ニコンEMのカメラ修理

今日は「針供養」の日だそうです。
折れてしまった針を豆腐やこんにゃくに刺して
供養し裁縫の上達を願う日だそうです。
私も折れたり曲がったりしたドライバーやピンセット
劣化して使えなくなったハンダコテの先。。。
毎日のように何かしら使えなくなるものが出てきます。
まとめて供養して
修理技術の上達を願ったほうがいいかもしれません。。。(^^;)

さてさて

本日は「ニコンEM」のカメラ修理を行っています。
「リトルニコン」の愛称で親しまれた
絞り優先AE専用機ですね。
このカメラが出るまでのニコンといえば
堅牢で信頼性が高いのは確かですが
とにかく大きく重いカメラばかりでした。
そこで思い切ってプラスチックを多用し
昨日もAE専用機と割り切り
小型軽量化を推し進めて開発されたのがこのEMです。
ニコンの一眼レフの中ではおそらく最も小さく
軽いものだと思われます。
同時期に発売された当時のフラッグシップF3と同様に
ボディデザインはジウジアーロによるものです。

お預かりしているEMは
かなり長い間使われずに仕舞いこまれていたようです。
ご依頼者様のおじいさまが使われていたカメラだそうです。
長期保管品のため、ファインダーにはかなりカビが発生し
モルトはボロボロではありますが
丁寧に扱われていたカメラのようでボディにアタリや
目立つキズは全く見当たりません。
整備して磨き上げればかなりキレイなカメラになりそうです。
動作チェックを行ってみると
電子シャッターは切れているしオートも効いているようですが
カウンターが「1」を超えても露出計が全く反応しません。
根本的に壊れているわけではなく
何かしらの接触不良だとは思われます。
オートの精度はまずまず良いようですが
1/1000を使うような設定にすると
とたんに露出が不安定になります。
詳しくチェックしてみると、モルト屑等の汚れが
シャッター羽根の隙間に入り込み
動作を少々邪魔してしまっているようです。

EMの発売開始は1980年ですが
この時代のカメラになると上カバーを外せば
フレキ(フレキシブルプリント配線板)で覆われています。
フレキをある程度、外さないことにはプリズムすら降ろせない構造です。
。。。とはいえ、まだEMは楽なほうで
(この時代のカメラの中では)
比較的メンテナンスは行いやすいカメラです。

まだ上下カバーを外しただけですが
これから本格的に分解を進め各部点検整備一式を行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

 

コニカⅢAのカメラ修理

今日は2月7日ということで
「フナの日」だそうです。
小学生くらいの頃、池や川に
よくフナを釣りに行きましたねぇ。。。
当時は食べることなんて考えていなかったから
家の水槽に何匹か残す分だけ持ってかえって
あとはまたリリースしていました。。。
虫取りもそうですが
あの頃は何でも生きているものを
捕まえてみたかったんですよねぇ(笑)

さてさて

本日は「コニカⅢA」のカメラ修理を行っています。
コニカスタンダードから始まるコニカのレンズシャッター式35mmカメラは
コニカⅠ→Ⅱ→Ⅲと続き
Ⅲでは前面に巻上レバーを配置し
セルフコッキングにも対応いたしました。
さらにⅢAではパララックス自動補正機構を搭載した
等倍ファインダーへと進化しました。
発売は1958年です。
搭載レンズは50mmF1.8と48mmF2のものが存在します。
シャッターユニットはセイコーシャMXLです。

お預かりしている「コニカⅢA」は
50mmF1.8を搭載したモデルです。
Ⅲ(A)は古い油や汚れのせいで
巻上が非常に重かったり動かなかったりするものも多いのですが
今回。お預かりのⅢAも動作はいたしますが
少々重いことと途中でたまに引っかかるような感覚があります。
加えてレンズシャッター機の定番ですが
シャッター羽根が固着しており
シャッター音はするものの羽根が動作していません。
バルブでシャッターを押しっぱなしにしてしばらく待っていると
「よっこらしょ」という感じでゆっくり開きます。
さすがにこれでは普通に写真は撮られない状態ですね。

これからシャッターユニットを分離して
まずはシャッターユニットの整備から行います。
シャッター羽根もそうですが
絞り羽根にも若干粘りが見られます。

以前も書いたような気がしますが
セイコーシャMXLはレンジファインダー機や
二眼レフに多く採用されている高級シャッターですが
最高速1/500は普段使わない別の強力なバネを使って
チャージリングを蹴飛ばしていく構造になっています。
そのため1/500を使う際には
無理をさせないためにも必ず1/500にセットしておいてから
巻上を行うことをお勧めします。
(当時の説明書にも書いてあります)
巻き上げてから1/500にセットもできなくはないですが
シャッターユニットに非常に無理な負担がかかります。
セイコーシャMXL搭載機をお持ちの方はお気をつけください。

それでは本格的な分解整備にこれから取り掛かります。

オリンパスXAのカメラ修理

今日は「笑顔の日」だそうですよ。
常に笑顔でいることって大事ですよね。
皆さまもイライラすることは数多くあると思いますが
笑顔でがんばりましょう!
私も。。。ネジが固着して何をやっても取れなくても。。。
スクリーンが下から取れない一眼レフで
全て組み上げた後にファインダーにゴミが見つかっても。。。
笑顔でがんばりまーす!
(想像しただけで笑顔がひきつりそうですが。。。(汗))

さてさて

本日は「オリンパスXA」のカメラ修理を行っています。
先日、XA4の修理の紹介をいたしましたが
5種類存在するXAシリーズの中で
レンジファインダー(距離計)を搭載し
絞り優先AEで撮影ができるのは
この初代XAのみです。
そのためか他のXAシリーズに比べても
やはりこの初代XAの人気が高いように思われます。
発売は1979年。いわゆるクラムシェルタイプの
レンズバリアーを搭載した初めてのカメラだと思われます。
レンズキャップが必要ない上に
レンジファインダー機でありがちなキャップの外し忘れが
構造的にありえないのも非常に画期的です。
(個人的に過去何度これで失敗を繰り返したか。。。)

今回、お預かりのXAはご依頼者様から
部品取用の個体とともに2台お預かりいたしました。
。。。というのも実際に使われている個体の
後玉にかなり激しいカビとコーティング劣化が
発生しており部品取個体のレンズと載せ換えてほしいというご依頼です。
作業に入る前に両方の現状を比べたのですが。。。

XAに限らず、同じレンズでも生産時期によって
コーティングが異なったり
微妙に仕様変更がされている場合が多々あります。
今回もコーティングの色が2台で明らかに異なるようです。
加えてご依頼品は後玉だけでなく前玉にも
コーティング劣化があるようです。
というわけで結局レンズを全て載せかえることにいたしました。
作業的には工数が随分増えますが
今回はそれがベストだと判断いたします。

もちろんレンズ載せ換えだけではなく
シャッターユニット整備、露出計・オート調整等々の
各部点検整備一式を行いました。
写真はA11(フラッシュ)が装着されていますが
フラッシュを装着してもこのコンパクトさは非常に魅力ですね。
このままでもコートのポケットに楽々収まります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMXのカメラ修理

昨日が節分ということは
当然、今日が「立春」ということですね。
まだまだ寒いですが暦の上では春の到来です!
それとは全く別の話で
今日は「西の日」らしいですよ
2月4日の語呂合わせですが
今日、西に向かうと幸運に巡り会えるそうです。
お店が終わったら西に向かってお散歩に出かけてみようかな(笑)

さてさて

本日は「ペンタックスMX」のカメラ修理を行っています。
OM-1と並んで軽量コンパクトな機械制御一眼レフの
代名詞となっているカメラですね。
同じ「Mシリーズ」とはいえME系とは全く異なるカメラです。
SPやKシリーズで実績を重ねてきた
熟成の布幕横走りシャッターを搭載し
露出計は時代を反映してLED式になっています。
発売は1976年、
ちょっと意外ですがペンタックスとしての
純粋な機械制御シャッター搭載機はこのモデルが最後になるのですね。

お預かりしているMXは
まずシャッターが切れません。
チャージはできているようなので
レリーズ周りに何かしらの問題があるようです。
後でわかったのですがやはりレリーズロック部分の
動作不良が原因でした。
シャッターが切れる状態になって改めて
現状のチェックを行ってみると
1/1000、1/500は全く開かず、1/250も視野の両端で
1段以上の差が出ているようです。
先幕・後幕のバランスが大きく狂ってしまっています。
MXは一見、シャッターが切れているようでも
両端の露光差が出ていることの多いカメラです。
これが酷くなると後幕走行不良による
ミラーアップも発生する可能性があります。

写真は整備が一通り終わってから撮ったものです。
シャッター幕軸の清掃・注油を行った上、
各部の整備・調整を行っています。
新しい油が隅々に浸透するまで
動作が安定しないと思われますので
少し時間を置いてから最終調整を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコマートFTNのカメラ修理

今日は「節分」ですね!
豆まきそのものにはあまり興味がありませんが
子供の頃、炒りたて熱々の豆を食べるのが大好きでしたねぇ
節分でなくてもじいさんのビールのつまみに
ばあさんがよく豆を炒っていましたが
出来上がりを楽しみに台所で
待っていたことをよく覚えています。

さてさて

本日は「ニコマートFTN」のカメラ修理を行っています。
いわゆるニコンの普及機クラスのブランドして始まった
「ニコマート」シリーズですが
ユニット式のコパル縦走りシャッターを使用等で
コストを抑えていはいますが
品質はしっかり当時のニコン基準をしっかりクリアしており
非常に堅牢で信頼性の高いカメラです。
いわゆる機械制御シャッター機が「ニコマートFTシリーズ」で
電子制御シャッター機が「ニコマートELシリーズ」です。
後の「FE」、「FM」の関係と同様ですね。
「FTN」は開放F値設定がいわゆる「ガチャガチャ」で行えるようになり
測光もそれまでの平均測光から「中央部重点測光」へ進化したモデルです。
発売は1967年、現在でも非常に人気の高いカメラです。

お預かりしているニコマートFTNは
外観の非常にキレイなブラック塗装のモデルです。
シャッターはなかなか快調に動作していますが
高速シャッターで先幕、後幕のバランスが崩れているようで
露光ムラが発生しています。
加えて、ご依頼者様からもご指摘をいただいていますが
露出計に激しいピクツキが出ることがあります。
これはおそらくマウント部の摺動抵抗の劣化が原因と思われます。


※レンズは当店のテスト用レンズです

うーん、改めて見ると、とってもカッコ良いですね。
この時代のコパルシャッターですので
正直シャッター音は少々騒々しいですが
ニコンらしい「これでもか」いうくらい丈夫に作られているカメラです。
シャッター速度のバランスの悪さは羽根清掃で
解消できると思われます。
今回はさらにプリズムに少々腐食が見受けられるので
腐食のない中古良品との交換作業も行います。

まずは現状チェックが完了した段階です。
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーフレックスⅣのカメラ修理

今日は2月2日ですが
色々な記念日が設定されていますね~
「夫婦の日」、「頭痛の日」、「ツインテールの日」
「交番設置記念日」、「麩の日」、「バスガールの日」
「おんぶの日」、「おじいさんの日」。。。等々
語呂合わせの日がやっぱり多いのかな。。。
「頭痛の日」ということもあって
私も今日は軽く頭痛気味ですが今日もがんばります!

さてさて

本日は「リコーフレックスⅣ」のカメラ修理を行っています。
発売は1952年、プレスボディのリコーフレックスは
基本的な構造はシリーズを通して同一ですが
このⅣ型からチャージとレリーズをひとつのレバーで
操作するようになりました。
ブローニー判を使用する二眼レフとしては
非常に軽量コンパクトなカメラです。
構造も非常にシンプルでレンズボードとボディ側に
機械的な連動は全くありません。
フィルム装填も赤窓式でセルフコッキングもありません。
普通の35mmカメラしか使ったことがない方からすると
結構慣れが必要ではありますが
ダイキャストの重い二眼レフにはない魅力がたくさんあるカメラです。

お預かりしている個体は
ピント合わせ歯車が非常に重い、ファインダーミラー腐食
レンズカビ、とリコーフレックスの3大定番トラブルと
言っていいような状況です。
ただ、ピント合わせの歯車以外は
二眼レフ定番のトラブルですね。
これにシャッター羽根固着が加われば
二眼レフトラブル四天王といったところでしょうか。。。(笑)

写真でも見えますが、プレスボディのリコーフレックスは
ピントを合わせる際に前玉に付いた歯車を
直接手で回してピント合わせを行います。
歯車で連動してビューレンズもテイクレンズも同様に動きます。
非常にシンプル且つ効率的な構造ですが
この歯車が全く回らない、指が痛くなるほど重い、という個体が多いです。
古いグリスが固着していることが原因で
一度前玉を外し回転部分を徹底的に洗浄し
グリスアップすることで指一本で回るほど軽くなります。
前玉を外すということは当然ピントは狂ってしまうので
テイクレンズ側、ビューレンズ側共に入念にピント調整を行ないます。

今回は一見、シャッターの調子は良い感じだったのですが
もちろん、シャッターユニット及びシャッター羽根も
清掃整備を行っています。
今回のⅣはシャッタースピードは3速+Bのシンプルなものですが
整備後、各SS、非常に高い精度が出るようになりました。

シンプルなだけに磨き上げると美しいカメラです。
二眼レフ初心者にもお勧めできるカメラですね。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンEES-2のカメラ修理

今日は「ニオイの日」だそうですよ。
匂いとか香りの好みって
個人差があって難しいですよね~
誰もが不快に感じる悪臭はさておき
食べ物の匂いや香水の香りとかも
好みや個人差があったり、
あるいはそのときのシチュエーションや体調にもよっても
「良い香り」と「悪臭」は紙一重ですものね。
特に自分に付いている匂いは自分で気が付きにくいので
本当に注意しなくてはいけませんね。

さてさて

本日は「オリンパスペンEES-2」の
カメラ修理を行っています。
セレン光電池を使い露出計を駆動し
露出計の針を挟み込むことによって
オート露出を行うカメラです。
EEとEESの違いはピントが固定焦点か
ゾーンフォーカスかの違いです。
あれ?今まで疑問に思ってなかったのですが
「ゾーンフォーカス」なのに
何故「Z」じゃなくて「S」なんでしょうね?
全然別の意味があったのでしたっけ?

EES-2はEE-2と同じく
初代EE(S)と比べると裏蓋が蝶番式となり
フィルムカウンターが自動復元式になりました。
ASA(ISO)感度も400まで設定できるようになりました。
より使いやすく現代的に進化していますね。

お預かりしているEES-2は
明るさに関係なく絞りが最小絞りでしか
シャッターが切れません。
暗いところで切っても赤ベロも出てきません。
セレンがもうダメかな。。。とも思ったのですが
赤ベロはセレンとは別問題ですし
単純にセレンがダメで露出計が動作していない状態だと
明るさに関係なく最大絞りにしようとするはずです。
ちょっと分解してみないと原因がわかりません。

写真は既に整備後で最終チェックを残すのみの状態です。
赤ベロが出ないのは赤ベロ動作機構の固着
絞りが最小絞りなのは絞り羽根の固着ではなく
絞り羽根を駆動している部分の動作不良でした。
セレンは無事に起電できていました!
動作する部分のあちこちが固着だったり
動きが悪かったりという状態でした。
長年経過していますし(発売は1968年)
動かしていなかった期間も相当あるでしょうし
やはり分解して清掃・注油を行わないと
この時代のカメラはなかなか本調子にはなりませんね。

もちろん、レンズ清掃、ピント検査、オート調整
全体の点検整備を行いました。
また快調に撮影に使える状態に蘇ったと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスXA4のカメラ修理

今夜は「皆既月食」ですよ!
実は前回の皆既月食の時には
気合入れて伊勢原・大山の山頂から
撮影しようとしたのですが大失敗に終わっています(涙)
今夜はお店もあるので遠出はできませんが
近場からできる範囲で撮影してみたいと思います。
今回は皆既中が1時間以上続くのですね。
前回は10分程度だったから今回は本当に長いです。
あとは天気だけ。。。昨日も夕方から曇りましたが
何とか晴れてほしいです!

さてさて

本日は「オリンパスXA4」のカメラ修理を行っています。
XAシリーズは初代XA、XA1、XA2、XA3、XA4と
5種類存在するのですが
XA3とXA4は初代が発売された3年後に同時発売された
最後のXAシリーズです。(1985年発売)

他のXAは全て35mmレンズを搭載しますが
XA4のみが28mmレンズです。
初代XA以外のモデルはレンジファインダーを持たず
ゾーンフォーカス(目測)でピントを合わせます。
XA4も同様ですが距離目盛は0.3mから始まります。
一眼レフの本格的なマクロレンズほどではないですが
接写ができるのですね。
上カバー上にも「XA4MACRO」のロゴが入っています。
目測なので絞りが開く状況だとなかなか厳しいものがありますが
こういうカメラも非常に面白いですね。

お預かりしているXA4はご依頼者様が言うには
「一応動いている」ということです。
動作そのものは今のところひととおり大丈夫そうですが
オート露出が+2.5段あたりで切れてしまいます。
ネガなら何とか救えますが、ちょっと明るすぎですね。
他、分解してみてわかったのですが
レンズ中玉周辺にかなりカビが発生しています。

一通りの整備が終わって後は最終チェックを残すのみです。
写真に写っている純正のXA4専用ストラップは
写真の状態で長さが30cmで接写の際の距離測定に使えます。
ちなみに距離目盛はどこに設定していても
レンズカバーを閉じると3mに戻ります。
なかなか小技も効いてますね。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタXEのカメラ修理

今日は「人口調査記念日」だそうですよ。
1872年(明治5年)のこの日に
日本初の全国戸籍調査が行われたそうです。
今から150年近く前のお話ですが
当時の日本の人口は3311万825人だったそうです。
現在の日本の人口が少し減少したとはいえ
1億2千万あまり。。。ちなみに東京都の人口が約1370万人
150年で全く異なる環境になったというのがよくわかりますね。

さてさて

本日はミノルタXEのカメラ修理を行います。
1974年発売のミドルクラスのモデルです。
この頃はまだSRシリーズも併売されていて
(SR101、SR505、共に1975年発売)
ミノルタには機械制御機、電子制御機、両方存在したのですが
1974年のX-1発売以降、リソースを全て
Xシリーズ(電子制御機)に集中することになります。
X-1とXEはその先駆けとなるモデルです。
操作感が素晴らしいことで定評のあるXEですが
当時はともかく、初期の電子制御機なので
現在ではトラブルも正直多い部類に入ると思います。

XEといえばプリズム腐食が定番ですが
今回、お預かりのXEはそこは大丈夫のようです。
現存しているXEの8割は
プリズム腐食を起こしているのではないかと考えますが
プリズムがキレイに残っている時点で貴重だと思います。

ただし、これも定番ですが
露出計がほぼ上に振り切ってしまう状況です。
加えてXEの最大の魅力である巻上が
スムーズではなく巻き上がった位置でひっかかってしまうようです。

巻上の件は清掃・注油で復活すると思われます。
露出計の件は過去にも書きましたが
巻き戻しクランク下の摺動抵抗の
汚れ・劣化により起こります。
クランク下の基板の表裏に摺動抵抗が付いていますが
上面はASA感度に対応する抵抗で
下面が絞りと連動する抵抗です。
大抵の場合が下面の絞り連動の抵抗がダメになっています。
とはいえ基板ごと交換するしかないのですが
この抵抗板も最近、調子の良いのを入手するのが難しくなりました。

※レンズは当店のテストレンズです
XEには黒とシルバーの2色があり
中古市場的にはやはり黒の人気が高いと思いますが
個人的には最近、シルバーに妙に惹かれます。
XEだけに限ったことではないのですが。。。

現状を一通りチェックしたので
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンAE-1のカメラ修理

1986年のこの日に発射された
スペースシャトル「チャレンジャー」が
発射から74秒後に爆発しました。
当時、私は高校生でしたが
この事故の映像は今でも鮮明に思い出せます。
宇宙開発そのものは素晴らしいことだと思いますが
こういう事故は二度と起こってほしくないものですね。

さてさて

本日は「キヤノンAE-1」のカメラ修理を行っています。
世界初のマイクロコンピュータ搭載機で
徹底的な合理化とできる限りの電子化を推し進めたモデルです。
このカメラが発売されるまでは
キヤノンは一眼レフの分野では少々苦しい戦いとなっていましたが
それまでの不振を覆す大ヒット作となったモデルです。
キャッチコピーは「連写一眼」、ワインダー装着率が
一気に上がったのもこのカメラからですね。

お預かりしているAE-1はご依頼者様の
お父様の形見なのだそうです。
長年使われずに眠っていましたが
ご依頼者様が実家に戻った際に
持ち帰ってきたものだそうです。
まずはシャッターを切るとミラーアップしたままになってしまいます。
ミラー駆動部にも少々問題がありそうですが
主な原因はシャッター幕(後幕)がキレイに走りきらず
ミラーダウンレバーを押すことができないことが原因のようです。
できる限り電子化が進められたカメラですが
今回のトラブルの原因は機械的なものです。
長年使用されていなかったため
シャッター幕軸の古い油や汚れが抵抗となってしまっているようです。

まだ現状を確認したのみですが
これから本格的に分解整備に取り掛かります。
AE-1はシャッター鳴きやオート不良などの
トラブルが比較的多いカメラですので
そのあたりの対策も含めて整備していきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。