(EF2を除く)
「S」が付くとセルフタイマー付きですね。

今回、お預かりしているオートハーフE2は
最近まで普通に撮影に使っていたのに
突然シャッターが切れなくなったそうです。
オートハーフは基本的にはフィルムを装填しないと
シャッターが切れない仕組みですが
フィルム室スプロケットを左に回してやると
空シャッターが切れます。
今回も同様に空シャッターを切ると普通に動作します。
。。。ということは巻上に問題ありということですね。
もうちょっと詳しく動作検証してみると
ゼンマイは十分に巻かれているはずなのに
巻上げができない状況のようです。

まずは原因を探っていきます。
巻き止めのカム周りに問題があるのかな。。。と思ったのですが
手裏剣ギア(本当に手裏剣みたいなギアなのです)及び
それを止めるカムには問題がないようです。
ゼンマイ部のトラブルというのは少ないのですが
どうやらゼンマイ本体に問題があるようです。
ゼンマイの中枢部は通常、分解できない構造になっているので
場合によってはゼンマイ部分はユニットごと
交換しなくてはならないかもしれません。

これから動作検証を行いながら
ゼンマイ部のトラブルシューティングを進め
対処方法を考えていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノネットQL17G-Ⅲのカメラ修理

今日は「おむすびの日」だそうですよ。
私、お昼は店の奥で簡単に済ませてしまうので
コンビニおむすびは毎日食べていますが
やっぱり焚きたて熱々のおむすびが最高ですよね!
それであればシンプルな塩むすびか梅干入りがいいなぁ。。。
たまには家でご飯炊いて自分でにぎるか。。。(笑)
ちなみに、この日が「おむすびの日」になったのも
阪神大震災時のボランティアによる炊き出しで
被災者を力づけたことが由来しているそうです。

さてさて

本日は「キヤノネットQL17G-Ⅲ」のカメラ修理を行っています。
先日もご紹介しましたがキヤノネットとしては最後のモデルですね。
最後とはいえ1972年の発売開始なので
既に40年以上経過しているのですね。
そのコンパクトさと明るいレンズで
現在でも人気の高いカメラです。

今回のご依頼者様はフィルムカメラを使うのは
これが初めてになるそうです。
最初のカメラとしてもG-Ⅲは良いカメラだと思います。
昔の話ですが私も最初はフィルムの装填に苦労しましたが
(失敗も何度もありました(苦笑))
この頃のキヤノンお得意のQL(クイックローディング)は
やはり便利な機能ですよね。
お預かりの個体は随分長い間使われていない様子で
お決まりのフィルム室モルトはボロボロで
ファインダー、レンズにも盛大にカビが発生しています。
最大の難点は電池室が激しく腐食しているため
露出計が全く動作しません。
。。。ということはシャッタースピード優先オートも
全く機能しないということですね。

まずは電池室の状況を確認します。
プラスティック製の電池室を外すと
写真にも写っていますが端子は緑青がビッシリ付着しています。
磨いたとしても接触不良を起こしそうですね。
本来この端子は電池室にカシメられて付いているはずなのですが
電池室側の突起部ももろくなって外れてしまっています。
電池室及び端子、リード線は交換が必要です。

実はそれよりも少し悩みのタネなのがレンズの状況です。
以前のブログでも少し書きましたが
キヤノネットのレンズはコーティングの傷みによる
クモリ発生の可能性が比較的高く
清掃ではまったく取れない場合が多いのですが。。。
今回も前玉、後玉ともにかなり激しく曇っています。
うーん。。。どうしたものか。。。
まずは電池室及びシャッターユニットの整備を行いながら
何かしらの対応策を考えて見ます。。。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ヤシカエレクトロ35GTNのカメラ修理

今日は「ウィキペディアの日」なんだそうですよ。
2001年のこの日に公開されているのですね。
ウィキの性格上、記述全てが正しいとは限らないというのは
わかっていますが、それでもやはり便利ですよね。
出先でもふと疑問に思ったことでも
スマホ(私の場合はタブレット+ガラケー)さえあれば
すぐに調べることができます。
以前だったら「まぁいっか。。。」で済ませていたことが
その場で調べられるってやはりいいですよね!

さてさて

本日は「ヤシカエレクトロ35GTN」のカメラ修理を行っています。
「GTN」の基本的な部分は初代エレクトロ35と共通です。
1966年の初代エレクトロから小変更を重ねて
1973年に発売となったモデルです。
ちなみに「GTN」はブラック塗装のモデル名で
シルバー塗装は「GSN」となります。

お預かりしているエレクトロ35GTNは非常にキレイな個体です。

多少のスレはもちろんありますが
目立つようなキズ、アタリは全くございません。いいですよね~
大切に扱われてきたことがよくわかります。

ただ、何故こうなったのかが不明なのですが
鏡胴、というかシャッターユニットがグラグラにがたついています。
壊れている。。。というよりはネジが緩んでいるだけだとは思いますが。。。
加えてオートが非常に不安定なようです。
初代からこの頃までのエレクトロはゴムブッシュ劣化で
オートが不安定になることがよくあるのですが
今回はブッシュは劣化しにくいものに換えられているようで
それが原因ではありません。
接点等々の汚れによるものではないかと考えられます。

まずはレンズボードを分離します。
写真でも見えている後玉ユニットを外せば
シャッターユニットを固定しているリングが出てきます。
どちらにしてもシャッターユニットは一度降ろしますが
やはりこのリングがゆるゆるに緩んでいました。
エレクトロといえばシャッターはコパルエレクですね。
(一部モデルは違うものもあり)
まずはシャッターユニット及びその周辺から
整備を行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンAE-1のカメラ修理

今日は「ピース記念日」だそうですよ。
ここでいう「ピース」とはタバコの銘柄のことです。
1946年のこの日に発売開始されたそうで
10本入りが7円だったそうです。
当時は非常に大人気で日曜・祝日に
ひとり一箱のみの販売だったこともあるようです。
そういえば私のじいさんもピースだったなぁ。。。
はっきり私の記憶がある頃になると「ショートホープ」だったのですが
家の中のあちこちにピース缶が
小物入れや鉛筆立てとして活躍していました。

さてさて

本日は「キヤノンAE-1」のカメラ修理を行っています。
世界初のマイコン(死語?)を搭載し
より簡単に手軽に写真を撮れるようにと開発されたカメラです。
部品の電子化やユニット化を進め大量生産が可能になり
結果、他メーカーと比べても非常にお求め易い価格に設定されました。
一眼レフ市場で少々苦しんでいたキヤノンとしては
起死回生のヒット作となりました。
発売開始は1976年、当時のキャッチコピーは「連写一眼」
ワインダーの装着が一般的になったのもこのカメラからだと思います。

お預かりしているAE-1はご依頼者のお父様が
お使いになられていたものだそうです。
長年使い込まれてきた個体だと思われますが
少々油切れがあちこちに出てきているようです。
それでもキヤノンAシリーズ共通の持病である
シャッター鳴きは全く出ていません。
ただし巻上時に「ギャン」とちょっと嫌な音がしていて
巻上部の油切れが心配されます。
シャッタースピード、露出計は調整可能な範囲内ですが
オートは少々不安定なようです。
ファインダーには結構な量のカビが見受けられ
付属する50mmレンズにもカビがかなり発生しています。

それまでのモデルに比べると
電子化が進んだカメラではありますが
機械的な部分はオーソドックスな
布幕横走りフォーカルプレーンシャッターです。
シャッタースピードダイヤルからの情報伝達も糸連動です。
電子部品のトラブルが意外なほど少なく
ほぼ機械的な部分の整備調整で快調な状態に戻るカメラです。

一通りの現状チェックが終わったので
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ヤシカエレクトロ35GXのカメラ修理

今日は「桜島の日」だそうですよ。
1914年1月12日に史上最大の噴火が発生し
多数の死者を出し、そのときに流出した溶岩により
大隅半島と陸続きになったそうです。
それまでは大隅半島と繋がっていなかったんですね。。。
火山の噴火って考えられないほどの強力な自然の力です。
活火山に登ることはほぼありませんが
2014年の御嶽山の例もあるし気をつけなければいけませんね。。。

さてさて

本日は「ヤシカエレクトロ35GX」のカメラ修理を行っています。
この頃は各社、一眼レフ以上にコンパクトカメラも
激しい販売競争を繰り広げていたわけです。
キャノンは「キヤノネット」
ミノルタは「ハイマチック」
コニカは「C35」等々、シリーズ化しているモデルも多々存在しました。
今回の「エレクトロ35シリーズ」も
1966年の初代から続くヤシカの看板商品的なモデルでしたが
今回、ご紹介する「GX」が最終モデルとなってしまいました。
「GX」の発売は1975年、先日のキヤノネットの紹介でも
同様に書きましたが初代に比べると随分とコンパクトになりました。
シャッターは初代から一部モデルを除き
基本的にはコパルエレクと呼ばれる電子制御シャッターです。
レンズは定評のあるカラーヤシノンDX40mmF1.7の大口径です。
露出は絞り優先AEで行います。

エレクトロGXというとブラック塗装のイメージが強いのですが
シルバーも爽やかな印象で良いですね!
お預かりしているGXは外装も非常にキレイで
レンズの状態も良く、
ファインダーも多少の汚れはあるものの悪い状態ではありません
(余談ですが後期のエレクトロの青みがかった
ファインダーを覗くと「あぁエレクトロだなぁ」と思います)
とても大切に扱われてきたことがよくわかる個体です。

しかしながら電池を入れっぱなしにしていた時期があるらしく
電池室端子が腐食しており電源が全く入りません。
電子制御シャッターで電源が入らないと
残念ながら何も撮影することはできません。
状況から予想すると電池室裏の端子及び
リード線も腐食していることが予想されます。

まずは電源が入るようにしないと
他に何かしらのトラブルを抱えているかもわかりません。
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMEスーパーのカメラ修理

今日はいわゆる「鏡開き」ですね!
。。。とはいうものの。。。
家でもお店でも鏡餅を供えていない私には
全く関係がなかったりします(苦笑)
よく考えると年末年始のテレビも全く見ていないし
除夜の鐘も聞いてないし、初詣にすら行ってない。。。
全くお正月らしいことをしていないことに気づきました(汗)
まぁ、自分なりに楽しく過ごしたからいいか。。。(笑)

さてさて

今日は「ペンタックスMEスーパー」のカメラ修理を行います。
コンパクトな絞り優先AE専用機である「ME」に
最高速1/2000のシャッターとマニュアル露出を加えたモデルです。
さらにファインダースクリーンには
クリアーブライトマットスクリーンが採用され
ピントの山も非常に掴みやすくなりました。
プッシュボタン式のシャッタースピード設定には
好みが分かれるところでしょうが
個人的にはその実力から考えると
現在の中古市場では非常に過小評価されている気がするモデルです。
操作感覚も悪くないし非常に良いカメラだと思います。

発売開始はベースとなる「ME」登場から
3年後の1979年です。

※装着しているレンズは当店のテスト用レンズです

お預かりしている個体は精悍なブラックモデルです。
ME系といえばお約束のミラーアップしたままになる。。。という
トラブルが多いのですが今回のMEスーパーは
ミラーも快調に動作しています。
シャッタースピードもそれなりに出ています。
ただし、ファインダー内のLED表示がちょっと困った状態で
例えばオート時だと仮定して
1/60の位置にLEDが点灯するのが正しい状態だとします。
すると1/60の位置にはきちんと点灯するのですが
全く関係のない他のポジションのLEDまで点滅してしまいます。
ME系のカメラは電子制御機とはいえ
基板自体のトラブルは少ないカメラなのですが。。。
基板そのものよりも基板周りの接点不良の可能性が高そうですね。
シャッターもオートもそれなりに動作しているので
何とか修理可能だとは思います。

一通りの現状チェックが完了したので
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をいクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノネットQL17G-Ⅲのカメラ修理

今日は1月10日ということで
「110番の日」ですね!
あまりご縁のない110番ですが
(もちろんご縁のないほうが良い(笑))
いつ何でお世話になるかもわからないですものね。
(逆に通報される側には決してならないようにしましょう(笑))

さてさて

前回のブログで「初代キヤノネット」の
修理をご紹介しましたが
本日はキヤノネットとしての最終モデルである
「QL17G-Ⅲ」のカメラ修理を行います。

初代キヤノネットが登場したのが1961年
G-Ⅲが登場したのが1971年
10年以上に渡って生産され続けたキヤノネットですが
シャッタースピード優先AE、レンジファインダー装備の
大口径レンズ搭載モデルという部分は共通です。
ただし10年間に随分コンパクトになりました。
キヤノネットの最終モデルということもあり
G-Ⅲは現在でも人気の高いカメラです。

本格的に使用する前に各部点検整備一式を。。。
ということでお預かりしたG-Ⅲですが
露出計の動きが少々おかしいようです。
例えば、ある被写体に向けてファインダー内表示が
F5.6を示したとします。
それから明らかに明るさの異なるほうにレンズを向けても
露出計の値が変化しません。
そうしているうちに何かの拍子に
突然正しい値に動く。。。といった感じです。
針挟み込み部分、あるいは露出計本体に何かしら
問題があるものと思われます。

今回の個体は大丈夫だったのですが
いわゆるニューキャノネット及びG-Ⅲは
レンズ前玉に汚れのようなクモリが出ているものが多いのです。
これはほとんどの場合、コーティング劣化及びレンズに変質によるもので
普通に清掃しても少々磨いたとしても、ほぼ落ちません。
現在、お手元にニューあるいはG-Ⅲをお持ちの方
あるいはこれから手に入れようとしている方は
ご注意いただければと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。