マミヤ35S2のカメラ修理

今日は8月最初の土曜日ということもあり
全国的に花火大会が多い日ですね。
昔はよく花火も撮りに行きましたが
場所取りから始まって丸1日仕事になるんでよねぇ。。。
ちなみにISO100のフィルムを使って花火を撮る場合
距離にもよりますがシャッターはバルブで
絞りはF11あたりが良いと思います。
1枚にたくさん入れ込んだりする場合は
黒い厚紙を持っておいて
シャッターは開けたまま次の打ち上げまで
厚紙でレンズを覆っておくようにすれば便利です。

さてさて

本日は「マミヤ35S2」のカメラ修理を行っています。
このタイプのマミヤもいわゆる「モデル名表記」がなく
モデル名に特定に苦労します。
マミヤ35シリーズはかなりの種類があり
特に1950年代後半~60年代半ばまでは
毎年のようにいろいろなモデルが発売されています。
今回の「35S2」は1959年の発売で
いわゆるレンズ固定式の距離計連動機ですね
搭載するレンズは
セコール48mmF2.8(F1.9のものもある)
コパルSVシャッターを搭載し
シャッター速度はB・1秒~1/500です。
非常に実用性の高いカメラで
個人的には上カバーの巻上・巻戻部が一段下がり
さらにその下にプレスラインのあるデザインが何ともステキです。

お預かりした「35S2」ですが
まずB以外のシャッタースピードが
どこに設定しても同じ速度で切れてしまっています。
加えて若干のシャッター羽根の粘り見受けられます。
この時代のレンジファインダー機の二重像は
もともとそんなに濃く見えず、二重像を映し出すエリアも
小さくてなかなかピント合わせしずらいのですが
この個体はほとんど二重像が見えません。
ファインダー内のハーフミラーを
(このハーフミラーに二重像が映し出される)
外してみると蒸着はまだまだしっかりしているのですが
カビ等で随分汚れていました。
蒸着が剥がれないように慎重に清掃を行います。

まずはシャッタースピードが変化しない原因を探っていきます。
原因をある程度特定してから
本格的にシャッターユニットを分離して
各部点検整備一式を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ビューティライトマチックⅡのカメラ修理

今日は8月4日ということで「はしの日」だそうですよ
「箸の日」でもあり「橋の日」でもあるようです。
私は左利きなので箸は左手で持つのですが
「持ち方が悪い!」と子供の頃はよく怒られました(笑)
いまだにあまり持ち方は美しくないと思うのですが
箸の持ち方とか使い方って大事ですよね。。。
毎日のことだからついつい適当に使っていますが
キレイに箸を使えるよう日頃から意識しなくちゃいけませんね!

さてさて

本日は「ビューティライトマチックⅡ」のカメラ修理を行っています。
「ビューティ」というと元々は「太陽光機」というメーカーで
このカメラが発売された頃は「ビューティカメラ」と社名変更された
メーカーのカメラです。
もともとは「太陽堂」というカメラ屋さんで
メーカーとしては倒産してしまいましたが
カメラ屋さんの「太陽堂」はほんの数年前まで
都内で営業を続けていたそうです。
カメラとしては二眼レフの「ビューティフレックス」が有名ですね。

今回の「ライトマチックⅡ」は1960年の発売です。
ずっしりとした高級感のある総金属製のボディに
45mmF1.9の大口径レンズを搭載したレンジファインダー機です。
シャッターはコパルSV、連動型のセレン式露出計を搭載します。

実は既に整備は完了していて
シャッター羽根洗浄や注油を行ったので
ちょっと様子見している状態です。
重厚感のある時代を感じさせる佇まいですね。

お預かりした当初は
全体的にサビが多くシャッター羽根も粘り
巻上も含めあちこちの動作部分が重い状態でした。
分解して徹底的に洗浄・注油を行い
再調整をしたところか快調に動作するようになりました。
ただし、少々残念なのは露出計で
当初は全く動作していなかったのですが
何とかセレンは生きていて動作するようになったのですが
感度リング下の摺動抵抗がかなり劣化しており
非常に不安定です。
これはさすがに交換部品がありませんので
ここはできる限りの調整となってしまいました。

それにしてもこの時代のカメラは
大手のカメラメーカーだけでなく
今回のような小さなメーカーのものでも
質感が高く眺めているだけでも楽しいですね。
どんな写真が撮れるのが非常に楽しみな1台です。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

 

ローライ35Sのカメラ修理

今日は「はちみつの日」だそうですよ。
言われてみれば最近あまりはちみつを
普通に食べていないような気が。。。
ハチミツ入りの飲み物くらいしか。。。
子供の頃にアツアツのトーストによく塗って食べてました。
あ、ホットケーキにももちろんかけますよね。
昔ながらの普通のホットケーキ食べたくなってきました。。。

さてさて

本日は「ローライ35S」のカメラ修理を行っています。
ローライ35といえば言わずと知れた高級コンパクトカメラの
元祖と言っていい存在ですね。

ところで。。。
当店では国産機の修理がメインで
舶来モノはあまり受け付けていないのですが
レンズシャッター機や二眼レフに関しては
モデルと状況によっては受け付けています。
ただし、部品のストックを持っていないので
部品交換を伴う修理は受付できない状況です。

話を戻します。。。
「35S」ということはゾナー40mmF2.8を搭載した
「35」の高級版と位置づけされたモデルですね。
発売開始は1974年です。
このローライ35の影響で
国産コンパクトもこぞって小型化が一気に進み
同じような目測式でハーフ判なみに小さなカメラが
たくさん開発・製造されました。
それでもローライ35のレンズやデザインの魅力は
全く色褪せなかったと思います。

今回、お預かりしている「35S」は
ご依頼者様が数年来愛用されている個体です。
今でも普通に撮影できている。。。とのことなのですが
シャッターダイヤルが1/60と1/125の間で
たまに引っかかるような感じで動かなくなります。
いろいろ触っていると「すっ」と動くようになるのですが
速写性も魅力のひとつであるローライ35で
これはちょっといただけません。
ご依頼者様はこの状態でしばらく使っていたとのことですが
かなり不便だったのでは。。。と思われます。
少々話がそれますが
今回のように動きの悪いものは決して無理に動かさず
なるべく早めに修理に出していただければと思います。
無理に動かすことでもっと大きなトラブルを
起こす可能性が非常に多くありますので。。。。

今回はダイヤル裏の部品を
露出計動作のための部品が乗り越えてしまうために
引っかかってしまうようでした。
大事にはいたりませんでしたが
やはりこの状態で動かしていたために
一部の部品が削れてしまっていました。

分解整備を行っているので
当然、各部の点検調整、精度出しを行っています。
露出計もできる限り調製させていただいております。
巻上レバーの動きに少々難がございましたので
それも調整し快適に動作するようになりました。

こうやって眺めていても全く飽きの来ないデザインです。
やはり文句ナシにカッコ良いカメラですね!

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンDのカメラ修理

今日は「カレーうどんの日」だそうですよ。
普通の「うどん」は私の生まれ育った「呉の細うどん」が
私の中では最も大好物なのですが
「カレーうどん」となると広島市内を中心にチェーン展開している
「ちから」のカレーうどんが最も美味しく感じます。
ひとことで言うと「昔ながらのとっても優しい味」なんです。
一緒に売られている「おはぎ」にもつい手が伸びてしまいます。
広島へおいでの際は是非ご賞味くださいませ。

さてさて

本日は「オリンパスペンD」のカメラ修理を行っています。
当時の「ペンシリーズ」の最上位モデルとして
1962年に登場いたモデルです。
ズイコー3.2cmF1.9の大口径レンズを与えられ
シャッタースピードも最高速1/500が与えられました。
シャッターユニットはコパルXを搭載します。
さらにセレン光電池で駆動するLV表示の露出計も装備されました。

今回お預かりしているペンDは
もともと、ご依頼者様のお母様のカメラだそうです。
まずはセレン光電池が劣化しているようで
ほとんど反応しない状態です。
LV15(ASA100時にF16・1/125が適正、快晴の日なた相当)の光を当てても
かろうじてLV7(ASA100時にF2・1/15が適正、室内の明るさ相当)を
指すか指さないかくらいしか反応しません。
セレン光電池の交換しか手段がないと思われます。

ちなみにペンDの露出計表示はLV(ライトバリュー)表示です。
絞りやシャッタースピードが表示されているわけではございません。
そこから絞り値、SS値に変換するのは
普通の方では大変なことですよね。
ペンDに限らずLV表示の非連動型露出計を
装着されているカメラのほとんどは
シャッタースピードリング、絞りリングのあたりに
LV値表示窓が装備されています。
(現在セットされているSS,絞りだと何LVに相当するかを表示する窓)
これを見てSSや絞りを設定しLV値を合わせるわけですね

話を戻しますが
他にもシャッター羽根に粘りが見受けられ
レンズにはカビが生えているようです。
シャッターユニット周りを中心とした
各部点検整備一式をこれから行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスESⅡのカメラ修理

今日は「梅干の日」だそうですよ
子供の頃は苦手で
大人になってから好んで食べられるようになったものって
たくさんあると思いますが
私にとっては梅干もそのひとつです
今ではコンビニのおむすびも梅干入りをよく買いますし
たまに炊き立てのご飯に強烈に酸っぱい梅干が
欲しくなったりします
あ、焼酎お湯割りに梅干入れるのも美味しいんですよねぇ~

さてさて

本日は「ペンタックスESⅡ」のカメラ修理を行っています。
大ベストセラー機、ペンタックスSPに絞り優先オートを
組み込んだモデルですね。
発売は1973年、外観や基本的な構造は
前身のペンタックスESとほぼ同じですが
電子回路は大幅な見直しが行われています。
ESで省略されていたセルフタイマーも復活しました。
同時期に絞り優先オートを搭載し
ライバルとなったのはニコマートEL、キヤノンEF、
ミノルタXE。。。といったところでしょうか。。。

ペンタックスES系は電子基板に問題があると
修理不能の可能性もあるカメラです。
今回、お預かりしている個体は
ご依頼者様のお父様が使われていたものとのことですが
まずは露出計の電源が入りません。
加えて定番のプリズム腐食が発生しています。
メカニカルシャッターも後幕の動きが悪いようで
かなり露光ムラの出る状況になっています。

電子制御カメラの電子基板といえば
ペンタプリズム周りに配置されているのが一般的ですが
ES系の場合、メイン基板はかさ上げされた
底カバー部にあります。ちょっとめずらしい構造です。
ESⅡの場合はマウントエプロン部が下に伸ばされて
そこが電池室となっています。
ニコマートELといいこのESⅡといい
この時代の電子制御機は電池室に苦労が見受けられます。

露出計不動の原因はSW部にあるようで
何とか修理できそうです。
ただし、オートや露出計の精度は大きくズレているので
シャッター周り等々の整備を行った上で調整していきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパス35DCのカメラ修理

今日は「福神漬の日」だそうですよ
正直言ってカレー食べるときくらいしか
お目にかかりませんがカレー屋さんとかで
取り放題の所だと山盛りにいただいちゃいます。
特に辛いカレーのときに合うのですよねぇ。。。
思い切り辛いカレーを汗流しながら
食べたくなってきました(笑)

さてさて

本日は「オリンパス35DC」のカメラ修理を行っています。

とはいえ、今日はまだ分解に取り掛かれていません(汗)

1971年発売のカメラで
コンパクトで写りも良く今でも人気のカメラですね。
セイコーの機械式シャッターを搭載しますが
露出計が振れていないときはシャッターロックがかかるため
電池を入れないとシャッターが切れません。
前期モデルと後期モデルが存在しますが
今回はバッテリーチェックランプが背面に付いた
後期モデルです。
もちろん電池は入っていないといけませんが
空写し等で強制的にシャッターを切りたい場合には
このバッテリーチェックを押しながらシャッターを切ると
レンズキャップをしていてもシャッターを切ることができます。
(前期型は底面の「F」ボタンを押しながら切ります)

さて、まずは現状チェックです。
このカメラは電圧変換型の電池アダプタを使うと
バッテリーチェックが点灯しなくなるので
1.5Vで使うことを前提とします。
まず。。。バッテリーチェックがそれでも点灯しません
加えて1.5Vなので多少はアンダー目に振れるのは予想していましたが
露出計は3段アンダー、オートは2.5段アンダーです。
これはさすがにネガだとしてもまずいですね。
35DCといえば感度設定環の変形による固着が多く
交換しか手段がないことが多いのですが
今回は大丈夫のようです。
この個体も長い間使われていないものということなので
モルトは全滅、ファインダー、レンズに汚れ、一部カビも見えます。
全体的にリフレッシュが必要ですね。

これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンSのカメラ修理

今日は「菜っ葉の日」だそうですよ。
広島菜か野沢菜のお漬物で
炊きたてのお米を食べたくなりますねぇ~
お金があまりなかった頃
(今でもありませんが。。。(汗))
菜っ葉のお漬物だけで
毎晩、お米1合半食べてた時期がありましたねぇ
今でもたまに無性に食べたくなってやりますが。。。
いや、1合半はもう無理だな。。。(笑)

さてさて

本日は「オリンパスペンS」のカメラ修理を行っています。
初代ペンの高級バージョンとして登場したペンS
発売開始は1960年です。
シャッターはコパル製で3cmF2.8のレンズを搭載します。
随分後になってから2.8cmF3.5のレンズを搭載したものも追加されています。

オリンパスペンシリーズはハーフ判の定番カメラとして
非常に長く人気だったカメラで初代ペンが1959年の登場で
最後まで生産されていたペンEE-3は1986年まで生産されていました。
その中でも「ペンS」は人気のモデルですで
現存個体数も多いと思われます。
しかしながら、50年以上経過しているカメラなので
コンディションの差が非常に大きく
未整備のものはまともに動作しないものも多いと思われます。

今回、お預かりしたペンSもかなり長い間
使われていなかったらしく
シャッターは切れず、レンズにはカビ・クモリが見受けられ
外装もサビが多い状態です。
レンズもクモリは場合によっては修復不可なものもございますが
構造的にはシンプルなカメラなので
ショック品や分解品でない限り
普通に使える状態にはメンテナンスが可能です。

目測式のレンズシャッター機なので
フィルム巻上以外の機械的な部分は
手前のレンズユニット部分に集中しています。
シャッターが切れないのは定番の羽根固着が原因ですが
これからシャッターユニットを分解して
清掃点検整備調整を行います。
レンズシャッター機はどれもそうですが
特にペンはほんの小さなバネの力で
一生懸命シャッター羽根を動かしているその様子が
何とも愛おしく感じてしまいますね(笑)

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーXR500のカメラ修理

今日は「スイカの日」だそうですよ。
晴れ渡った夏の午後にスイカにかぶりつく姿を
想像しただけで何とも言えず懐かしい気持ちになりますね!
当時は赤い部分が1mmたりとも残らないように
「もうそこは実じゃないよ!」っていうところまで
むしゃぶりついてましたね(笑)

さてさて

本日は「リコーXR500」のカメラ修理を行っています。
XRシリーズの代表的な1台ともいえるモデルです。
発売開始は1978年
50mmF2のレンズが付いて39,800円という
当時としては価格破壊的な設定でデビューいたしました。
このXR500に代表される、この頃のリコーのカメラは
決して高機能なわけではなく、高級感があるわけでもないですが
基本的な部分をしっかり押さえ
安価だけど使いやすい玄人好みなカメラに仕上がっていると思います。

XR500はその魅力的な価格設定のせいもあり
爆発的に売れたカメラです。
現在でもかなりの台数が現存すると思われます。
シャッターそのものは機械式ということもあり
動作しているものが多いとは思われますが
外装を含め、程度の良いものとなると
なかなか探しにくいのではないかと思われます。

今回、お預かりしたXR500は
まず、露出計が全く動きません。
さらにレンズ着脱ボタンが脱落しており
レンズを装着した際にロックがかかりません。
今回はさらにお客様の要望で
腐食が目立つミラーの交換を行います。
ミラー交換を行うと
ファインダー上のピントがズレる場合もございますので
慎重な作業が要求されます。

ダイキャストは非常にしっかりしていますが
上カバー等はプラスチック製で
そんなに強度も高くはありません。
「RICOH」のロゴの下の留めネジ部分が
割れている個体も多く見かけます。
今回お預かりの個体は外観は非常に程度が良いと思います。
これからシャッターユニット、ミラー駆動部の
点検整備にとりかかります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンFのカメラ修理

今日は「幽霊の日」だそうですよ。
四谷怪談にちなんだ記念日ということですが
この季節に怪談やホラーは定番ですし
いいですよねぇ~
怪談やホラーはすっごく好きですが
霊魂とかは全く信じてなかったりします(笑)
人の目に見えない何らかの怪奇現象はあってもおかしくないと思いますが
それが人の霊なんて。。。ねぇ。。。
それはともかく劇場で冷や汗が止まらなくなるような
ジャパンホラー映画が見たい今日この頃です(笑)

さてさて

本日は「オリンパスペンF」のカメラ修理を行っています。
ちょっと久しぶりの登場ですね
何度も書きますが「孤高のハーフ判一眼レフ」ですね!
1963年に発売開始、60年代前半の登場というところも
ちょっと驚きですよね。
まだ35mm版の一眼レフが本格的に普及し始めて
間もない頃ですものね。
上カバー部に出っ張りがなくレンズがオフセットされた
独特のフォルムですが
フォルムだけでなく中身の機構も
他のカメラに見られないユニークなものです。
パックマンのような一部が欠けたチタン製の円盤が回転する
ロータリーシャッター、水平方向に動作するミラー、
通常のペンタプリズムではなくポロプリズムを採用
細かいところまで挙げるとキリがありませんが
とにかく変わった構造をしています。

個人的にはこの後、登場する露出計付きの「FT」より
二回巻上の花文字「ペンF」のほうが好みだったりはします。
よくあるトラブルは下記3点でしょうか。。。

・ミラーアップしたままになる
・スローガバナ関連のトラブル
・プリズム腐食

2番目のスローガバナ関連のトラブルは
他のカメラのスローガバナトラブルと違い
ペンFの場合は1/500以外の全てのSSにガバナが
関わっているので低速だけの問題ではございません
(ということは「スローガバナ」って書くのは間違いかな)

3番目のプリズム腐食に関しては
現在、腐食のないプリズムの確保が非常に困難になっています。

今回、お預かりしている「ペンF」はペンFの修理の中で
最も多いと思われる「ミラーアップしたままになってしまう」というトラブルです。
ミラー駆動部も通常の一眼レフとは全く違う構造ですが
ここがバネのテンション抜けだったり、汚れによる固着だったりで
動きが悪くなることが非常に多いです。

写真は一通りの分解整備を終えた後です。
ミラーボックスを取り外し徹底的に洗浄を行った後、注油いたしました。
もちろんシャッターユニット周りの点検整備も行っています。
今回のペンFのプリズムは腐食もなくキレイでしたが
ペンFのキレイなプリズムは年々手に入らなくなってきましたね。
これから最終チェックを行い、必要があれば最終的な微調整を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

コニカSのカメラ修理

1969年7月24日
初めて月面に人類を立たせた「アポロ11号」が
無事に太平洋上に帰還しました。
1969年って私が生まれた年でもあるのですよね。。。
それから今日で48年が経過しました。
私が子供の頃には
「もしかしたら大人になった頃には
気軽に月旅行に行けるのでは???」
なんて思っていましたが
そんなに現実は甘くはないようですね(笑)
いずれは行けるようになるとは思いますが
残念ながら私は生きてないかな(汗)
うーん、月面から満地球とか半地球とか三日地球とか
見てみたかったなぁ(笑)

さてさて

本日は「コニカS」のカメラ修理を行っています。
発売は1959年、この前のモデルであるコニカⅢから
デザインを一新し直線的なフォルムとなったモデルです。
セレン式の露出計を搭載し、シャッターはコパルSVを搭載
レンズはヘキサノン48mmF2です。
ダークグレーの貼り革が何ともオシャレですね。

お預かりしているコニカSは
随分長い間、使われずに仕舞いこまれていたようです。
巻き上げてみると。。。巻上が随分重いですが。。。
何とか巻き上がり、シャッターボタンを押すと
「カッシャン」何とか切れましたが
シャッター羽根はゆっくりと開きました。
油シミによる羽根の粘りが確認できます。
心配されるセレンは比較的元気なようですが
シャッタースピードリング内側にある抵抗が
劣化しているようでリングを回していくと
ところどころで完全に露出計の針が振り切れます。
他にもカウンター窓の白濁
ファインダー接眼レンズの割れ、等々
全体的に手を入れていかなければならない状況です。

この頃のカメラからファインダー部がユニットで外せるようになり
メンテナンスは少し楽になりましたね。
ちょっと心配なのがSSリングの抵抗です。
交換しか手段がないと思われるのですが
(下手に清掃するともっと悪くなる)
なかなか状態の良いものがないのです。
部品取用のボディは数台確保してあるのですが。。。
良いものがあるかどうか。。。
その前にまずはこれからシャッターユニットを分離して
シャッター羽根の洗浄から行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。