admin のすべての投稿

キヤノンⅡD改のカメラ修理

今日は「百円玉記念日」だそうですよ。
1957年(昭和32年)12月11日に百円硬貨が発行されたそうです。
それまでは百円札だったのですね。
現在の百円玉は1967年(昭和42年)から
発行されている白銅貨ですが
それまでに発行されていた百円玉は銀貨なのですね。
(鳳凰百円銀貨と稲百円銀貨)
現在の価値で計算すると
額面以上の銀が入っているということです。
子供の頃に家中探し回ったけど見つかりませんでした(笑)

さてさて

本日は「キヤノンⅡD改」のカメラ修理を行っています。
発売開始はまだ100円札が現役だった1955年です。
キヤノンのバルナックコピー機は毎度のことながら
モデルの判別が難しいカメラですが
今回はシャッタースピードは倍数系列
最高速は1/500、フラッシュレールが未装備、等々から
「ⅡD改」だと思われます。
このあたりのモデルは基本的構造は同じなので
キャノンお得意の変倍ファインダーはもちろん装備されています。

この時代のフォーカルプレーンシャッター機は
未整備であればかなり高い確率でシャッター幕が
劣化して使いものにならないことが多いのですが
今回もやはりシャッター幕がガチガチに硬化して
波打っている状態です。
ゴム引きも一度溶けて再び固まったような状態で
とりあえずシャッターは動作しますが
まともなシャッタースピードは出ない状態です。
ファインダーもクモリが酷く二重像はかなり見えづらく
付属のキヤノン50mmF1.8はレンズそのものはキレイなものの
ピントリングは重く
絞り羽根にはべっとり油が付着している状況です。

裏蓋のない構造のこの時代のカメラは
まずシャッタースピードを計測するだけでも大変です。
写真は作業途中のものですが
この状態にしないとシャッタースピードの計測も行えません。
手前に写っているのは60年以上がんばってきた
シャッター幕(先幕)です。シワシワのカチカチで
これまでの年月の長さを感じますね。

まずはシャッター幕の交換から行います。
何度も行っている作業ですが少々重作業です。
しなやかな新しい幕に張り替えてSSの調整、
ファインダーの清掃、付属のレンズの整備と
普通に撮影に使えるように整備していきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

 

ニコンFEのカメラ修理

1968年(昭和43年)のこの日は
いわゆる「三億円事件」のあった日ですね。
白バイ警官を装った犯人が
社員へのボーナス3億円を強奪した事件ですね。
これをきっかけに給与・賞与は口座振込への流れが
加速したとのことです。
以前、勤めていた会社では普段の給料は
もちろん振込なのですが
特別報奨金とかは現金手渡しで
金額も公開しながらくれるのですね。
私なんかはずっしりとしたものにはなりませんでしたが
現金手渡しもなかなか気持ちの良いものでした。。。

さてさて

本日は「ニコンFE」のカメラ修理を行っています。
当店の修理依頼も非常に多い人気モデルですね。
発売開始は1978年のニコンのいわゆる中級機ですが
操作も大きさもいい塩梅にちょうど良い感じで
個人的にも好きなカメラのひとつです。
2つの指針を持つ露出計も非常に感覚的に見やすいもので
F3あたりもこの露出計にしてくれればいいのに。。。と
昔からよく思っていました。
絞り優先AEを搭載しますが
先述の露出計の見易さと絞り値もファインダー内で確認できることから
マニュアルでも非常に使いやすいカメラです。

お預かりしているFEは
操作方法を間違えたか何らかのショックを与えてしまったのか
巻き戻しクランクが一部歪んでしまっているようで
裏蓋が開けにくく巻き戻しも回しにくい状態になっています。
FE/FM系はニコンらしく堅牢な造りなのですが
この巻き戻しクランク周りのトラブルは
少々多いような気もします。

今回はそのクランクの修理も含めた
各部点検整備一式でのご依頼ですが
現状チェックのため測定機にかけてみると
1/1000はかなり不安定なようで
1/2000以下で切れることが多々あるようです。
場合によっては開いていないこともありそうです。
全体的に高速シャッターは早めに切れている(スリットが狭い)ようです。
それに関連している部分もありますが
オートも随分アンダー目に切れてしまっています。
モルトは全滅でファインダー内にも
モルト屑がかなり入り込んでいます。
快適に使っていただくには
やはり全体の整備が必要な状態です。

毎回書いているような気もしますが(笑)
電子制御シャッターとはいえ
FEは電子基板関連のトラブルは少ないカメラです。
今回に限らず
きっちり整備すればまだまだ快適に使える個体は多いと思います。
比較的手に入れやすいモデルでもありますので
これからフィルムカメラを始める方にも
お勧めできるカメラだと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタSRT101のカメラ修理

ここ1週間くらいで一気に
寒くなってきたような気がしますね。
このくらいの寒さになってくると
晩ご飯のお鍋比率が高くなってきますよね。
個人的にはやはり「牡蠣の土手鍋」が大好物です!
日本酒にも文句なしに合いますし
翌日に雑炊にするとこれがまた美味しいのです!
。。。と書いていると完全に脳内がお鍋モードになってきました。
今日の帰りはスーパーで買い物して帰りましょう(笑)

さてさて

本日は「ミノルタSRT101」のカメラ修理を行っています。
ミノルタの機械制御シャッター機の中では
最もよく売れたモデルなのではないかと思われます。
ミノルタ初のTTL測光採用モデルでもあるのですが
丈夫な上に使用感に優れ、約7年間生産されました。
(発売開始は1966年です)
後継機でもある「SRTスーパー」や「SR505」等々のモデルも
基本的にはSRT101の改良型です。
この後、ミノルタは「Xシリーズ」に主力を移していき
メカニカル機としては実質的にこのSRTシリーズが
最後となってしまうわけです。
こうして考えるとミノルタの電子化への転換は
時期的にも早かったというのがよくわかりますね。

お預かりしているSRT101はロングセラー機である
本機の中でも初期のモデルです。
外観的なわかりやすい目印はSSダイヤルの外周が
黒塗装であることですね。
。。。とはいえ外観的な違いはそのぐらいで
内部の部品は実はいろいろ変更もあるのですが
そんなに際立った違いはありません。
まずは現状チェックですが
露出計、バッテリーチェック、ともに全く動きません。
シャッターは先幕の動きが悪いようで
1/1000の場合、最初の開き始めは1/1000なのですが
画面中央では1/2000、最後の1/3はほとんど開いていません。
1/1000~1/125までは画面の両端でかなり露光差がある状況です。
幕軸の汚れ・油切れだと思われます。
巻上感触、ミラー動作からも油切れの兆候が見られます。

写真は一通り整備を行った後のものです。
注油した油が馴染んで動きが落ち着くまで
少し時間をおいているところです。
こうしてみると、この時代の一眼レフらしい
端正な佇まいですね。
ブラックも良いですが、シルバーが似合っているような気もします。

この後、微調整の後、最終チェックを行って完成となります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ローライC35のカメラ修理

今日は12月8日、いわゆる「事納め」ですね。
日常の農事雑事はこの日で終わらせて
お正月の準備に入るということですが
現実には年末に向かってラストスパートといった感じでしょうか。。。
まだまだ「事納め」とはいきませんが
「お事汁」は食べたいですねぇ。。。(笑)

さてさて

本日は「ローライC35」のカメラ修理です。
「C35」はいわゆる「ローライ35」を
普及版として発売された「B35」から
さらに露出計を省略し非常にシンプルにしたモデルです。
この時代の露出計装備モデルは
どうしても露出計に関わるトラブルが多いせいもあり
露出計ナシのこの「C35」は今となっては
非常に人気の高いモデルです。
ローライ35シリーズの一員ですから
いわずもがな非常にコンパクトにできており
装着されるトリオター40mmF3.5の描写も魅力的ですね。

ローライ35といえば沈胴式レンズが特徴ですが
今回、お預かりした「C35」はレンズが沈胴したまま
全く出てきません。
よくよく観察してみるとわずかに斜めに沈胴しているように見えます。
こうなると中身の状況がかなり心配で
中の部品の歪みや変形等によっては
修理不可能な場合も考えられます。

結果から言う致命的な部品の変形等はなく
組みなおすことで事なきを得ました。
「B35」、「C35」は通常のローライ35に比べても
ボディも内部の部品もプラスチック製が多く
間違った操作や乱暴な操作を行うと
こういったトラブルを起こしやすいと思われます。

他、シャッター羽根に油シミが見られ粘りが若干見受けられます。
フィルムカウンターも不動です。
全体の各部点検整備一式を行います。

見ていると「シンプル・イズ・ベスト」って言葉が
自然に浮かんできますね。
通常のローライ35に比べても
圧倒的に軽く、ほんとにポケットに入れておいても
全く違和感のないサイズと重さです。
35mmフィルムのカメラの本来の姿は
やはりこれが正しいのかなぁ。。。と考えてしまいますね。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパス35Sのカメラ修理

今日は「クリスマスツリーの日」だそうですよ。
もう街はすっかりクリスマスの装いですね!
子供の頃はクリスマスツリーの飾り付けするのが
すごく楽しみだったけど
一人暮らしが長いとそんなこと
考えもしなくなりますね(汗)
とりあえず街に出かけて雰囲気だけでも楽しんできましょう!

さてさて

今日は「オリンパス35SⅡ」のカメラ修理を行っています。
オリンパス35シリーズも種類がたくさんあって
モデルのわかりにくいカメラですね。。。
初期のオリンパス35は巻上がノブのものですが
「S」になってからは巻上がレバーになり
セルフコッキングとなります。
その「35S」でも前期型、後期型、搭載レンズやシャッターに
いろいろな種類があり
なかなか複雑な状況になってしまっています。

今回、お預かりした「35S]は
レンズはE.ズイコー4.8cmF2.8
シャッターはセイコーシャMXLを搭載したモデルです。
かなり長い間、放置されていたのではないかと思われます。
まず、シャッターが切れません。
切れないというよりはチャージができないという状況です。
おそらくそれに関連しているとは思いますが
鏡胴がかなりガタついています。
さらにピントリングは空回りしてしまっていて
後からわかりましたが一部破損しています。
そのピントリングが回すはずのヘリコイド部は
強力に固着していてビクとも動きません。
ファインダーもクモリが酷く二重像がかなり見えづらい状況です。
かなり重作業になりそうな感じですね。

シャッターユニット、レンズユニットは
フィルム室側からリングを回すと
ごろんと丸ごと外れます。
シャッターユニットの整備も行うのですが
まずはヘリコイド部の整備から行います。
鏡胴のガタつきもヘリコイド周りのネジが
かなり緩んでいたことが原因でした。
これからヘリコイドを完全に分解して
清掃・注油を行ってから最組付けします。
もちろんピント調整も行います。
その後、シャッターユニット、レンズ清掃、ファインダーと
各部点検整備一式を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

マミヤ6オートマットのカメラ修理

今日は「音の日」だそうですよ。
1877年のこの日にエジソンが
自ら発明した蓄音機で
音を録音・再生することに成功したことにちなんでいるそうです。
私の家の安物のレコードプレーヤーと
とりあえずで使っているアンプも
もっとグレードアップしたいなぁ。。。
お気に入りのオンキョーのスピーカーは
半年前に修理して以来絶好調なのですが。。。

さてさて

本日は「マミヤ6オートマット」のカメラ修理を行っています。
いわゆる「スプリングカメラ」(カメラ)ですね。
発売は1955年です。
マミヤ6シリーズも実はたくさんの種類がある上に
この時代のお約束でカメラ本体に詳しいモデル名表記がないこともあり
判別がいろいろ難しいのですが
この「オートマット」は他のモデルとは
明らかに異なるのでわかりやすいですね。

ネーミングからもわかるとおり「オートマット」なのです。
正確にはセミオートマットだと思いますが
現在の中判カメラと同じように
スタートマークを合わせればあとは巻き上げるだけで
きちんと正しいフィルム位置で止まってくれるのです。
「当たり前だよね?」っていう声も聞こえてきそうですが
この時代は赤窓を使ってフィルム裏紙に印刷された
番号を見ながら合わせるのが普通だったのです。
(マミヤ6オートマットにも赤窓はありますが
説明書を見てみると「フィルムが入っているか確認するため」のみに
使用すると記述されています)

おまけにセルフコッキングも装備されているので
巻き上げればシャッターも同時にチャージされます。
これもこの時代はフィルム巻上とシャッターチャージは
別操作というのが普通だったのでです。
この2点のおかげでマミヤ6オートマットは
スプリングカメラで現在と同じように使える数少ないカメラなのです。

ピント合わせはマミヤ6ではおなじみのバックフォーカス式です。
(レンズはそのままでフィルム面が移動してピントを合わせを行う)
シャッターはセイコーシャ製で最高速は1/500
レンズはオリンパス製D.ズイコー7.5cmF3.5です。

前置きが非常に長くなりましたが
お預かりしたマミヤ&オートマットは
まず自慢のセルフコッキング機構が上手く働かず
巻上ノブでのシャッターチャージができません。
さらに一旦、レンズを引き出しても
レンズ位置が上手く固定されず
なかなか畳めない状況です。
セルフコッキングのチャージ機能の部品が
外れて遊んでしまっていまっているのが原因のようです。

まずはセルフコッキング機構の修理を行い
シャッター・絞り羽根の洗浄、シャッターユニットの整備
レンズ清掃等々を一通り行いました。
見違えるように快調に動作するようになったと思います。
ファインダーも清掃し二重像も見えやすくなりました。

こうしてみると6x6判カメラとしては非常にコンパクトで
現在のカメラと比べても比較的同じように使える
マミヤ6オートマットはなかなか貴重なカメラですね。
個人的にも1台欲しくなってきました(笑)

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

 

キヤノンFTbのカメラ修理

昨夜(正確には満月となった12/4 0:47)は
今年、月の見かけ上の大きさが最大となる
スーパームーンだったようですね。
いつからこの呼び方するようになったのかな。。。
まぁ、言うほど大きさが違って見えるわけではないのですが
この季節の月は大きさに関係なくキレイですよね!
次の次の満月(2018年1月31日)は皆既月食ですよ
そっちもまた楽しみですね!

さてさて

本日は「キヤノンFTb」のカメラ修理を行っています。
ちょうど1週間くらい前にもFTbの修理を行いましたが
今でも人気が高いカメラですね。
発売開始は1971年ですが今回お預かりしているFTbは
マイナーチェンジ後の後期モデルです。
マイナーチェンジが行われたのは1973年です。
主な変更箇所は巻上レバーやシャッターボタン、
セルフタイマーレバーの形状ですが
最大の改良点はファインダー内に
シャッター速度表示が追加になった点だと思います。
(ただこれのせいで分解の難易度があがりました(苦笑))

お預かりしているFTbですが
まずバッテリーチェックの反応が全くありません。
露出計もかなり不安定なので
SW部の接触不良だと思われます。
シャッタースピードが高速でムラがあり
スローガバナは粘りが出ています。
。。。とここまでは預かり時からわかっていた点です。

整備を始めるにあたり
もうお少し現状チェックをしていくと
明らかにファインダー上でのピントがおかしい。。。
レンズの指標上で1.5mあたりで既に無限遠が出てしまっています。
おまけにファインダー上部と下部でピントに位置が異なります。
十中八九ミラーだな。。。とは思ったのですが
パッと見にはミラーがぞんなにズレている感じはありません。
もちろん、フィルム面からチェックするとピントは正しく出ています。
FTbのミラーはミラー受けに接着剤で留められた上に
上1箇所、下2箇所のツメで固定されています。
よく観察してみると上のツメの上にミラーが乗り上げているようです。
下のツメを外してみるとミラーがころんと外れてしまいました。
接着が完全に取れて上のツメに乗り上げていたのですね。
これではピントは出ないはずです。

ミラーの調整、接着は後回しにして
(接着すると数日はシャッターを切れないため)
先にシャッター・巻上げ周り、ミラー駆動部、露出計の整備を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンF2フォトミックAのカメラ修理

今日は「みかんの日」だそうですよ。
この季節になるとみかんは食べちゃいますよね~
去年はみかん一箱をお店のバックヤードに置いて
休憩がてらにちょくちょく食べていたら
あっという間になくなりました(笑)
今年も用意しておこうかな。。。
栄養もあるし甘い割には低カロリーだし
ちょっとした間食にはもってこいですね!

さてさて

今日は「ニコンF2フォトミックA」のカメラ修理を行っています。
ニコンF2はファインダーとの組み合わせで
いろいろなバリエーションがあるのですが
今回は「フォトミックAファインダー」が装着されたモデルです。
Aiレンズ対応になったフォトミックファインダーですね。
無印のフォトミックファインダーをAi化したものです。
つまり受光素子はCDSで露出計は指針式です。
F2及びF2フォトミックが発売されたのは1971年ですが
フォトミックAが発売されたのは1976年です。

今回お預かりしているF2フォトミックAは
ご依頼者様のおじいさまが使用していたものだそうです。
おそらく20年以上は使っていないとのことでしたが
保管状況は非常に良く、一緒に拝見させていただいた
レンズ数本も使用には全く問題ない状況でした。
ただし、カメラ本体は非常に露出計が不安定で
モルトは全滅、各所油切れの兆候も見受けられましたので
各部点検整備一式ということでお預かりしました。

まずフォトミックファインダーは絞り値、シャッタースピードが
ファインダー内で確認することができ
この点でアイレベルに比べても非常に便利なのですが
Ai化されたことにより絞り値はレンズに刻印されている
絞り値をプリズムとミラーを使って
直接読み取る方法に変わりました。
Ai化以前のものに比べると表示が少し小さく
元々読みづらい部分はあるのですが
今回はプリズムの汚れによって非常に見えづらい状態になっています。
接眼レンズにカビも少々見受けられるので
徹底的に清掃していきます。

露出計の電源が入らなかったりするのは
8割がたボディ側から電源が上手く供給されないのが
原因だったりします。
今回もファインダーを外してボディ側の+-端子に
テスターをあてて電圧を測ってみると
電圧がかなり不安定です。
ボディ側を分解してみると
定番の電池室端子を支えるステーの破損はなかったのですが
ハンダ付けが相当劣化しているのと
端子の根元部分にサビがかなり発生していました。
どうやらこれが原因のようです。

写真はボディ側の整備は完了し
ファインダーをある程度分解した時点でのものです。
基本的な構造はFフォトミックの頃から
そんなには変わっていません。
写真にも写っているのですがリング状の摺動抵抗の周りを
絞りやSSに応じてブラシが移動し
露出計をコントロールする仕組みになっています。
この抵抗も汚れ等でかなり値がズレてくるので
しっかり清掃していきます。
ファインダーの整備が終わったらボディにセットして
実際の露出計の値を調整していきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

 

ミノルタSRTスーパーのカメラ修理

今日は「日本人宇宙飛行記念日」だそうですよ。
1990年12月2日、TBSの秋山豊寛記者の乗った
ソ連のソユーズTM11号が打ち上げられ
日本人初の宇宙飛行に成功したそうです。
宇宙旅行って大人になってもあこがれますよねぇ
きっと想像を超える世界なんでしょうね。。。

さてさて

本日は「ミノルタSRTスーパー」のカメラ修理を行っています。
大ベストセラー機であるSRT101の後継機ですね。
基本的な構造はSRT101がベースとなっています。
ホットシューが追加され
スクリーンがスプリット+マイクロプリズムに変更
絞り値もファインダー内で確認できるようになりました。
SRT101同様に今でも人気の高いカメラですね。
発売は1973年です。

お預かりしているSRTスーパーは
まずシャッターを切るとミラーアップしたまま降りてきません。
(また巻き上げると降りてくる)
低速時のみミラーアップというのは多いですが
今回は全てのシャッター速度でほぼ100%降りてこない状況です。
シャッター後幕が走りきらないことが疑われますが
見た目はキレイに走っているように見えます。
しかしながら計測器で測定してみると
先幕に比べて後幕の速度が極端に遅く
1/1000のときには走り始めには1/750くらいのスリットを作りますが
走り終わりのときには後幕が遅いため
1/125くらいのスリットに開いてしまっています。
おそらくミラーアップもこの後幕の動きが原因の一つだと思われます。
加えて電池室に液漏れ跡があり
緑青だらけになってしまっています。
何とかバッテリーチェックはできますが
露出計に切り替えるとほとん反応がありません。

連動糸が多く、分解にちょっと手間がかかるのも
SRTシリーズ共通の部分ですね。
見慣れた光景ではありますが。。。
余談ですがSRT系の整備の際には
整備の内容、状態に関わらず
プリズム上のCDSの足を留めている
ハンダ付けは必ず一度、キレイに除去してやりなおします。
一見、キレイに見えてもハンダ付けの劣化が多いのです。
露出計の反応が鈍い場合でも
ここの処置だけで改善する場合があります。

まだ分解途中ですがこれから本格的に
シャッター・ミラー駆動部から各部点検整備を行います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーオートハーフSEのカメラ修理

今日は12月1日ということで「映画の日」ですね!
昔は毎月数本は映画館で映画を観ていた時期もあるのですが
最近はほとんど行かなくなりましたね。。。
いや、観にいきたい気持ちはあるのですが。。。
最近は「この世界の片隅に」を観にいったくらいでしたね。
でっかいスクリーンで集中して観る事のできる
映画館ってやっぱりいいですよね。
また何か気になるものがあれば観にいきましょう!

さてさて

本日は「リコーオートハーフSE」のカメラ修理を行っています。
オートハーフシリーズも長く生産され続けたカメラなので
いろいろな種類があるのですが
初代オートハーフを大幅に改良したのが「オートハーフS」で
(Sはセルフタイマー付きという意味)
その後のモデルは一部を除いて基本的な構造は変わっていません。
その後、「S」からセルフタイマーを省略した「E」が発売されます。
そして「E」にセルフタイマーを装備した「SE」が発売されます。
ん?では「S」と「SE」って違いがないのでは???と思ってしまいますが
「SE」にはオートスタート機構が追加されています。
これはフィルムをセットした際に空シャッターを切らなくても
自動的に1枚目にセットされる機能です。
フィルム装填から1枚目を撮るまでの手間が随分少なくなって
思っていたよりかなり便利な機能です。
その後、「SE」にホットシューがついた「SE2」
「SE2」からセルフタイマーを省略した「E2」
エレクトロニックフラッシュが内蔵された「EF」
フラッシュがさらにボップアップ式になった「EF2」へと続きます。
オートスタート機構は「SE」移行の全機種に採用されます。

前置きが随分長くなりましたが
今回はそのオートスタート機構が装備されたSEです。
オートハーフで心配されるのはやはりセレン光電池の劣化具合ですが
今回はセレンそのものに問題はないようです。
しかしながらオートの精度は随分ずれてしまっていて
調整が必要な状態です。
加えてフィルム室のモルトはかなり劣化している状態で
ボディ本体側の塗装もかなり侵食してしまっています。
オートハーフのシャッターユニットは
限られたスペースで効率よく動作させるため
必要最小限のバネの力で駆動しています。
ほんのわずかな油が羽根に付着しただけで
簡単に固着してしまう可能性があるので
入念に清掃を行います。絞りユニットも同様です。

他、レンズ清掃、ファインダー清掃等々を行い
一通りの整備が完了したところです。
残すは最終的なテストのみです。
シンプルなメッキ仕上げの化粧板もピカピカです。
これもとてもレトロな感じがしていいですね。
私、このタイプのオートハーフを見ると
まだ幼い頃に家にあった白黒テレビを何となくイメージしちゃいます(笑)

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。