アイレスフレックスのカメラ修理

今日は「勝負事の日」だそうですよ。
「イチ(1)かバチ(8)か」と読む語呂合わせだそうです。
今やイチかバチかなんて
運任せの確率の悪い勝負事はできませんねぇ(汗)
意外に思われることが多いのですが
ギャンブルの経験がほとんどありません。。。
競馬・競輪・競艇はもちろんのこと
パチンコもほっぼやったことがありません
それどころか宝くじも買ったことありません(苦笑)
でも人生や仕事そのものが不安定な上に
イチかバチかみたいな部分も多いですものねぇ。。。
趣味や娯楽にまでギャンブル的なものはちょっと。。。(汗)
。。。こんなご時世な上に
明日、わが身がどうなるかなんて
何も予想できないということは
これまでの経験でしっかり勉強させていただいたので
その日その日をしっかり生きるようにしたいと思います。
博打はしないけどさほど計画的でもないですし
安定志向でもないのですよねぇ
まぁ、このあたりは性格か。。。もう直らないですね(笑)

さてさて

本日は「アイレスフレックス」のカメラ修理を行っています。
アイレス写真機製作所で生産された二眼レフです。
アイレスは「ヤルー光学」を前身としたカメラメーカーで
機構がシンプルで小規模メーカーでも生産が比較的容易な
二眼レフに活路を見出し
1954年に最初のアイレスフレックスを発売しました。
搭載するレンズは当初は自社ブランドの「エクセルシオ」でしたが
アイレスフレックスZでニッコールレンズや
ズイコーレンズを搭載し非常に人気の高い二眼レフになりました。
その後、昭和光機を傘下にしてからは同社の「コーラル」ブランドの
レンズを使うことが多くなりました。
35mm判レンズシャッターカメラの分野でも
現在でも人気の高いカメラが多く
修理依頼も意外と多いカメラメーカーです。
残念ながら1960年に倒産してしまっています。

今回お預かりしているのはおそらく「アイレスフレックスZ」の
ニッコール搭載モデルです。
アイレスフレックスZはニッコール搭載モデルだけでなく
ズイコーレンズやコーラルレンズを搭載したものも存在します。
二眼レフでニッコールレンズが搭載されたモデルは
私の知る限りではアイレスフレックスのみかと思われます。
やはりそのためかニッコール搭載のアイレスフレックス
(Zだけではなく後年のオートマットも)は
現在でも非常に人気の高いカメラです。
搭載されるのはニッコールQ75mmF3.5ですが
ニコン側はアイレスにニッコールを搭載するにあたり
ボディ側の精度や品質などが日本光学工業の
自社基準に合致することを求め
アイレス側も光学的検査器具を導入したり技術指導を受けたりして
アイレス写真機製作所の技術力を
大幅に向上させることにつながったのだそうです。
そういう話を聞くとアイレスフレックスが
また一段と魅力的に見えてきますよね。

。。。とはいえ二眼レフ全盛期の1950年代のカメラです。
さすがに経年劣化には勝てず
いろいろと問題を抱えた状態で当店でお預かりすることになりました。
シャッター自体は若干の粘りがあるものの
とりあえずは作動しています。
しかしながらSSリングを回すと
つられて絞りリングが回ったりとか
ファインダーのルーペが所定の位置で固定できないとか
フィルムカウンターも固着で動かないとか
細かいトラブルがいろいろある状態です。
とにかくいろんなところの動きが悪い状態なので
動作する部分をすべてチェックしながら
動作の悪いところの修理を並行して行います。

この時代の二眼レフをお預かりすると
必ず行うことになるファインダーミラーの交換も
もちろん行いました。
スクリーンの清掃の甲斐もあって
ファインダーの見え心地はかなり改善されたと思います。
ただ、ファインダーフードは全体的にもともと歪みがあり
ルーペのトラブルは解消いたしましたが
やはり開閉は少々スムーズさに欠ける状態です。
いろいろ考えられることは処置いたしましたが
それに関してはこれが限界かと思われます。
シャッター・レンズ等のコンデイションは
非常に良い状態になっています。
6x6で楽しむニッコールレンズ。。。いいですよねぇ
私も1台手に入れたくなってきました(笑)

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンⅣSbのカメラ修理

今日は1月7日
「人日の節句」で「七草粥」を食べる日ですね。
数十年食べた覚えがないですが。。。(苦笑)
さらに「七草の日」に関連して
「爪切りの日」とされています。
「七草爪」と呼ばれ、この日に爪を切ることが昔から決まっています。
七草を浸した水、または七草をゆでた汁に爪をつけ、
柔らかくしてから切ると、その年は風邪を引かないと言われています。
風邪だけではなくて新型コロナにかからないようになれば良いですねぇ
七草をゆでた汁は用意できませんが
あとで爪を切ることにしましょう
子供の頃は1月7日と言えば「三学期の始業式」でしたねぇ
冬休みが終わる寂しさもありますが
学校に行けば面倒くさいことも多いけど
それ以上に楽しいこともあるかも。。。とワクワクして行ったものです(笑)

さてさて

本日は「キヤノンⅣSb」の」カメラ修理を行っています。
キヤノンのレンズ交換式レンジファインダー機は
1934年の「カンノン」に始まり
32年間で40モデルが作られています。
大きく3世代に分けることも多く
「カンノン」をベースにした終戦直後までのモデルが第一世代
1946年のSⅡ型からⅣ型までが第二世代で
ここまでがいわゆるバルナックタイプコピーと言われるカメラです。
そしてⅤ型から7型までが第三世代となります。
「ⅣSb」は第二世代の完成形ともいえるモデルで
いよいよライカに匹敵するカメラが
キヤノンからも出たと言われたモデルです。
ベンチマークとされた「ライカⅢf」を
超えるカメラを目指して作られました。
キヤノンお得意の変倍ファインダーの
一眼式ファインダーを装備し
35mm判カメラとしては初のX接点も装備しています。
使い勝手の面では確実にライカを超えたといってよいと思います。
ボディの造りこみや機能精度も高度なレベルでバランスが取れており
当時のキヤノンの技術力を忍ばせるカメラです。
高価なカメラながら大ヒットし
後継のⅣSb改と合わせて35000台以上が生産されています。

そんな輝かしい実績を持つ「ⅣSb」ですが
さすがに登場から68年も経過するカメラなので
なかなか程度の良いものも数少なくなってきたように思われます。
特に当時からたいしたメンテナンスもされていないものは
シャッター幕の劣化が顕著に見られ
穴や破れがなかったとしても
ガチガチに硬化してしまい
まともにシャッターが動作しないものも多く見られます。
ただ、機構としてはシンプルな機械制御のカメラで
ファインダープリズムの劣化とかは
どうにもならない部分はありますが
シャッター幕は交換してシャッターの整備もきちんとやれば
全く問題なく使えるものもまだまだ多く存在すると思います。

お預かりしている「ⅣSb」は過去にシャッター幕交換を
明らかに行っており幕そのものはまだしなやかで
劣化も全く見られないのですが
交換時の施工が悪く幕本体を引っ張るリボンが
切れた状態になってしまっています。
リボンのみ交換するくらいであれば
一思いに幕ごと交換しても工数はそれほど変わりませんし
気持ち的にも安心度合いが違います。
さらにリボン部分だけではなく幕接着部等も
あまり良いとはいえない状態だったので総合的に判断し
今回は幕交換を行うことになりました。

少し話がそれますが
今回のⅣSbは問題なかったのですが
最近拝見するバルナックタイプのカメラで
シャッタスピードを確保するために
やたらと幕テンションを高くしている個体を多く見かけます。
シャッタースピードテスターで測定すれば一目瞭然ですが
幕速が異常に早く設定されています。
幕軸の汚れ等や幕の状態が悪いために
シャッターがスムーズに走行できない状態のものを
無理矢理とりあえず最高速で開くようにしたのだと思われますが
これをやられると幕軸のバネがバカになって
いくら幕軸の清掃や幕交換を行っても
まともな精度でSSがでなくなります。
衰えたご老体に鞭打つような調整は
本当に控えていただければと思います。。。
先日も一見問題の少なそうなⅣSbが
幕軸バネがテンション上げすぎで酷い状態になっており
修理不能で返品せざるを得ない案件がありました。。。

今回は前回の幕交換施工があまりよろしくなかったことが
原因でのリボン切れトラブルでしたが
そんなに無茶な設定をされているわけではなく
再度の幕交換の上、幕軸のメンテをきちんと行い
適度なテンションで調整させていただくことで
ⅣSbのセールスポイントの一つでもある
最高速1/1000のSSもまずまず良い精度が出ています。
1/1000として全く問題なく使っていただけるレベルで精度は出ています。
いろいろな部分の動きがスムーズになったおかげで
シャッター音もより静かになり
巻上もスムーズです。
ご依頼者様には改めて当時のキヤノン最高級機の使い心地を
堪能していただきたいと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスOM-1のカメラ修理

本日から今年も通常営業です。
年明け早々首都圏では
再び「緊急事態宣言」出される運びとなり
またまた不透明な先行きとなりましたが
私の仕事としてはこつこつ手元にあるものから
確実にこなしていきたいと思います。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

本日、1月6日は「まくらの日」だそうです。
枕、大事ですよね。快適に寝られるかどうかの
カギを握る部分だと思います。
私、大人になってからは横を向いて寝るようになったので
(あおむけだとなかなか眠れない)
肩を下にする分、枕に高さが必要なのですよねぇ
大抵の枕では高さが足りなくて
今も枕を二つ重ねてさらに二つに折って高さを稼いで使っています。
子供の頃は今とは逆であおむけでないと寝られなかったのですが
その原因は畳に直接敷かれた煎餅布団が固すぎて
横に向くと腰や背中に無理があるからだったようです(笑)
今はふかふかのマットレスを使っていますが
それでも横向いて長時間寝ると腰に負荷がかかるようで
10時間以上寝ると腰や背中が痛くて当分起きられなくなります(汗)
なかなか快適な睡眠って難しいですよねぇ。。。
でも寝不足はいろいろなトラブルの元となるので
睡眠時間はしっかり確保したいと思います。

さてさて

今年最初のカメラ修理は「OM-1」で始まります。
今年もたくさんのOM-1の修理がありそうな予感がしますねぇ
シンプルな機械制御シャッター機で
修理・整備もそれほど難しくないと思われる節がありますが
どこのメーカーもやらなかったダウンサイジングを
実践したカメラということもあり
色んな部分に工夫が見られ独創的な部分も多く
非常に調整等は難しいカメラです。
一度大きなトラブルにはまると半端なく苦労することも多いので
OM-1の修理は本当に油断ができません。

お預かりしているOM-1はまたもや露出計のトラブルです。
電池室端子は比較的しっかりしているようなので
配線か露出計本体に問題がある可能性が高いと思われます。
露出計トラブルも最近は苦労することも多いのです。
単純に接触不良とか配線不良なら良いのですが。。。
他にも低速シャッター時にはスローガバナが固着してしまい
シャッターが開きっぱなしになってしまいます。
全体的に動きが悪く高速シャッターの精度も出ていません。
定番のプリズム腐食が発生しており
こちらは交換で対応いたします。

装着しているレンズは当店のテスト用レンズです。
まだ現状をチェックを行っただけで
これから本格的に整備に取り掛かるのですが
外観は元々なかなかキレイです。
中身もしっかりリフレッシュさせて
快適に使っていただける状態に仕上げていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

今年も一年間ありがとうございました

当店ホームページトップでは
随分前から記載していますが
年内の営業は本日が最終日です。
明日(29日)から年末年始休業とさせていただき
年始は1月6日(水)からの営業です。
ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご容赦くださいませ。

当店もやはりコロナ禍の影響は
少なからず受けており
4月から5月にかけての緊急事態宣言中には
作業は行っていたとはいえ
店頭は閉店となってしまいましたし
それ以降もやはり昨年に比べれば
店頭来店の数はめっきり減ってしまいました。
当店の場合は全国各地から宅配便等での
依頼もあるとはいえ
やはり主になるのは来店可能な
首都圏エリアのお客様のご依頼です。
その部分に関しては
かなりのダメージがあったと言わざるを得ない状況です。

コロナの悪影響が本格的に出る直前には
私自身が病で倒れ1ヶ月弱の入院及び1か月少々の
突然の営業停止もあり
これも非常に大きなダメージではありました。
一人で何もかもやっている状況に加えて
ホームページの更新が店舗PCからしかできない環境もあり
SNSでは突然の閉店のお知らせが
数日後にはできたものの
SNSを見られないお客様には突然の閉店の
状況の説明もできないまま1か月近く放置することになり
非常にご迷惑をかけることになってしまいました。
さらに病気の後遺症もあり夏ごろまでは
作業の効率も上がらず
今でこそ笑って話せますが
少々厳しい状況に追い込まれていました(汗)
今はもちろんおかげさまで仕事には
ほぼ影響のない状態にまで
何とか回復することができております。

。。。といった感じで
なかなか逆風ばかりの1年ではございましたが
何とか事業を継続できていることは
厳しい中支えてくださったお客様のおかげでございます。
いろいろあった中で
環境も含めて五体満足に仕事ができることが
何よりも大切だということを再確認する1年だったような気がします。

来年は突然の離脱がないように
健康には留意してますます仕事に打ち込んでいければと思います。

来年も一つよろしくお願い申し上げます。

2020年12月28日
東京フィルムカメラ修理工房
迫田 行弘

ペンタックスMEスーパーのカメラ修理

今日は「浅草仲見世記念日」だそうですよ。
雷門から浅草寺へと続く参道の両脇に位置する商店街で
日本で最も古い商店街の一つだそうです。
この日に煉瓦(れんが)造りの
新店舗が開店したことに由来する記念日です。
現在は商店が立ち並ぶ通りは「仲見世通り」と呼ばれ
長さが約250mで、東側に54店、西側に35店、合計89店の店舗があります。
。。。2回くらいしか行ったことなくて
おまけにたいした買いものをした記憶もない。。。(苦笑)
やたらとハトが多くて餌を持っていた人が
ハトに襲われているように
囲まれている様子が強烈に印象的だったような。。。
レトロな商店街は好きですが
浅草仲見世はちょっと違うんですよねぇ。。。
いや良い悪いではなくて好みの問題で。。。
しかし。。。私、本当に東京の東半分には縁遠いなぁ。。。
あ、でもアメ横にはこのご時世でなければ
もっと頻繁に行ってみたいのですよねぇ。。。
さすがに今は人の多いところは敬遠したくなりますよね。。。

さてさて

本日は「ペンタックスMEスーパー」のカメラ修理を行っています。
先日、「ME」の修理をここでもご紹介しましたが
その「ME」をベースにマニュアル露出モードと
1/2000のシャッタースピードを追加したモデルが
「MEスーパー」です。
それまでの「Mシリーズ」ではマニュアル露出の可能なカメラが
機械制御シャッターの「MX」だけだったのですが
「MEスーパー」の登場で電子制御機でも
積極的に露出をコントロールできるようになったわけですね。
登場はMシリーズが始まった(ME・MX登場)から
3年後の1979年です。
マニュアル時のシャッタースピードの設定・操作は
従来のダイヤル式ではなくプッシュボタンで行います。
これは正直言って好みが分かれる部分かとは思いますが
ペンタックスはこのプッシュボタン式のSS操作を
次期Aシリーズや中判645シリーズでも採用します。
さらに忘れてはいけないのが
ファインダースクリーンが非常に明るい
「クリアーブライトマットスクリーン」に変更されました。
明るいだけではなく非常にピントの山がわかりやすいスクリーンで
ピント操作が楽しくなるほどです。

MEスーパーはMEを進化・改良し
エントリー機から高級機並みの
機能を備えるカメラになったわけですが
機械的な基本的構造はMEとほぼ同様です。
。。。ということで、ME系ではお馴染みの
ミラー駆動部のゴムブッシュ劣化を原因とする
トラブルが多発します・
今回、お預かりしているMEスーパーも
同じ原因によるトラブルで
巻上はできるものの巻上レバーと連動するように
ミラーアップしてしまい
巻上完了した瞬間にシャッターがそのまま切れてしまいます。
ミラーがダウン状態でロックできないため
シャッターもチャージロックされずにそのまま切れてしまうわけです。
同じ原因でミラーアップしたまま巻上ができなくなたっり
いろいろな症状が出ますが
ME系のカメラで巻上・ミラーの動き関連のトラブルの
大半はこのミラー駆動部ゴムブッシュ劣化が原因のほとんどです。
反対に言えばそれ以外のトラブルは
比較的少ないと言えるかもしれません。

装着されているレンズは当店のテスト用レンズです。
まだこれから分解修理に取り掛かる段階ですが
まともにシャッターが切れないため
ミラー駆動部の問題以外に
何かトラブルがあるのかどうかもよくわかりません。
まぁ、ME系のカメラは(ME-Fは除きますが)
少々何があっても比較的何とかなると思われるので
よっぽど変わったことになっていない限り
一通りの整備で快調な状態に復活できると思います。
(おかしな分解品や水没品でもない限り)
プッシュボタンの好みはあるにしても
非常に使い勝手の良い上に使用感の優れたカメラです。
少々残念のは定番のミラー駆動部トラブルのために
もうダメだと思われてそのまま眠っていたり
ジャンク箱で不遇な扱いになっている個体が多いことでしょうか。。。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンEXEEのカメラ修理

クリスマスも終わっていよいよ年末モードですね。
当店も年内は月曜日(28日)までの営業です。
店内の片付けや大掃除の準備もそろそろしなくては。。。
そんな中、今日は「プロ野球誕生の日」となっていますが
これはあくまでも「読売巨人軍」の前身である
「大日本東京野球倶楽部」が創立された日(1934年)なのですよねぇ
まぁ、現存するチームの中で最古のチームなのは事実ですが
「大日本東京野球倶楽部」はいわゆるプロ野球「職業野球」
チームとしては4番目にできたチームです。
日本初のプロ野球チームは1920年に結成された
日本運動協会だそうです。
ちなみにわれらが広島東洋カープが結成されたのは
戦後2リーグ制に分裂した「プロ野球再編問題」の
タイミングで1950年でした。
プロ野球も年俸更改も終わって話題がなくなってきましたねぇ
でも広島だとこの年末年始にカープの選手も参加する
番組の特集がいろいろ組まれていて楽しいのですよねぇ
まぁ、こっち(関東)にいると見られませんが。。。(苦笑)
今シーズン後半は少し明るい兆しがいくつも見られましたし
きっと来年は優勝争いしてくれると信じています!

さてさて

本日は「キヤノンEXEE」のカメラ修理を行っています。
1969年に発売されたカメラです
この時期のキヤノン一眼レフと言えば
FLマウント・FDマウントを搭載した「Fシリーズ」が本流ですが
このEXシリーズはちょっと変わった存在で
前玉だけを交換レンズとする形式です。
後玉はボディと一体式となっています。
交換する前玉群(交換レンズ)は35mm、50mm、90mmが用意され
後に125mmが追加になりました。
開放F値は50mmがF1.8で他はF3.5です。
従来のラインナップの入門機として発売されたシリーズです。
基本的にはシャッター速度優先オートで撮るカメラですが
マニュアル露出も可能です。
レンズマウントが特殊な部分が注目されがちなカメラですが
特徴的なのはそれだけではなく
空中像ファインダーが採用されています。
これはいわゆるマット面を持たないスクリーンが搭載されていて
ほぼ素通しとなるため非常に明るいファインダーが特徴です。
ただ、マット面がないのでピント合わせは
スクリーン中央のマイクロプリズム部でしか行えません。
ピントリングを回すとピントが外れるにしたがって
通常はマット面でボケていきますが
EXの場合は全く同じように鮮明に見えています。
見え方としてはレンジファインダーに近いという感じです。

お預かりしているEXEEは随分長い間眠っていたものと思われます。
あまり保存状態もよろしくなく
ファインダーやレンズには盛大にカビが発生しています。
外装の汚れやサビもなかなかのものです。
ある意味、掃除のし甲斐がある状態ですね。
シャッター機構はFXやFTとほぼ共通のものですが
Fシリーズ特有のシャッター幕の動きの悪いときに出る
「ギャイン」といった感じの耳障りなシャッター音が出ています。
これが出ているとシャッター速度は全く出ていない状態です。
さらに電池室は腐食が進んでいて露出計の電源は入りません。
うーん、フルコースで整備が必要な状態です。
でもこのくらいの状態でお預かりすると
完成時との差が非常に大きくてわかりやすいのは良いかもしれません。
いや、作業するのはなかなかに大変なのですが。。。(苦笑)
とにかく動くところは全て洗浄・注油です。
で、ガラス・レンズ関係はひたすらカビ除去+できる限りの清掃です。
これから本格的に作業に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスSPFのカメラ修理

少し早いけど「メリークリスマス!」ですね。
毎年同じことを書きますが
イヴ(eve)は「夜・晩」を意味する古語「even」から来たもので
「クリスマスの夜」という意味です。
キリスト教会暦では日没が一日の始まりで
クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるので
その間の夜である24日の夜のことを「クリスマス・イヴ」と呼ぶのですね。
決して「クリスマス前夜」という意味ではなくて
今日の日没から「クリスマス当日」なのですよ~
だから数年前から23日を「イヴイヴ」って呼ぶのは
おっかしいよなぁ。。。なんて静かに思っていました(苦笑)
某国内ヘヴィメタバンドの記念すべきデビューアルバム
『THE BIRTHDAY EVE 〜誕生前夜〜』も
ちょっとおかしな訳になっているのか。。。(笑)
いやケチつけているわけではないですよ。名盤中の名盤です!
話が少しそれました。。。
「バテレンの行事だから関係ないよ」って思うのもわかりますが
(うちのじいさんも昔そんなこと言ってた
でも毎年サンタは来てくれてたよ)
もはやクリスマスはお祭りみたいなものなので
楽しめる人は存分に楽しんじゃいましょう!
え?私?私は今日は普通のいつもの木曜日ですよ(汗)
でもクリスマスが終わるとすぐに年末ですね。
今年の仕事も今日を含めても残り5日間です。

さてさて

本日は「ペンタックスSPF」のカメラ修理を行っています。
大ヒットした「ペンタックスSP」の後継モデルです。
SPのデビューは1964年でその頃にはまだ
TTL露出計(ファインダー内測光の露出計)自体がめずらしく
SPは世界で2番目に発売されたTTL露出計内蔵カメラでした。
それから時代は流れSPのようにファインダー内を
実際の撮影時と同じ明るさに絞り込んで測光する
「絞込測光」から測光時も絞りは開放のままで
明るいファインダー像のまま測光できる「開放測光」へと
TTL露出計は進化していきます。
絞込測光を使ったことのある方ならお分かりかと思いますが
F11やF16に絞り込んだファインダーは非常に暗く
とてもとてもその状態でピント合わせは行えません。
先にピント合わせを完了しておいて測光するか
測光が終わった後に再び絞りを開放にしてピント合わせを行うか
作業を切り離して考える必要がありました。
そのため便利な開放測光が多勢を占めていくことになります。
。。。という背景もあり
SPの後継機であるSPFには「開放測光」の可能なカメラとなりました。
しかし開放測光を行うにはレンズの絞りリングがどこに
設定されているか露出計側に伝達させる必要があります。
M42マウントにはそんな伝達機構は元々ありません。
そこで絞り情報伝達機構を加えたペンタックスSMCタクマーレンズ群を
使用することにより開放測光を実現しました。
(SMCタクマー+開放測光自体は先に「ES」でデビュー済み)
従来のM42レンズ使用時には絞込測光で測光します。
露出計周り以外の機械的構造は基本的にはSPと同様です。
ただ細かい部分ではいろいろとブラッシュアップされており
より使いやすく安定した動きのカメラです。

とはいえ。。。寄る年波には勝てません。。。
お預かりしているSPFも
どこかが大きく破損しているわけではありませんが
経年劣化によるいろいろなトラブルを抱えています。
まず定番のプリズム腐食です。
プリズムに遮光のためにぐるりと外周に貼られている
モルトが加水分解し、プリズムの蒸着面も剥離してしまいます。
こうなるともはやプリズム交換または再蒸着しか手段はございません。
当店では再蒸着は行っていないので
中古良品のプリズムと交換で対応します。
ちなみにSPとSPFではプリズムのサイズが少し異なり
互換性はございません。
(SPFのプリズムのほうが少し大きい)
次にこれも定番と言えるミラーアップです。
今回もミラー駆動部のトラブルではなく
シャッター幕走行不良が原因かと思われます。
目視でも明らかに幕速が遅く感じます。
当然、この状態ではSSの精度は全く出ていません。
ここで無理矢理テンションだけあげて応急処置する方も
いらっしゃるようですが長続きしない上に
確実に幕軸のバネを傷めるので止めていただければと思います。
バカになったバネはもう元には戻りません。
走行不良はバネさえしっかりしていれば
幕軸をしっかり清掃して
注油を行うことでほぼ復活できます。
今回は妙な分解品ではないのは明らかなのでその点では安心です。

その他、ファインダーや装着されている
SMCタクマー55mmF1.8レンズは盛大にカビが発生しています。
こちらもできる限り清掃を行っていきます。
まだ現状チェックを行っただけで
上の写真も預かったままの状態で撮ったものですが
外観は非常にキレイです。
長年大切にされていたものだというのがよくわかります。
たとえ使っていなくても(逆に使っていないから)
動きが悪くなったり劣化が出てくる部分はたくさんあります。
今回、しっかりリフレッシュして昔と同じように
気持ちよく使えるように整備を行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMEのカメラ修理

今日は「東京タワー完成の日」だそうです。
1958(昭和33)年のこの日に東京・芝公園に
「東京タワー」が完成(竣工)し、完工式が行われました。
この日は「東京タワーの日」ともされるそうです。
いくらスカイツリーができて日本一の高さじゃなくなっても
やっぱり東京のシンボルは「東京駅」と
この「東京タワー」ですよねぇ。。。
私も都内に最初に移り住んできたときに
何はともあれ改めて東京タワーには行きましたものねぇ。。。
ライトアップもいろいろとバリエーションが豊富で
夜の首都高環状線(C1)なんかを走っていると
東京タワーが現れると「おおお」って未だに思います。
そういえば遠くから見ることは多くてもしばらく行ってないな
改めて写真でも撮りに行ってみましょうかね。
あ、でもスカイツリーは開業直前に真下から見上げただけで
普通に訪れたことないのですよね。。。
さすがにそっちのほうが先かな。。。(苦笑)
ちなみに今夜の東京タワーのライトアップは
「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」で
品川・横浜方面のメインデッキにはハートマークが点灯します。
いいですねぇ。。。こう聞くと見に行きたくなりますね。

さてさて

本日は「ペンタックスME」のカメラ修理を行っています。
ペンタックスMシリーズを代表するカメラと言っても思います。
Mシリーズとして最初にデビューしたのは
MEよりも一ヶ月早く「MX」がデビューしているのですが
「MX」はMシリーズ中唯一の横走りシャッター機械制御機です。
Mシリーズとしては「小型軽量化」と並んで
「電子化によるAE化」を推し進めていたことを考えると
本命はやはり「ME」だったのではないかと思います。
事実、その後に続くMシリーズのカメラは
基本的に「ME」をベースにしたカメラばかりです。
電子回路も先代Kシリーズの「K2」と比べると
かなり効率化された上に安定したものとなっています。
電子制御機ということで敬遠されることも多いような気がしますが
ME系カメラ(MEスーパーやMG,MV1も含む)の
トラブルのほとんどは機械的な要因によるものです。
定番トラブルの最たるものである「ミラーアップしたまま固着」も
ミラー駆動部のゴムブッシュ劣化によるものです。
電子制御回路自体のトラブルはかなり少ないと思います。
確かにそれでもまれに電子部品トラブルはありますし
そうなると修理がかなり:難しくなるもの事実ですが
あまりにそこにばかり神経質になる必要はないと思います。
個人的に思うのはかなり使用感の良いカメラで
軽やかで感触の良い巻上と上品なシャッター音
ピントの山の掴みやすいファインダーと
非常に使い心地の良いカメラだと思います。

お預かりしている「ME」はまずフィルムカウンターが動作不良で
裏蓋を開けてもゼロに戻ってくれません。
さらに出来上がりの写真を見ると光漏れが起こっているようです。
先述したミラーアップのトラブルはなく
快調にシャッターは切れていますが
オートはかなりアンダー気味になってしまっています。
加えてモード切替ダイヤルが異様に重く
切り替えるのにかなるの力を必要とします。
あまり無理をしていると壊してしまいそうです。
ミラー駆動部のトラブル予防も含めて
全体的にリフレッシュが必要な状態です。
Mシリーズのカメラはフィルム室だけではなく
カメラ内部のいたるところにモルトが使われているので
その交換も行う必要があると思われます。
今回の光漏れはフィルム室のモルト劣化が原因とは思われますが
フィルム室以上に内部モルトも劣化していると思われます。

装着されているレンズは当店のテスト用レンズです。
ワインダーが装着されちゃ状態でお預かりしました。
「Mシリーズ」はアクセサリーシステムが充実しているのも
冬至のセールスポイントのひとつでした。
現在ではアクセサリー類は
なかなか入手の難しいものも多いとは思いますが。。。
ちなみに当店では残念ながらワインダーやモータードライブ類を含む
システムアクセサリーの修理・整備は行っておりません。

まだ現状チェックを行っただけの状態です。
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンフォトミックFTnのカメラ修理

今日は「冬至」です。
北半球では太陽の高さが一年で最も低くなる日です。
そのため一年中で最も昼(日の出から日没まで)が短くなり
夜が最も長くなります。
北極付近では「極夜」となり
冬至前後は1日中、太陽が昇らなくなります。
ちなみに「極夜」の時期は
オーロラが最も綺麗に長く見ることのできる時期とされています。
オーロラもそうですが「極夜」とかその反対の「白夜」とかは
一度、体験してみたい気もします。不思議ですよねぇ
近年すっかり寒がりになってしまった私に
そんなことは無理なような気もするので
冬至ということで柚子湯(ゆずゆ)に入って
カボチャを食べましょう!
ちなみに「冬至」→「杜氏」と関連付けて
今日は「酒風呂の日」でもあるのですよ
一般的な家庭用の湯舟ならコップ1杯くらいの日本酒を
入れるのだそうです。肌がつるつるになって温まるらしいですよ~
去年は私もやりましたが。。。
「言われてみればそんな気がする」程度でした(苦笑)
もっと入れたほうがいいのかな。。。
もしかしたら今年も今夜あたり試してみるかも。。。
(2合くらい入れてみるかな(笑))

さてさて

本日は「ニコンフォトミックFTn」のカメラ修理を行っています。
名機「ニコンF」に「フォトミックFTnファインダー」が
装着されたモデルです。
「F」自体は露出計のないアイレベルファインダーを装着したモデルで
1959年に発売開始となりますが
その後、1962年に外光式露出計を備えた
フォトミックファインダーを装着した「ニコンFフォトミック」が発売され
さらに1965年にTTL平均測光に変更された
「ニコンFフォトミックT」
1967年には「T」を中央部重点測光に変更した
「ニコンFフォトミックTn」が発売されます。
そしてニコマートFTnに先行採用された
開放F値補正操作(いわゆるガチャガチャ)を搭載した
「ニコンフォトミックFTn」が1968年に発売されました。
それぞれのフォトミックファインダーは単体でも発売されていたので
元々アイレベルの「F」を「フォトミックファインダー」に
交換して使うことも自由自在です。
フォトミックファインダーだけではなくアクションファインダーや
ウエストレベルファインダーも単体発売されており
ファインダー交換式カメラならではの使い方や楽しみ方ができますね。
ただ、注意が必要なのはこの「フォトミックFTnファインダー」に限っては
ボディ側の製造番号が「68」以前のものにそのまま
装着することができません。
銘板の形状を変更しなくては装着できない構造になっています。
さらに「フォトミックFTnファインダー」を装着すると
シャッタースピードの設定がファインダー内で確認できるようになります。
これは嬉しい装備ですね。これで絞り値も表示されれば文句ないのですが
それは「F2フォトミック」登場まで待つことになってしまいました。

お預かりしている「フォトミックFTN」は
製造番号から判断すると1969年4月~6月に作られたものと思われます。
私と同い年な上に生まれた季節までほぼ一緒かと思われます。
お互いに歳とってボロボロだねぇ。。。と声をかけてしまいそうです(笑)
あ、いや、そんなこといったら「F」に失礼だな
私の方が相当にオンボロでポンコツです(苦笑)
結構な期間、使われずにご依頼者差宅で眠っていたものと思われますが
外装に多少くたびれた感はあるものの
シャッターはしっかり動作しており巻上感も悪くなく
さすが「ニコンF」といった感じです。
それでも多少は幕軸の汚れ等のため高速シャッターの精度は狂っており
スローガバナの動きもかなり怪しいので
一通りの整備は必要です。
さて心配されるフォトミックファインダーの状態ですが
さすがに露出計は電池を入れてみても全く反応がありません。
電源が入らないのは電池室端子の劣化か配線の劣化と思われ
修理可能ですしそれほど心配はしていないのですが
問題なのは内部の摺動抵抗の劣化具合です。
これが状態の悪いものが多く
抵抗体が剥がれ落ちてしまっているものも多いのです。
抵抗体が完全に剥がれ落ちてしまっていると
露出計指針が振り切ったままで明るさ・設定に全く反応できなくなります。
抵抗体が剥がれて抵抗がほぼゼロになってしまうからですね。
剥がれかけの場合はたまに指針が
振り切ってしまうという症状で現れます。
どちらにしても抵抗体は既に修理不能な箇所でございます。

まだ現状チェックを行っただけの状態で
これから本格的に分解整備に取り掛かります。
露出計に関しては今の段階では何とも言えない部分が多いのですが
今回は何とか使えるレベルになるのではないかと思われます。
それにしてもアイレベルファインダー装着時の
スマートさに比べるとかなり武骨なイメージになりますね。
でもこれが見慣れてくると「何だか強そうでいいな」なんて
思えてくるのですよね。
うちのじいさんが私が幼い頃、私を写すときに
一番使っていたのがフォトミックTだったのですが
その時も「なんだか強そうなカメラだなぁ」と思っていました(笑)
ご依頼者様はかなり若い方ですが
整備したフォトミックを使っていただいて
少しでも60年代~70年代の空気感を味わっていただければとも思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスOM-1のカメラ修理

今日は「大洗濯の日」らしいですよ
年末恒例の「大掃除」と同じように
家にある布団カバー、毛布、カーテンなどの大物も
洗って新しい年を迎えましょう!ってことですね。
言われてみれば毛布しばらく洗っていないかも。。。(苦笑)
私、近年少し寒がりになったこともあり
夏だろうが冬だろうが敷き毛布に掛け毛布
年中毛布2枚使っているのでね。
夏はさすがにそのままでは暑いので
冷房ガンガンかけてキンキンに寝室を冷やすのですが。。。(笑)
で、夏以来、毛布洗っていない気が。。。(汗)
はい、近所のコインランドリーで毛布も洗って
乾燥機にかけてさっさと洗ってしまいましょう!
この辺はコインランドリーも徒歩圏内に何か所もあるし
干す手間とかを考えたら普段の洗濯も家で洗うより
コインランドリーで洗って
そのまま乾燥機にかけてしまうほうが
効率いいのですよねぇ。。。
大物は毛布と布団カバーくらいですね(自宅はカーテンはない)
今日は無理だけど近日中にすべて洗ってしまいます。
それよりも今年はお店の大掃除が
例年に比べても大変そうで今から少し憂鬱です。。。

さてさて

本日は「オリンパスOM-1」のカメラ修理を行っています。
。。。今月2台目でしたかね。。。
きちんと集計したわけではありませんが
機種別でみるとおそらく修理依頼数最多なのは
ぶっちぎりでOM-1ではないかと思います。
それだけ人気があり今でも使っている方が多いということですね。
おそらくニコンF・F2やキヤノンF-1も
人気度合いでいえば決して負けていないとは思いますが
OM-1は同時代の他メーカフラッグシップに比べると
圧倒的に軽量コンパクトなため
「これからフィルム始めます!」という方にも
とっつきやすいカメラなのだと思います。
ただ、その軽量コンパクトさは両刃の剣で
頑丈に作ると大きく重くなるところを
ギリギリまで無駄を省き
独創的な工夫を凝らしてあるカメラでもあるため
多少華奢な部分があるのも事実です。
現行モデルだった頃には全く問題なかった部分も
さすがに40年以上経過すると脆くなってくる部分もあるので
他の大きく重いフラッグシップ機に比べても
定期的に念入りに整備を行わないと
トラブルが起こる可能性も少し高いのではと思います。

今回お預かりのOM-1はかなり初期のモデルです。
おそらく「M-1」から「OM-1」に改名されて
すぐの生産時期かと思われます。
フィルム室のスタッドは4本立っていて
裏蓋の圧版も短いものです。
接眼レンズ位置も浅く、上カバーを開けてみると
プリズムは4本バネで留められているタイプです。
カバー以外はほぼ「M-1」と同一です。
ただプリズムはおそらく一度交換されていると思われます。
そのときに露出計周りの配線も変えられている模様です。
巻上レバーもこの時期のものではなく
一度交換が行われているようです。
もちろん機能的には全く問題はない部分ばかりです。
シャッターは若干の調整は必要ですが
基本的には快調に動作しており
巻上の感触も悪くありません。
モルトはさすがに全滅ですが
プリズム周りには腐食対策が既に施されています。
ただしプリズムや接眼レンズには随分カビが発生しています。
最大の問題は露出計が全く動きません。

パターン的には電池室端子部のハンダ付け及び
リード線の断線が多いのでまずは底カバーを外して
その辺りをチェックしていきます。
一緒にトラブルの多い三連ギアの動きも確認していきます。
。。。電池室及び配線には特に問題ないようです。
ちょっとイヤな予感が。。。
この後、上カバーを開けてSW部の確認等もしていくのですが
どうやら今回は露出計本体が完全にダメなようです。
最近、メーター本体内部で
断線しているOM-1が多いような気がします。
こうなるとメーター交換が無難な対処法ですが
それにしてもOM-1のメーター交換は
なかなか手間な作業なのです。
。。。気を取り直して落ち着いてから
慎重にメーター交換を行うことにしましょう
その前に分解を進めて幕軸周りや
巻上関連の整備を先に行っておきます。
露出計の件はもちろんですが当分何もしなくても
問題なく動くように一通りの整備を並行して行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。