カテゴリー別アーカイブ: 未分類

オリンパス35DCのカメラ修理

今日は「苗字の日」なのだそうです。
1870年(明治3年)のこの日に
「平民苗字許可令」という太政官布告により
平民も苗字を名乗ることが許されたのだそうです。
それまでは苗字を名乗るのは貴族と武士の特権だったのですね。
でも許可令が出されても読み書きが不得手の人がまだまだ多く
また当時国民は明治新政府を信用しておらず
苗字を付けたらそれだけ税金を課せられるのではないかと警戒して
なかなか広まらなかったのだそうです。
私の苗字は「迫田(さこだ)」ですが
こちら(関東)ではあまりみかけない苗字ですよね
中国地方・九州ではそれほどめずらしい苗字ではないのですが。。。
上京してからやたらと「追田」ってメールや文書で
間違われることが多くなりました(苦笑)
いやさすがにそれでは読みがおかしいでしょう?と本人は思うのですが(汗)
あ、加えるならこっちに来てから「さこた」だと
思われているることも多いですねぇ。。。「さこだ」が正解です。
ちなみに「迫田」の意味は
「山間(やまあい)の小さな谷にある田」なのだそうです。
私の先祖は私の知っている限りでは元々、蒲刈島で農業をしていたそうなので
島の山間の小さな田を持ってたのかなぁ。。。とかってに思っています。
苗字が付けられたのが明治初期だから約150年前。。。
さすがにその頃の私の祖先の生活ぶりはわかりませんが
高祖父の時代になるのかな。。。
たった3~4世代前くらいなのですがわからないものですね

さてさて

本日は「オリンパス35DC」のカメラ修理を行っています。
数多くのモデルが存在する「オリンパス35シリーズ」の一員です。
発売は1971年です。
大口径のFズイコー40mmF1.7レンズを搭載します。
プログラムオート露出専用機なので
絞りを任意にコントロールすることはできないので
積極定期にボケを楽しむための大口径レンズではありません。
この時代の大口径レンズ(特にレンズ固定式カメラ)は
主に少ない光量時にシャッタースピードを稼ぐためのものです。
シャッターもプログラムシャッターでシャッター羽根と
絞り羽根が兼用されるタイプです。
シャッター制御自体は機械式でシャッターの駆動に
電池を必要とはしませんが35DCの場合は
ある程度露出計が振れていないと光量不足と判断し
シャッターロックがかかるので電池を入れていないと
シャッターは切れない構造になっています。
このあたりは考え方の違いですがコニカC35みたいに
何のロック機構も搭載せず露出計の針が振れていなければ
とりあえず絞り開放・SS最低速でシャッターが切れるというのも
便利な場合もありますし
でも当時、このカメラを使うであろう比較的初心者の方で
露出の考えがない方だと
やはりロックしておいたほうがいいのか。。。とも思いますし。。。
うーん、今となってはその辺りは好みですかね(苦笑)

お預かりしている「35DC」はファインダーにクモリ
レンズに少々大きなカビが確認できる以外は
比較的、外観のコンディションも悪くない個体です。
電池を入れれば露出計も作動しシャッターも切れます。
しかしながら。その露出計の動きが少々おかしく
どんな明るいほうへレンズ(受光体)を向けても
ファインダー上で1/30・F2.8以上の高速側へ
指針が全く触れません。何かにぶつかって進めないような感じです。
ファインダー上の指針は露出計の指針を挟み込むことによって
連動して動きます。挟み込みはレリーズに連動しますので
レリーズボタンを半押ししなければ
ファインダー上の指針は左側に引っ込んでしまいます。
大元の露出計はボディ下部にあるのですがそこの指針が
何らかの原因で動けないと予想します。

画像ではわかりくいのですがボディダイキャスト側の下部に
露出計本体が見えています。
指針が動かない原因はメーター内にネジが挟まっていたせいでした。
ペンEE系やトリップだと自然にネジが緩んで外れて
メータ(磁石)にくっついて動作不良。。。というパターンは多いのですが
35DCではめずらしいですね。
ただ。。。自然に緩んだ感じではないかな(苦笑)
挟まっていたネジの形状と大きさから判断して
メータ本体を留めているネジか前板を留めていたネジだと思われるのですが
どのネジも外れてはないのですよね。
念のため外れている箇所がないか入念にチェックしましたが
どこも外れてはいないようでした。
ともかく挟まっていたネジは取り出して仮組して
露出計の動作チェックをしますが
今度は明るいところでいったんかなり右側まで振った指針が
暗いところに持っていても戻ってこないという現象が発生しました。
ネジが挟まっていた関係で指針が変形して
挟み込み機構に引っかかってしまうようです。
それでももう原因はわかっているので
レンズ清掃、シャッターユニットの整備を行いつつ
露出計周りも整備していきます。
値の調整やオートの調整はある程度組みあがった後で行います。
そいえば35DCといえば
ASA感度設定枠の変形による固着が非常に多いのですが
今回はそこは大丈夫でした。
落下歴もなく丁寧に使われていた個体だと推測されます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスSLのカメラ修理

今日は「石の日」だそうですよ。
1/4ということで語呂合わせですね。
昔から日本では石を霊的なものとして崇拝することも多いですよね。
夜泣き石の伝説も各地に多いですし。。。
以前にも書きましたが人が死んだ後何かが残る
あるいは何かに変わるっていうことは全くありえないと思っていますが
目に見えない蟲はきっといるのではないかと思うので
石に宿っているのは蟲でしょうねぇ。。。(笑)
そう考えると全国各地にある神社に祭られているのも
きっと蟲なんだろうな。。。
。。。と。。。新年早々どこかに怒られそうな発言は控えましょう。。。(苦笑)
古いカメラにも何か蟲が宿っているものがあるかもしれないですねぇ。。。

さてさて

本日は「ペンタックスSL」のカメラ修理を行っています。
1968年発売のカメラです。
大ヒットしたSPから露出計を省略したモデルです。
この頃にはカメラに露出計を内蔵するのが当たり前になりつつある
時代でしたが、やはり「内蔵の露出計は信用できない」とか
「余計な故障の可能性が高くなる」等々の理由で
露出計が内蔵されていないカメラを求める層も多く
それに応える形で発売されたカメラです。
確かに数十年経過した現在では
露出計のトラブルが非常に多く、修理不能な場合もあるため
露出計のないSLは逆に魅力的な部分もありますね。
露出計以外の部分はほぼSPと同様です。

SLはそれほど頻繁に依頼のあるカメラではないのですが
今回は同じ日に全く別のご依頼者さまから
シルバー、ブラック、1台ずつ修理依頼が入ったので
一気に立て続けに整備していきます。

症状はどちらも同じような感じで
シャッター幕の走行不良です。
特に後幕の走行がスムーズではなく
キレイに後幕が走りきらないため
低速時にミラーアップしたままになってしまいます。
低速時にそんな状況であれば
高速時にシャッターが切れていても当然、精度が出ているはずもなく
1/1000だと写真両端で1.5段以上、露出の差が出てしまっています。
幕軸の清掃・注油、シャッター速度調速カムの清掃・整備
ミラー駆動部の清掃・注油を行っていきます。
ブラックのほうは定番のプリズム腐食
(プリズムにぐるっと1周貼られているモルトの加水分解が原因)が
発生しているので交換で対応します。

一通り整備を終えたSLは非常に軽快にシャッターが切れるようになりました。
シャッター音も巻上時の感触も明らかに改善しています。
何とか動いていたにしてもさすがに50年以上経過するカメラです。
駆動部分の清掃・注油は欠かせない整備です。
動きにくい関節を傷みながら無理矢理動かしていたものが
若い頃と全く同じとまではいいませんが
かなり楽に動けるようになったことと思います。
これでまた当分、ステキな写真がたくさん撮れることと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ヤシカエレクトロ35GTNのカメラ修理

今日は「いいえがおの日」だそうです。
「笑う門には福来る」と昔からいいますからねぇ
もちろん私もお店ではなるべく笑顔でいようと
心がけていますが(汗)
忙しくしてなってくると殺伐としてきますからね。。。気をつけます(笑)
そういえばプライベートでお腹抱えて笑うほどの
面白いことは最近ないような気が。。。
まぁ、基本単独行動ですから
ひとりで笑い転げているほうがよほどマズいような気が。。。
それなりに楽しんでいるほうだとは思っているので
とりあえずよしとしておきます。
仕事もプライベートもふてくされていることのないように
前向きに過ごそう!ってことですね。
うん、そのくらいなら十分クリアできてるかな(笑)

さてさて

本日は「ヤシカエレクトロ35GTN」のカメラ修理行っています。
先日も書きましたが最近、初期のエレクトロの修理が多いですね
写りの評価の高いカラーヤシノンDX45mmF1.7の大口径レンズを
搭載する電子制御シャッターのレンジファインダー機です。
基本的な構造は初代エレクトロからそれほど変わっていませんが
このモデル以降のエレクトロは小型化されていくので
初代と同じ大きさのボディを持ったエレクトロとしては
このGTN(ブラック)とGSN(シルバー)が最終となります。
このモデルからホットシューも追加になっています。

お預かりしているGTNは非常にキレイなブラックボディです。
分解整備歴はないものと推測されるのですが
各部の状態も経年を考えれば非常に良いほうだと思います。
レンズ・ファインダーも若干のカビが発生していますが
清掃で取れる程度です。
電池室も蓋側に若干の腐食跡が見られますが
マイナス側は非常にキレイで
十中八九、腐食や劣化で断線状態のマイナス側裏端子のハンダも
非常にキレイな状態です。
エレクトロで良く問題になるレリーズ直下のゴムブッシュの状態の良好です。
ただし、接点の汚れあるいはハンダの劣化のせいかと思われますが
オート制御がしっちゃかめっちゃかで
たまに十分明るいところでスローシャッターを選択してしまうことがあるようです。
(もちろん黄色警告ランプも点灯します)
測定機で計ってみると制御が不安定なようで
シャッターを切るたびに+2段~-1.5段の範囲で外すようです。
絞り優先AEで絞り羽根はシャッターを切る前から一定なので
シャッタースピード制御が不安定なようです。

電子制御シャッター機の場合のオート不良は
電子基板異常の場合も確かにあり、その場合には修理不能ですが
エレクトロの場合は大抵の場合、接点の接触不良や
ハンダ不良が原因のことが多いです。
シャッタースピードやオートを調整するボリューム等があるわけではないので
良好な通電状態にすれば後は電子部品がきちんと働いてくれれば
ある程度の精度はでるはずです。
これから本格的に分解整備に取り掛かっていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニッカ5型のカメラ修理

今日は「望遠鏡の日」だそうですよ。
私がまだ幼稚園児の頃、
うちのじいさんは何を思ったか
赤道儀の6cm屈折天体望遠鏡を私のために買ってきたのですね。
最初は家の窓から灰が峰の山頂を見たりして
「すごいねぇ~展望台に人がおるのが見えるけん」といっては
喜んでいたのですが
本格的に天体望遠鏡として私が興味を持ったのが
小学校4年生くらいの頃だったかな。。。
オリオン大星雲やプレアデスやアンドロメダ大星雲やら
簡単に見つけられるものをよく見ていましたが
さすがにその頃の私では赤道儀の極軸合わせなどできるはずもなく
四苦八苦していたことをよく覚えています。
今の赤道儀は極軸合わせも簡単そうだし
天体導入もできて余計な労力がなさそうですよねぇ。。。
あぁ、あの頃にこれがあれば。。。(笑)
今でも本格的な天体望遠鏡が欲しくなることがたまにありますが
とても空の暗いところに頻繁に見に行くことなんてできないだろうし
天体写真まで挑戦しようものなら
結構な投資が必要なのですよね。。。やっぱり無理だなぁ。。。(笑)

さてさて

本日は「ニッカ5型」のカメラ修理を行っています。
ニッカカメラはバルナックライカコピーの全盛期に
高い品質で非常に人気のあったメーカーです。
一眼レフの時代がやってくる頃にヤシカの完全子会社となり
60年代半ばには完全にヤシカに吸収合併されました。
同様にバルナックライカコピーで人気のあったメーカーといえば
レオタックスも同様ですが
ニッカが日本光学のニッコールレンズを標準で装着してたのに対し
レオタックスは東京光学のトプコールを装着し
ここでも「海のニッコー」と「陸のトーコー」の
ライバル関係が再現されていました。
ニッカ5型は1955年に発売されたカメラで
ボディはそれまでのプレスボディからダイキャストボディになり
各部の精度が向上しています。
大きな特徴は底板を外すと裏蓋が開くようになったことで
バルナックタイプのカメラ特有の
フィルム装填の煩わしさが随分改善されました。
修理・整備を行う立場からもこれは非常に便利な機能で
通常、バルナックタイプのカメラは
完全に外装を外してしまわないとシャッタースピードの計測が
できないのですが、裏蓋が開くことで
一眼レフ等と同じように分解せずにシャッタースピード計測が行えます。

お預かりしているニッカ5型は
シャッターを切ると何とか先幕は走るのですが
後幕が全く出てきません。
そのままの状態では後幕の姿すら拝めませんが
確認できる先幕の状態を見ても
シャッター幕が硬化してしまっており
しなやかさのかけらもありません。
硬化してしまっているため後幕は出てこれないものと思われます。
この頃のバルナックタイプのカメラは
ニッカ、レオタックス、キヤノン等々どこのメーカーのものだろうと
未整備であればほとんどの場合がシャッター幕が硬化してしまっており
シャッター幕交換が整備の前提になります。

シャッター幕交換はかなりの重作業となり
予算も納期もかなりかかります。
それでも幕交換さえしてしまえば
(当然シャッター整備・調整も同時に行わなくてはならないため)
快適に動作するようになる個体は世の中にたくさんあると思います。
今回も幕交換及び各部点検整備一式で
非常に気持ちよく動作するようになり
撮影にもガンガン使っていただけれる状態になりました。

実は結構な分解品だったと見られ幕交換以外にも
いろいろと問題がありました(苦笑)
スプールとレリーズボタン受皿部が紛失しており
これは現在、手配中です。

いわゆるゴム引きの布幕は
劣化してしまうのはしかたがないものと思われます。
バルナックタイプのカメラは1950年代のものが多いので
劣化しているものが当然多いのですが
50年代後半、60年代の一眼レフでも
硬くなりかけているものもよく見かけます。
長い間、動かしていないのだと特に硬化しやすいと思われます。
酷いものになると穴が開いているものも多いですね。
もし、家から60年くらい前の布幕シャッター機が出てきたら
使ってみる前にまずはシャッター幕の状態を見ていただければと思います。
もちろん、当店に持ち込んでいただいても大丈夫です。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンフォトミックFTNのカメラ修理

今日は「ハッピーサンシャインデー」だそうですが
天気は朝からシトシト雨模様ですね(笑)
ただ、ここでいう「ハッピーサンシャイン」は
「太陽のような明るい笑顔の人」ということなので
天気は関係ないのかな。。。
年齢を重ねてくるといつのまにか少しずつ偏屈になってきているようで
なかなか「太陽のような明るい笑顔」とはいきませんが(苦笑)
笑顔はやはり大切ですよね。
今日もがんばって明るく仕事します!

さてさて

本日は「ニコンフォトミックFTN」のカメラ修理を行っています。
ニコンFはファインダー交換式で
装着されているファインダーによってモデル名が変わったりします。
フォトミックファインダーはいわゆる「露出計内蔵のファインダー」です。
今回の「フォトミックFTN」はレンズ交換時に
絞りリングを一往復させることでレンズの開放F値がボディ側に伝わる
「開放F値補正機構」(いわゆるガチャガチャ)が追加されたファインダーです。
ボディ側はいわゆる通常の「ニコンF」です。
ただし、これも少しややこしいのが
「フォトミックFTNファインダー」はどの「ニコンFボディ」にも
そのまま装着できるわけではなく
銘板の幅が広い初期~中期のボディには
銘板を交換しないと装着できません。
フォトミックFTNファインダーが装着時に銘板を挟み込む方式になっているためです。

今回の「フォトミックFTN」は
同じご依頼者様から2台お預かりしています。
1台はご依頼者様本人が昔から使われているもので
もう1台はご依頼者様のご兄弟が使われていたものだそうです。
兄弟でニコンF使いとはすごいですね。

製造番号から調べてみると右の個体は1971年製で
左は1973年製ではないかと思われます。
1973年製のほうはいわゆる「ニューF」と呼ばれるもので
巻上レバーやセルフタイマーレバーや外観上も異なりますが
内部の部品も変更されています。
1973年製ということはおそらくFとしては
最後の年に作られたものだと思われます。

どちらも随分長い間使われていないようで
一応動作するのはさすが「F」といったところですが
各所に油切れの兆候が出ており
高速シャッターでは先幕・後幕のバランスが崩れていて
精度が全く出ていません。
同じように両方ともスローガバナは固着気味で
1秒だと完全にシャッターが開いたままになってしまいます。
心配されるのは露出計ですが
どちらも電池を入れると作動するものの
動きが非常に不安定で値があっているかどうかも判別しづらい状態です。
正直に言って露出計は内部の摺導抵抗の劣化具合によっては
修理不可能の可能性も高いです。
まだ分解前なので何とも言えませんが
できる限りのことを行ってみようと思います。

整備完成後はご依頼者様のご子息様が
使用されるのだそうです。
こういうカメラが受け継がれていくのは
やはり嬉しいですね。
快適に使っていただけるようしっかり整備していきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFE2のカメラ修理

今日は「愛酒の日」だそうです。

「白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒はしづかに飲むべかりけり」

酒をこよなく愛した歌人・若山牧水の誕生日が由来となっています。
牧水は毎日1升ほどお酒を飲んでいたそうです。
私もお酒は好きですがとてもとてもそんなには飲めません(汗)
日本酒、焼酎、ビール、ワイン、ウイスキー
世の中には色々なお酒があり、どれも美味しいですが
私が一番好きなのはやはり日本酒かな。。。
香り高い大吟醸酒をチビチビ楽しむのも良いですが
やはり美味しい食べ物(特に海産物)と合わせて飲む
純米酒が一番好きかもしれません。
何にせよ、量はほどほどに。。。
若山牧水の主な死因も肝硬変で
夏の暑い盛りに亡くなったのに
しばらくたっても遺体から腐臭がせず
そのままアルコール漬けになっているのでは?と医師を驚かせたそうです。

さてさて

本日は「ニコンFE2」のカメラ修理を行っています。
1983年に発売されたカメラです。
史上初の1/250シンクロを備え、シャッターの最高速は1/4000
当時としては非常に画期的なスペックを誇ります。
シャッタースピードやシンクロ速度に関しては
当時のフラッグシップであったF3を越える性能であり
当時、私は中学生だったのですが
カメラ屋さんからカタログをもらってきて
毎日眺めていたのを思い出します。
既にカタログはもう持っていないのですが
カタログに載っていた作例写真がどれもカッコ良くて
コレを手に入れればこんな写真が撮れるのかぁ・・・と考えていましたね
(実際はそんなに甘くはないですが。。。(笑))
前モデルである「FE」同様に
指針式の非常に使いやすい露出計を装備し
絞り情報を含めたファインダー情報はマニュアル露出でも
抜群に使いやすいと思います。
Ai連動爪はFEと異なり固定式になってしまったので
いわゆる非Aiレンズの装着はできないのでそこは注意が必要です。

お預かりしているFE2は外装もキレイで
一通り動作はしています。
シャッター速度は全速で問題ないレベルですが
露出計+オートはオーバー傾向でここは調整が必要です。
モルトはやはり全滅で内部モルトも含め交換を行います。
何故かセルフタイマーレバーが欠損していて
セルフタイマーが使えない状況なので
これは中古部品を使って補修します。

まだ現状チェックを行っただけの段階です。
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

性能もさることながら
ニコンらしい端正なデザインも非常に魅力的です。
フラッグシップF3に比べると華奢な部分もありますし
ハニカムエッチングのチタンシャッター羽根は
カシメ部分の強度が少し足りないようで
耐久性に不安な部分も正直ありますが
使い心地や性能、技術的な部分も含めて
1台は持っておきたいカメラのひとつだと個人的には思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。