マミヤC3プロフェッショナルのカメラ修理

今日は「ピアノの日」だそうですよ。
いや、私自身はピアノなんて全く弾けませんが
弾ける人には憧れますよねぇ。。。
私の小学校からの親友(同い年のおっさんですよ)が
今でも趣味でピアノを弾いていますが
素直にすごいなぁ。。。と思います。
中学生~20歳くらいまでは
一生懸命ギターを弾いていましたが
その頃も「ピアノができるっていいなぁ。。。」とよく思っていました。
。。。とか何とか考えていたら
無性に生演奏のピアノが聴きたくなってきました。
どこかでピアノコンサートとかやってないかな。。。

さてさて

今日は「マミヤC3プロフェッショナル」のカメラ修理を行っています。
数日前に「C330プロフェッショナル」の修理も行いましたが
「C3」は「C330」の前のモデルになります。
1962年の発売です。
もちろん「Cシリーズ」なのでレンズ交換式の二眼レフです。
この「C3」からいわゆるクランク式の巻上となりました。
セルフコッキングはまだ未対応ですが
二重露光防止機構は備わっています。
Cシリーズは蛇腹繰り出しで繰り出し量も多く
接写がかなりできるのです。
60cmくらいまで寄れる感じです。
蛇腹をめいっぱい繰り出すと二眼レフとは思えない佇まいです。

お預かりしているC3は
フィルム装填時に巻止めがうまく働かず
フィルムを最後まで巻き上げてしまうことがたまにあるそうです。
巻止めの不良か何かかと推測して
巻止めや巻上部の点検整備も行いましたが
それほどおかしな箇所は見つからず
いろいろ試してみると先日のC330の件と同じような感じで
裏蓋を閉めた際に締まったことを検知するピンの押し込みが甘いようです。
装着されているレンズはセコール105mmF3.5ですが
こちらはレンズにカビがあり
動作確認をしているとシャッター動作不良が発覚しました。
シャッター駆動部が油切れの上、部品の磨耗もあるようで
非常に動きが悪くたまにシャッター羽根がひっかかってしまいます。

比べるものがないのでわかりにくいのですが
本当に大きくて堂々としたカメラです。
モデル名通りでプロの道具といった感じがしますね。
ボディ側・レンズ側ともに各部点検整備を行って
現在、少し様子見をしている段階です。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパス35-Sのカメラ修理

今日は「穴子の日」だそうですよ。
寿司ネタ、天ぷら、煮穴子。。。どれ美味しいですが
真っ先に思い浮かぶのは
宮島の「あなごめし」ですね!
もう随分長らくご無沙汰ですがこれが美味しいのですよ。
話が逸れていきますが
宮島といえば「鯛めし」も美味いのですよねぇ。。。
で、食後には「もみじまんじゅう」ですかね!
最後に宮島に行ったのは何年前だろう???
ちかいうちにまた行きたいですね。

さてさて

今日は「オリンパス35-S」のカメラ修理を行っています。
少し前にも「35-S」の修理をご紹介しましたが
今回は「Ⅱ型」ですかね。
ファインダー内にブライトフレームが表示されるようになり
そのため外観上もブライトフレームの採光窓が追加されています。
35-SⅡに搭載されるレンズはF1.8、F2.8も存在しますが
今回お預かりしている35-SⅡは
Gズイコー4.2cmF2が搭載されたものです。

定番のシャッター粘りは一見感じられないものの
やはり絞り羽根には油シミが見られるので
シャッター羽根と同様に羽根清掃は必須です。
今回はとりあえず動作はしている個体なのですが
レンズ・ファインダーにクモリ・カビがかなり酷い個体です。

露出計が装備されていないこともあり
シャッターユニットはフィルム室側からリングを外すことで
ころんと外れます。
まずはシャッターユニットの整備から取り掛かります。

レンズは後玉表面のコーティングがカビの侵食で
かなり傷んでおり、できる限りの清掃となりますが
実用上問題のないレベルには復活できると思います。
ファインダークモリは接眼レンズ、対物レンズは
通常の清掃でかなりキレイになりましたが
ブライトフレーム・二重像を映し出す
ハーフミラーがかなりカビで汚れている上に
蒸着が剥がれかけているようです。
この時代のハーフミラーは経年劣化もあり
下手に清掃をしようものなら
ミラー蒸着が全てとれてしまい、
ただの素通しのガラスになってしまいます。
今回はカビ清掃を行うと確実に蒸着が剥がれてしまうと判断し
ハーフミラーは交換で対処いたします。

1950年代は二眼レフブームの時代ですが
レンズ固定式レンジファインダー機も
いろいろなメーカーからいろいろなカメラが発売され
どれもいい感じにレトロなのはもちろん
安っぽさは微塵もなく質感の高い
非常に魅力的なものが多いです。
この手のカメラや二眼レフを集めたくなる気持ちもわかります。
私も仕事でこうやって整備するたびに欲しくなりますね(笑)

ヤシマフレックスのカメラ修理

今日は7月4日ということで
「梨の日」だそうですよ。
梨の季節にはまだ早いですが
梨は本当に美味しいですよねぇ。。。
ジューシーで適度に甘くって。。。
随分昔の話ですが
毎年、秋になると必ず梨狩りに行っていた時期もありました。
豊水、幸水、二十世紀。。。等々の品種によっても
味わいが全く異なってくるので
食べ比べしてみるとのも楽しいです。
まだ梅雨ですが秋が待ち遠しくなってきますね。
その前に桃の季節ですね。
まだ今年は桃食べていないので
そのうち買ってこなければ。。。

さてさて

本日は「ヤシマフレックス」のカメラ修理を行っています。
後のヤシカフレックスシリーズに繋がる
八州光学精機最初の二眼レフです。
正確に言うとこれより以前に
OEMとして供給しエンドー写真用品株式会社名義で販売していた
ピジョンフレックスをそのまま名前を変えたものが
ヤシマフレックスとなります。1953年発売です。
比較的初期の二眼レフということもあり
構造はシンプルです。
フィルム装填は赤窓式
シャッターユニットはNKSで最高速は1/200です。
搭載されるレンズは冨岡光学製の3枚玉
トリローザー80mmF3.5です。

お預かりしているヤシマフレックスは
やはりかなり長い間使われていなかったようで
外装もかなり汚れていて
貼り革もボロボロでした。
シャッターは油切れで正常に動作できず
ファインダーはミラーの劣化やスクリーンの汚れのため
曇ったような状態でとても快適にピント合わせはできません。
レンズもカビ・汚れが酷く明らかに写真が影響が出ると思われます。
このままではとても普通に使える状態ではありませんでしたが
致命的な破損や故障があるわけではなく
外も中もしっかり清掃して必要な部分に注油を行えば
快適に使える状況になると思われます。

写真は一通り整備が終わった状態のものです。
今回は貼り革も交換いたしました。
整備前の写真を撮っていなかったのですが
本当に見違えるほどキレイになったと思います。
もちろんシャッターも快適に動作するようになり
レンズも全く問題のないレベルにキレイになりました。
ファインダーミラーは当然交換を行い
ファインダーもできる限りの清掃を行っています。
発売から60年以上経過するカメラですが
現在でも全く問題なく使用できるというのは
やはりすごいことだと思います。
この時代の二眼レフはどれも
眺めているだけでも楽しくなってきますね。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

マミヤC330プロフェッショナルのカメラ修理

今日は「ソフトクリームの日」だそうですよ。
甘くて冷たくてフワフワなソフトクリームは
本当に美味しいですよねぇ。。。
牛乳が主な原料なので
牧場のあるような高原に行くと
その土地ならではの変わったソフトクリームが
必ずありますよね。これがまた美味しいのですよねぇ。。。
特産品でなくても
クルマやバイクで高速道路を使って遠出すると
サービスエリアで必ず買ってしまうソフトクリーム。。。
普段は意外と食べる機会は少ないと思うのですが
どこかに遠出すると必ず食べてしまうソフトクリーム。。。
何だか不思議な食べ物に思えてきました。。。

さてさて

本日は「マミヤC330プロフェッショナル」の
カメラ修理を行っています。
マミヤCシリーズはレンズ交換式の
数少ない二眼レフです。
ビューレンズとテイクレンズが装着された
レンズボードごと交換するシステムです。
広角55mm~望遠250mmまで
一通りの交換レンズ群が用意されています。
夢のような二眼レフですが
他の一般的な二眼レフと比べると
非常に大きく重いです。
これが唯一の欠点かも思われますが
レンズ交換式となったため
ある程度、重く大きくなってしまうのもしかたがない部分もあります。
ピントはRB67と同じような
蛇腹をレールに沿って繰り出す方法になっています。
さらに通常の二眼レフがL字型にフィルムを曲げて
装填するところをマミヤCシリーズでは
一直線に装填できる構造となっています。
これらも大型化の原因と思われます。
その代わりフィルムの平面性は非常によく
画質向上の大きな要因ともなっています。
C330プロフェッショナルは1969年発売のモデルです。
220フィルムにも対応可能となりました。
フィルム装填はスタートマーク合わせのセミオートマットです。

お預かりしているC330は
まず、セミオートマットが上手く作動せず
フィルムカウンターも含め1枚目にフィルムがセットされません。
巻止め等の問題かとも思ったのですが
よくよく動きを確認してみると裏蓋が随分変形してしまっていて
ボディ側のプレートを押し込めないようです。
さらにその押し込まれるプレートも変形してしまっていました。
加えてシャッターには粘りがあり
レンズシャッター定番の羽根粘りかと予想しましたが
羽根の汚れ等による粘りではなく
シャッター羽根駆動部の動作不良が原因でした。
他、ボディ部、レンズ部共に一通りの点検整備一式を行いました。
かなり長い間使われていなかった個体なのか
あちこちで動作不良な箇所がありました。
現在は全体的に非常にズムーズに動作しています。
少し時間を置いてから
最終チェックを行って完成となります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンEMのカメラ修理

6月も末日になりましたね。
2019年もほぼ半分終わりました。
(正確には7月2日で折り返しです)
6月の晦日(末日)と12月の晦日(大晦日)は
大祓(おおはらえ)といって
罪・穢れを祓い清める神事だそうです。
うーん、悪いことはしていないつもりですが
ある意味、生きているだけで罪かもしれないし
いろいろ皆さまにご迷惑をおかけしていることも
多々あると思うので
しっかり懺悔して残り半年も乗り切りたいと思います。

さてさて

本日は「ニコンEM」のカメラ修理を行います。
1980年に発売された軽量コンパクトな一眼レフです。
ニコンのカメラというと質実剛健ですが
大きくて重いものばかりだというイメージが
昔からありますし
割り切ってカジュアルなカメラを作るのが
苦手なメーカーというイメージもあります。
「EM」はそんなそれまでのニコンのイメージにはそぐわない
いい意味でカジュアルなカメラです。
プラスチックを多用し軽量に仕上げ
露出も絞り優先オート専用です。
シャッター音も「カシャコン」といった感じの軽いものです。
しかしながら
その丸みを帯びたニコンらしからぬデザインと
使い勝手の非常に良いコンパクトなボディは
非常に魅力的で実際に人気モデルとなりました。
現在でも普段使いに丁度良いと根強いファンが多く
私も個人的に使っていた時期がありました。

↑ はお預かりしている「EM」ですが
一通り動作はしています。
しかしながら写真にも写っていますが
巻戻しクランク部が破損しています。
巻戻そうとして壊れたらしく中にはフィルムも入ったままです。
EMの巻戻しクランクは壊れているものをよく見かけます。
円盤の部分がプラスチックで経年劣化もあって脆いのです。
何とか回してフィルムは救助しましたが
破損した部分は中古部品で交換するしかありません。
細かく動作チェックをしていくと
オートはまずまずなのですが
露出計表示は妙にオーバー気味です。
加えて高速シャッターの精度は出ておらず
幕速を調べてみると妙に遅いので
シャッター羽根(特に根元部分に)汚れがあるものと思われます。
モルトは比較的最近交換されているようなのですが
ファインダーの中はモルト屑だらけで非常に見づらい状態です。
一通り現状チェックで問題点は洗い出したので
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

フジカ35-Mのカメラ修理

今日は「佃煮の日」だそうですよ。
佃煮と一言で言っても色んなものを佃煮にしたものがありますが
どれもご飯に良く合いますよね。
お米が非常に好きな私としては
ご飯を美味しく食べられる佃煮も大好物です。
無難に昆布や海苔の佃煮が特に好きかな。。。
貝類もいいですよね。
あぁ、炊き立てのご飯が食べたくなってきました。。。。

さてさて

今日は「フジカ35-M」のカメラ修理を行っています。
現在でもフィルムメーカーとして
そしてカメラメーカーとしても
君臨する富士フイルムですが
もちろんフィルムカメラ全盛の時代にも
カメラメーカーとして様々なカメラやレンズを供給しています。
「フジカ35-M」はフジフイルム初の
35mm判レンズシャッター機です。
レンジファインダーを備え
シャッターユニットはこの時代の色々なカメラで実績のある
シチズンMXVを搭載します。最高速は1/400です。
レンズはフジノン4.5cmF2.8で3群5枚構成です。
ちょっと変わっているのが
まず、巻上レバーは底面にあり
巻戻しクランクは上カバーの横に付いています。
さらにピント合わせはレンズ鏡銅ではなく
背面部のダイヤルを回して行います。
特にピントダイヤルは巻戻しクランクは
この位置に配置するため多少複雑な造りになっていて
操作性を突き詰めてこの位置にしたことだと思われます。

上面には巻上レバーも巻戻しクランクもないため
スッキリしたデザインです。
お預かりしている「35-M」は
レリーズボタンを押してもシャッターが切れません。
昨日のオリンパス35-Sも同じような症状でしたが
こちらはレリーズボタンを押せば巻上は可能です。
まだ現状を確認している段階なので
はっきりしたことは言えないのですが
現段階で予想するとすれば今日はシャッター羽根固着が
原因ではないかと思われます。
(ちなみに昨日の35-Sは
やはりシャッター固着ではなく
シャッターチャージリンケージ破損による
チャージ不良が原因でした)
まずはシャッターユニット部が露出するところまで
分解してシャッター羽根の状態をチェックするところから
取り掛かろうと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパス35-Sのカメラ修理

今日は「パフェの日」。。。と聞いて
すかさず食べるほうのあま~いパフェを連想し
いいなぁ。。。食べたいなぁ。。。などと妄想していたら
この「パフェ」は1950年に巨人の藤本投手が
日本プロ野球初の完全試合を達成した日とのことで
「パーフェクトゲーム」の「パフェ」でした。。。(苦笑)
(パフェ(parfait)=フランス語・「完全な(パーフェクト)」)
プロ野球といえば今日からリーグ戦再開ですね!
交流戦はイライラすることが非常に多い日々が続きましたが
さてさてどうなることやら。。。
カープの先発は大瀬良大地投手!
パーフェクトを狙う勢いでお願いします!
あ、それだけではなくて交流戦でどうにも打てなかった
野手陣の奮起も期待しています!

さてさて

本日は「オリンパス35-S」のカメラ修理を行っています。
オリンパス35シリーズは
レンズ固定式レンズシャッター機として
1948年発売の「オリンパス35Ⅰ」から始まるシリーズです。
「35-S」は1955年の発売で
それまでノブ式だった巻上がレバー式に改められ
セルフコッキング(巻上と同時にシャッターチャージも行う)になり
それまでのモデルに比べると
非常に使いやすくなったモデルです。
搭載するレンズはG.ズイコー4.5cmF1.9の大口径
シャッターはこの時代のカメラではお馴染みの高級シャッター
セイコーシャMXで最高速は1/500です。
この時代のレンズ固定式カメラはコンパクトカメラと言えども
現在の基準で考えると大柄なものが多いのですが
オリンパス35はなかなかコンパクトに作られています。
ただし、総金属製なので結構ずっしり重いです。

お預かりしているオリンパス35-Sは非常にキレイな個体です。
すっきりとしたデザインにメッキ部分の多い鏡銅部が
何とも高級感を漂わせています。
いいですねぇ。。。非常に上品でカッコ良いと思います。

ご依頼者様のお話によると
フィルム1本は撮影できたのだそうです。
その後、全く動かなくなったとのこと。。。
拝見してみると巻上できず、レリーズボタンは押せるのですが
シャッターは動かず。。。といった感じです。
よくある羽根粘りではなく巻上ロックが解除できないような感じです。
このままでは動作チェックも何もあったものではないので
まずはシャッターチャージ関連から調べてみようと思います。
いずれにしろつい最近まで普通に動いていたのであれば
何かしらの部品の動きが悪くなっているだけかとは予想します。

これからトラブルの原因を探りつつ
各部点検整備一式に取り掛かります。

キヤノネットQL17G-Ⅲのカメラ修理

今日は「ちらし寿司の日」らしいですよ。
調べていて気がついたのですが
江戸前寿司でいう「ちらし寿司」と
関東以外でいう「ちらし寿司」は全く違うのですね。
私のイメージする「ちらし寿司」は
江戸前のそれとは違い
いわゆる「五目寿司」や「ばら寿司」と呼ばれるものです。
「五目ちらし」なんて言い方もありますね。
酢飯にシイタケ、酢レンコン、タケノコ、焼き穴子。。。
たまに無性に食べたくなりますよね。
もうこうやって書いているだけでお腹がすいてきます。
(お昼もまだだし。。。(笑))
スーパーで買ってきたものでも十分美味しいのですが
まだほのかに温かい作りたては本当に美味しいですよねぇ。。。

さてさて

今日は「キヤノネットQL17G-Ⅲ」のカメラ修理を行っています。
つい2、3日前にもG-Ⅲの修理やりましたね。
不思議なもので同じ機種が集中することが多いのです。
コンパクトなボディに大口径レンズ
シャッタースピード優先AEを搭載しますがマニュアルでも使用可能と
非常に使い勝手の良いカメラです。

お預かりしているG-Ⅲは人気のブラックモデルです。
個人的にはシルバーも好きですが
ブラックになると印象が全く異なりますね。
まず今回のG-Ⅲはシャッターボタンを押しても
シャッターがなかなか切れません。
レリーズ1回ではまず切れず、何度か押していると
思い出したように突然シャッターが切れます。
最初は羽根の粘りのせいかな。。。と予想したのですが
シャッターが動作するときの動きを見ていると
羽根粘りではなさそうな気がします。
シャッターユニット内の部品の動きが悪いような感じがします。
電池はご依頼者様がもともと入れていた
1.5Vのヴァルタ電池が入っているのですが
露出計・オート共に少々オーバー傾向です。
もともと1.3Vの水銀電池使用カメラに1.5V電池を入れて使うと
1.5段ほどアンダーになることが多いのですが
今回は逆ですね。どちらにしても電池室周りのチェックや
ハンダの怪しいところはやり直すので
その後、もう一度チェックした上で調整を行っていきます。

まだ現状チェックを一通り行っただけで
これから本格的に分解整備に取り掛かります。
アタリや目立つキズもなくキレイなボディです。
小さくても安っぽさは全くなく
質感も非常に高いカメラだと思います。
さすがキャノネットの集大成ともいえるモデルですね。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFE2のカメラ修理

今日は「露天風呂の日」だそうですよ。
露天風呂はいいですよねぇ。。。
夜もいいけど昼間の明るいうちから入りたいな
天気が良くてもいいし
土砂降りは困るけど小雨くらいなら雨も風情があっていいし
雪なんて降っていると最高だし。。。
要はどんなシチュエーションでも良いってことですね!
数年前に八ヶ岳の麓で
露天風呂に入っていらい行ってないですねぇ。。。
露天風呂に入るためだけに信州エリアまで行ってこようかな。。。
そこまで行かなくても箱根でもいいから行ってこようかな。。。
(実際にはいろいろあってなかなか行けない。。。(苦笑))

さてさて

本日は「ニコンFE2」のカメラ修理を行っています。
1978年に発売されたFEをベースに
発展型として1983年に登場したカメラです。
1/4000秒+1/250秒シンクロのシャッターがセールスポイントです。
電子制御シャッターなのでTTL自動調光にも対応し
FEと同様に非常に使いやすい指針式の露出計も健在です。
私が中学生の頃に発売されたカメラですが
カタログを眺めながら。。。
「FE2って最強のカメラだ。。。」とすごく憧れていたことを思い出します。

お預かりしているFE2はなかなか使い込まれた感じの個体です。
おそらく全く使われていなかった期間は長くなかったのかもしれません。
電子制御シャッターなので電池を入れなければ
一定速でしかシャッターは切れませんが
電池を入れてみるとシャッターはなかなか快調に切れているようです。

しかしながら。。。ひとつ大きな問題が。。。

シャッターもオートも明らかに動作してるのですが
露出計が全く動きません。
FE2はフィルムカウンターが「1」以上にならなければ
露出計は動きませんが、そんな問題ではなく
カウンターがどこだろうが全く動きません。

まずは上カバーを外して
テスターで原因を探っていきますが。。。
どうやらメーター内コイル断線の可能性が高いと思われます。
メーター交換しないとダメそうですね。
FE2あたりになると部品取りのストックがほとんどなく
苦労するのですがメーターは何とか確保している分があるので
交換で対応しようと思案中です。
もちろん並行してシャッターユニットやミラー駆動部の整備等々も行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノネットQL17G-Ⅲのカメラ修理

今日は「空飛ぶ円盤記念日」だそうですよ。
1947年にアメリカで最初に目撃されたことが
由来となっているそうです。
うーん、残念ながら私は見たことがないのですが
実在するなら一度は見てみたいですねぇ。。。
地球以外にも知的生命体が生存しているというのは
全くおかしくはないとは思いますが
UFOが即、地球外から来た宇宙人の乗り物だとは
なかなか考えにくいとは思いますが。。。。
でも子供の頃にはUFO関連の本も結構読んだかも。。。
先述の1947年のケネスアーノルドの「空飛ぶ円盤(Flying saucer)」の話も
小学生の頃には本で読んで知ってたし。。。
UFOが出るかどうかはともかく
たまにはのんびり寝転がって夜空を眺めてみたいものです。

さてさて

本日は「キヤノネットQL17G-Ⅲ」のカメラ修理を行っています。
1961年から始まった「キヤノネットシリーズ」の
最終モデルとなるカメラで1972年に発売されました。
社会現象ともなった初代キヤノネットに比べると
随分コンパクトになりましたが
露出計指針挟み込み式のシャッタースピード優先AEを搭載し
マニュアル露出も可能(露出計はマニュアル時には使用不可)
大口径のレンズ搭載のレンジファインダー機。。。と
基本的なスペックは初代から全く変わっていません。
モデル名の「QL」は「Quick Loading」の略で
フィルム装填時にフィルム先端をスプールに差し込むことなく
装填を可能にしたこの頃のキヤノンお得意の機能です。
ニューキャノネット以降ではカウンターが「1」になるまでは
シャッターをいちいち切らなくても連続して巻き上げることができます。

お預かりしている「G-Ⅲ」は
ファインダーやレンズに汚れがかなりあるものの
一応一通り動作している様子です。
キャノネットによくあるオート時の絞り制御の動作不良もないようです。
。。。とはいえ。。。露出計、オートの精度はあまり良好とはいえません。
加えて、露出計が少し不安定かな。。。と思い
電池室を外してみるとその裏では
ハンダ部分に緑青が見られハンダ付けされているリード線は
ピンセットでほんの軽くつまんだだけで
ポロッと取れてしまいました。
断線するのは時間の問題だったようです。
このタイプのコンパクトカメラは
裏蓋の遮光に大量のモルトが貼られていることが多いのですが
G-Ⅲも同様でもちろん全て劣化してしまっています。

ボディがコンパクトになったことで
初代キヤノネットや以前のQL17に比べると
隙間なくぎっしりメカが配置されている印象です。
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。