カテゴリー別アーカイブ: 未分類

カロワイドのカメラ修理

今日は3月10日です。
これまた語呂合わせの記念日が多そうですが。。。
「砂糖の日」、「佐渡の日」、「横浜三塔の日」
「サボテンの日」、「水戸の日」、「ミントの日」。。。などなど。。。
そんな中、1975年のこの日に
山陽新幹線岡山-博多間が開業し
東京-博多間の東海道・山陽新幹線が全線開通しました
そのため今日は「東海道山陽新幹線全通記念日」なのですね。
私はこのとき6歳ですが、かすかに覚えてますよ
広島についに新幹線が通るということで
じいさんに「広島駅まで新幹線を見につれてって!」と
お願いしたことを良く覚えています。

さてさて

本日は「カロワイド」のカメラ修理を行っています。
「カロ」ブランドは
コルゲンコーワやウナコーワ、
ケロちゃんコロちゃん等でお馴染みの
製薬会社興和の光学部門が生産していたカメラのブランドです。
興和は現在でもマイクロフォーサーズ用の単焦点レンズを
プロミナーブランドで生産しています。
1950年代~70年代にかけては
コーワブランドやカロブランドで
コンパクトカメラから中判一眼レフ、二眼レフまで
幅広く生産・販売を行っていました。
カロワイドは1955年の発売で
その名の通り35mmF2.8の広角レンズを搭載した
コンパクトカメラです。
同じ年にオリンパスワイドが発売され
にわかに「ワイドカメラブーム」が起こっていた頃です。
広角レンズ固定のカメラはピントは目測の場合が多いのですが
カロワイドはレンジファインダーを装着し
精密なピント合わせが可能です。

お預かりしている「カロワイド」は
レンズシャッター機では定番の
シャッター羽根粘りを発症しています。
未整備のレンズシャッター機は
ほぼ間違いなくこのトラブルに直面することがあると思います。
シャッター羽根や絞り羽根をキレイに清掃し
シャッターユニットも古い油を除去し
新たに必要最小限の注油を行うことで改善します。
絞り羽根もシャッター羽根も同様ですが
粘っている状態や固着している状態で
無理に動作させるのは厳禁です。
最悪の場合、羽根自体が破損してしまい
清掃だけで済むものが部品が手に入らないと
修理不可能になってしまいます。

写真は一通り分解整備完了後の状態です。
レンジファインダーがヘリコイド部と一体で
脱着できるようになっており整備性はなかなか良好です。
貼り革は一度張替えが行われているようで
オリジナルではありません。
元々はこの時代特有の薄いパリパリと割れてしまう革なので
おそらく張り替えざるを得ない状態だったのでしょう
シャッターそのものは非常にスムーズに
動作するようになりました。
もちろん、レンズ・ファインダー清掃等々も行っており
お預かり前より断然クリアになっております。
この時代ですからコンパクトカメラと言っても
少し大きくずっしり重いのですが
その分、高級感や質感は非常に高いです。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスOM-1のカメラ修理

今日は「桜島の日」だそうですよ。
1914年のこの日に史上最大の噴火が起き
流出した溶岩によって大隅半島と陸続きになったそうです。
鹿児島ですね。。。一度くらい行ってみたいですねぇ。。
実は私、意外と遠くに旅行したことがなくて
九州は阿蘇山より南に行ったことないのです。
阿蘇山も修学旅行だし。。。(笑)
茨城より北に行ったこともないし。。。
北陸・東北・北海道は足を踏み入れたこともありません。
まぁ、いつか時間が余ったら行ってみるかな。。。
(そんなことを言っているようではきっと行けない(笑))

さてさて

本日は「オリンパスOM-1」のカメラ修理を行っています。
毎月必ず修理依頼のあるカメラですね。
1950年代から60年代にレンズシャッター機や
ペンシリーズで大成功を収めたオリンパスが
満を持して登場させた一眼レフカメラです。
それまでの一眼レフの悪しき特長であった
「大きい」「重い」「煩い」を徹底的に排除し
それまでの一眼レフにはないコンパクトさと
静かなシャッター音・ミラーショックを実現したカメラです。
システムカメラとしての位置づけであり
「宇宙からバクテリアまで」というメインテーマで
膨大なアクセサリー群とともに開発・発売されました。

それまでの常識を覆すほどのコンパクトな一眼レフな故に
いろいろ独創的な部分があり
どうしても長期的な耐久性に若干難があるところも存在します。
とはいえ。。。定期的にメンテナンスを行っておけば
そう簡単に致命的なトラブルは起きないカメラだと思います。

お預かりしているOM-1は
ご依頼者様が新品で手に入れて
現在までずっと使ってらっしゃる1台とのことです。
非常に丁寧に使われているがよくわかります。
外装には若干のスレはあるものの
目立つようなキズ・アタリは一切見受けられません。
巻上が若干重いような感じがしますが
シャッターは元気に作動しています。
これまで一度も整備に出したことがないとのことです。

モルトはもちろん全滅ですが
プリズムの腐食は奇跡的にありません。
もちろんプリズム周りのモルトは劣化しているのですが
プリズムへの侵食はほとんどありませんでした。
シャッター速度はさすがに精度は狂っています(特に高速域)
スローもガバナは少し粘り気味です。
露出計もやはりズレてしまっていますが
いずれもしっかり整備することで問題ないレベルになりそうです。
おそらく少しずつしか使っていなかったものと思われますが
使っていないときの保存状況がよかったものと思われます。

写真は一通り整備が完了した後のものです。
(レンズとシューは当店テスト用のものです)
露出計やシャッタースピードの精度はもちろん
全体的に動きが軽快になりました。
自分が気に入って手に入れたものを長く使い続ける。。。というのは
本当にステキですよね。
これでまだまだ安心して使っていただける状態になったと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。