admin のすべての投稿

ミノルタAL-Eのカメラ修理

今日は「バナナの日」そうですよ。
甘くて美味しいバナナいいですよねぇ~
昔ながらの喫茶店でバナナサンデーとか食べたいなぁ。。。
他にもこの季節は桃とか葡萄とか梨とか
美味しい果物はいろいろありますが
バナナは意外としっかりお腹にたまるのがいいですよね!
だから一時期、山歩きに必ず持っていってた時期がありました。
(ヘナヘナになってしまいがちなのですが。。。(苦笑))
そういえばバナナはフィリピンのイメージですが
輸入される果物としては一番の輸入量を誇るそうです。
今では種のないバナナが当たり前のように流通していますが
フィリピンやマレーシアには野生の種ありバナナもあり
現地では食べられているのだそうです。
きっと全く異なる味わいなのでしょうねぇ。。。食べてみたい。。。

さてさて

本日は「ミノルタAL-E」のカメラ修理を行っています。
ミノルタのこの時代のレンズ固定式カメラといえば
「ハイマチック」が本流ですが
ALシリーズはよりコンパクトなミノルチナシリーズを源流としています。
ミノルチナ(S/P)→ALS→AL-F→AL-Eと続き
今回のAL-EがALシリーズ最後のモデルとなります。
今見るとなかなか魅力的なカメラばかりなのですが
ALシリーズは当時はなかなか販売数としては伸びなかったようです。
AL-Eは時代を反映して
シャッタスピード優先AEを搭載したモデルです。
ミノルチナやALS譲りのコンパクトさで端正なルックスですが
ほんの少しだけ高さが高くなっています。
シャッターはシチズン製で最高速は1/500
レンズはもちろんロッコールで40mmF1.8の大口径です。

お預かりしているAL-Eは40年近く仕舞ってあったものを
ご依頼者様が最近見つけて
まずは撮影に使ってとのことです。
とりあえず写真は写り使えるようだったのですが
しばらくするとシャッタスピードリングが動かなくなってしまったとのことです。
早速、現状チェックを行ってみると
確かに何かに噛みこんでいるような感じで
シャッタースピードリングが全く動きません。
シャッターを切ってみると確かに切れるのですが
たまに開きっぱなしになってしまうようです。
どうも羽根の粘りとかではなさそうです。
加えて絞りがオート時、マニュアル時に関わらず
最小絞りのまま全く動きません。

まずは完全に分解する前にシャッタースピードリングが動かない原因と
シャッターが開きっぱなしになってしまう原因を探ります。
シャッターユニット内部の羽根駆動部やスローガバナとのリンケージ部分
あちこちの動きが悪くガバナのピンを噛みこんでしまっているのが原因のようです。
さらにこの後、シャッターユニットを完全に降ろして
絞り羽根駆動部(オート制御部)の整備も行ったのですが
こちらも動きが非常に固く羽根が動けない状況でした。
AL-Eの絞り羽根制御は少々独特で
マニュアル時、オート時に関わらず
普段は常に最小絞りでスタンバイしています。
レリーズが半押しになった時点で
マニュアル時であれば設定された絞り値
オート時であれば露出計の指針の位置(挟み込み)によって
絞り羽根を駆動し所定の絞りにする。。。といった動きをします。
レリーズの際に絞り羽根を動かすリンクの力は
さして強い力ではなく、動かされる絞りユニット側は
非常に軽い動きになっていないとすぐに動けなくなってしまいます。
もちろん今回は羽根や駆動部の清掃により
スムーズに動くように整備しています。

先述のとおりミノルタのALシリーズ(ミノルチナも含んで)は
当時のニーズにはなかな合わなかったようです。
非常に魅力的なモデルばかりなのですが。。。
せめて現存しているALシリーズは
長生きしてほしいですね!

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニッカⅢSのカメラ修理

今日は8月5日ということで「奴(やっこ)の日」らしいですよ。
ここでいう「奴(やっこ)」は「奴豆腐」のことです。
暑い夏になると「冷奴」を食べる機会も多くなりますねぇ。。。
個人的に湯豆腐だと木綿が良いと思いますが
冷奴だと絹豆腐が美味しいかな。。。
ちなみにかけるのは醤油ではなくてポン酢です。
醤油だと辛すぎる(しょっぱすぎる)のですよねぇ。。。
そのかわりたっぷり目にかけていただきます。
冷奴だと日本酒、焼酎がやはり合うと思います。
冷たくてさっぱりした薬味を乗せた冷奴に
適度に冷えた辛口の日本酒。。。あぁ夏ですねぇ。。。

さてさて

本日は「ニッカⅢS」のカメラ修理を行っています。
ニッカカメラは太平洋戦争時にライカの輸入が困難になったため
軍からの命令により生産されたコピーライカ、「ニッポン」が
最初のモデルとなったメーカーです。
戦後もいわゆるバルナックライカコピーを造り続け
その造りの良さで今でも人気のあるメーカーです。
「ⅢS」は1952年に発売されたモデルで
Ⅲ型がベースとなっていますがシンクロ接点がドイツ式に変更され
X接点が追加されたモデルです。
この時代のバルナックタイプのカメラはどれもそうなのですが
シャッター幕が劣化し、ガチガチに硬化しているものや
ゴム引きが溶けて粘着室になっているもの
裂けたり穴が開いていたりするものが非常に多く
発売当時から未整備のものはまず間違いなく
シャッター幕交換が前提となります。

今回お預かりしているニッカⅢSも
シャッター幕がガチガチに硬化しており
まともにシャッターが切れる状態ではありませんでした。
それとは別問題でスローシャッターの動作がおかしく
1/20~1/8ではガバナが全く効かずシャッターが高速で切れてしまい
1/4~1秒では今度はガバナが固着してしまい
シャッターが開いたままになってしまいます。
さらにスプールが空回りしてしまうようで
フィルム未装填だと普通にスプールは回るのですが
フィルム装填すると全くスプールが回らず
巻き上げられない状態です。

ニッカカメラだと純正装着されるのは
ニッコールレンズですが写真で装着しているのは
ライバルメーカーでもあるトプコールです。
(当店所有のテスト用レンズ)
幕張替えを行い、シャッタスピードを調整し
スローガバナの整備も行いました。
ファインダーがカビ等で随分汚れていて
二重像も見え辛い状態だったのですが
非常にキレイに見えるようにもなりました。
スプールの空回りはスプールリンク部分に
不要な油が注されており、
そのために滑ってしまうような状況でした。
幕交換したおかげでもあるのですが
巻上も軽く非常にスムーズに仕上がっています。
この状態であれば快適に撮影に使っていただけると思います。
ニッカのカメラもいろいろ種類がありますが
基本的にどれも造りが良いと感じます。
しっかり整備さえ行えば現在でも気持ちよく使えるカメラだと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ローライコードのカメラ修理

今日は8/4ということで「箸の日」、「橋の日」だそうです。
私の箸の持ち方は細かくみるとあまり正しくないとは思われますが
子供の頃は結構、うるさく直されました(汗)
まぁ、左利きなことを最初は直されそうになっていたのですが
私が相当ぐずったため、そこは見逃してもらえて
せめてきちんと箸を持てるように。。。ということで
厳しかったのだと思われます。
おかげで人並みには箸を扱えるくらいにはなっていると思います。
でも「箸を使って食べる」って改めて考えると
やはり綺麗だと思いますし、日本人でよかったなぁ。。。と思います。
フォークやスプーンしかもし使えなかったとしたら
食事の味も随分落ちてしまうような気がします。

さてさて

本日は「ローライコード」のカメラ修理を行っています。
当店は基本的に国産カメラを主に取り扱っていますので
あまり海外製のカメラの修理は行わないのですが
ローライコードあたりであれば、国産二眼レフと構造的には
大差ないので状況によってはお引き受けします。
ローライコードと言ってもいろいろと種類があるのですが
今回は「ローライコードVb」です。
レンズはシュナイダークロイツナッハのクセナー75mmF3.5です。
シャッターユニットはシンクロコンパーで
最高速は1/500です。
フィルム装填はスタートマーク方式のセミオートマットですが
セルフコッキングはなく、シャッターチャージは別に行います。
1962年発売でローライコードとしては最終モデルとなり
完成度が高く現在でも非常に人気の高いカメラです。

お預かりしている「ローライコードVb」は
まず、シャッターが全く切れません。
今回はレンズシャッターでありがちな羽根固着とも違うようです。
分解してみてわかったのですが
シャッターユニット内のレリーズ部分の固着で
シャッター駆動バネが開放されないことが原因でした。
他、レンズ・ファインダーにカビが多数あり
ファインダーミラーはいつものごとく腐食が激しいため交換です。
レンズボード繰り出し部にも大き目のガタが出ていたので
そのあたりも修正していきます。

写真は一通り整備が終わった時点でのものです。
お預かり時点で相当年季の入った外観でした。
あちこちに発生していたサビや緑青は可能な限り落としましたが
塗装ハゲやキズ、すれた貼り革は基本的にはそのままです。
ローライコードだとこういう年季の入った外観も
味わい深い感じがしていいですね。
でも中身は非常に快調に動作するようになっています。
気持ちよく撮影をお楽しみいただける状態になったと思います。
あとは最終チェックを行って完成となります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFフォトミックTのカメラ修理

今日は「はちみつの日」だそうですよ。
はちみつ、美味しいですよねぇ。。。
去年のこの時期はやたらとハチミツに凝っていて
色んな種類を食べ比べていました。
今はそのときほど買い集めてはいませんが
気に入ったハチミツをヨーグルトにかけては
毎日のようにいただいています。
尖っていない優しい甘さがいいのですよねぇ。。。
そういえば蜂蜜酒って聞くことはあっても
飲んだことはないな。。。今度買ってみようかな。。。

さてさて

今日は「ニコンFフォトミックT」のカメラ修理を行っています。
もはや伝説の「ニコンF」に露出計内蔵のファインダーを
組み合わせたモデルです。
「F」のフォトミックファインダーにも何種類かあって
一番最初の外光式露出計の「フォトミック」
TTL平均測光の「フォトミックT」
TTL中央部重点測光の「フォトミックTn」
開放絞り補正操作(ガチャガチャ)が追加された
「フォトミックFTn」へと進化しています。
少し頭でっかちなデザインは好みの分かれる部分だとは思いますが
見慣れるとこれがなかなかかわいらしく見えてくるから不思議です。
余談ですが今は亡きうちのじいさんが持っていた「F」は
ブラックアイレベルとシルバーのフォトミックTでした。
今でももちろん持っていますが
フォトミックのファインダーを覗くと
当時、教えてもらいながらおそるおそる撮影してた幼少期を思い出します。

お預かりしている「FフォトミックT」ですが
随分長い間仕舞いこまれていたようです。
ケースもカビだらけでレンズもかなりカビが発生しています。
ボディ本体もシャッターも切れない状態で
もちろん露出計も電池を入れても全く動きません。
さらにスクリーンの入れ方が間違っている状態で
フォトミックファインダーを無理やり押しこんでいるらしく
フォトミックファインダーがボディから外れません。
根本的にどこかが破損。。。というのはなさそうですが
とにかく全ての動きが悪い状態なので
これはなかなか苦労しそうです。

シャッターが切れない原因は
スローガバナーとのリンク部分の固着が原因でした。
露出計は電池室接点、配線共に腐食のため
全く導通せず、さらに電池室裏の端子プレート部の腐食のため
こちらはショートしてしまっている状態でした。
文章で書くと短いですがこのあたりはなかなか大変でした。
不幸中の幸いは「Fフォトミック系」であれば
毎度心配される摺導抵抗の抵抗体の剥がれとかはなく
電気がきちんと通るようにしてやれば
問題なく動作するようになりました。
少し話がずれますが、Fフォトミックの露出計ないには
大きなリング状の摺導抵抗があり
これに抵抗体が塗られていて
そこをブラシがSSや絞りに連動して動くことによって
露出計を動作しているのですが
この摺導抵抗の抵抗体が剥がれ落ちている場合は
残念ながら修復不可能です。
露出計指針が飛び跳ねるような動きを見せているものや
ほぼ振り切ったままになってしあうような場合は
抵抗体剥がれの可能性が高いと思われます。

付属の35mmF2.8と85mmF1.8の2本のレンズも
相当にカビが酷くなかなか苦労しましたが
実用上問題のないレベルにはキレイになったと思います。
もちろんヘリコイドも非常にスムーズです。
おそらく何十年ぶりかのお目覚めだとは思うのですが
現代の風景や街並みを昔と同じように
鋭く切り取っていただけると思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

フジカ35-EEのカメラ修理

今日は「カレーうどんの日」だそうですよ。
カレーうどん。。。言われてみれば随分長いこと
食べてないような気がします。
そういえば20代前半の頃に
広島・呉で展開しているうどんチェーン店
「ちから」のカレーうどんがやたら美味しくて
頻繁に食べていました。
今度、呉に帰ったときにヒサビサに食べてみるかな。。。
あ、でも「一心」の細うどんは必ず食べないといけないし。。。
今度、帰ったときにはうどん三昧になるかも。。。(汗)
まぁ、こっちでうどん食べることはまずないので
そのときくらいいいか。。。(笑)

さてさて

本日は「フジカ35-EE」のカメラ修理を行います。
「富士フイルムのカメラ」ということで
フィルムカメラ時代は「フジカ」のブランド名が使われていました。
現代のデジタルも「フジカ」でも良いと思いますが
今更戻れないですよね。。。
ライカ判(135フィルム・35mm判)でフジカ初のカメラは
レンズ固定式レンズシャッター機の「フジカ35M」が最初ですが
今回の「35-EE」はその流れを汲んだカメラです。
底面にある巻上レバー、上カバー横に配置された
巻戻しクランク、上カバー背面のギアを回すピント調整等々
当時の常識を打ち破った操作系は
「35M」同様に「35-EE」にも受け継がれています。
「35-EE」はさらにセレン式の露出計を装備して
それを利用したシャッタスピード優先EEを搭載します。
もちろんマニュアル撮影でも撮影可能です。
レンズシャッター機ですが1/1000のシャッタースピードがあることも
大きな特徴といってよいと思います。

セレン光電池を利用したシャッタースピード優先オート機ということで
セレンが劣化しているとどうにもならない可能性もあるのですが
今回はセレンは元気良く起電しているようです。
レリーズボタンを押すとシャッターは軽快なシャッター音と共に切れますが
たまに開いていない場合があるようです。
それよりも問題なのは絞り羽根が最小絞りで固着したまま
オートでもマニュアルでも全く動きません。
さらにシャッタースピードリングは1/30以下に回りません。
絞り羽根やスローガバナ、色んなところが固着しているものと思われます。

それでも1961年発売のカメラでかなり長い間
使われれずに仕舞いこまれたカメラだということを考えると
状態は悪くないと思います。
さすがにあちこち固着があってこのままでは全く使えませんが
きちんと整備すれば快適に使える状態になると思われます。
フジカのカメラというとある程度の時期移以降のものは
多少華奢な部分が多かったりするイメージなのですが
この時代の35シリーズはしっかりコストのかかった
頑丈な作りをしています。
レンジファインダーもプリズムを使用した高級なものです。
無骨なデザインはちょっと好みが別れるところかもしれませんが
非常に良いカメラだと思います。
まだ現状チェックを行っただけの状態です。
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンEES-2のカメラ修理

今日から8月、夏真っ盛りですね。
8/1は「水の日」だそうです。
8月は水の使用量が最も多い月なのだそうです。
その月の初めに節水を呼びかける意味で「水の日」となっているそうです。
水道水の使用量は確かに多そうですが
それ以外にも海とか川とか水に関わるレジャーも多いものですね。
海とかプールとかもう何年行ってないかな(苦笑)
何も考えずに日差しの下で水に浮かんでるのって
本当に気持ちよいですものねぇ。。。。
とは言いながら今年も夏は室内に引きこもります(笑)

さてさて

本日は「オリンパスペンEES-2」のカメラ修理を行っています。
「EES」シリーズはピント固定式の「EE」シリーズの派生型で
ピントをゾーンフォーカスに変更したものです。
固定焦点的に使うこともでき、ピントが不安なシチュエーションでは
目測とはいえある程度ピント合わせができる
ゾーンフォーカスはやはり撮影の幅が広がると思います。
最初の「EES」は「ペンEE」がベースになっており
今回の「EES-2」は「EE-2」がベースになっています。
初代、EES(EE)と比べると
裏蓋が蝶番式になり、ホットシューも装備されました。
フィルムカウンターも自動復元式になり
ASA(ISO)400の高感度フィルム対応となりました。
実用的な部分が格段に進歩したわけですね。
基本的な構造はほぼ変わっておらず
ペンEE系の見た目の特徴でもあるレンズ周りに
セレンを配置したデザインもほぼ共通です。
EE-3になると貼り革が黒になってしまいますが
個人的に「ペンEEらしい」と思っているグリーンがかった
ベージュ色の貼り皮も健在です。
シャッタースピードは1/30・1/250の2速で
これを指針挟み込み式のプログラムAEで
絞りと連動してコントロールします。
電池要らずで気軽に撮れるハーフカメラとして
非常に完成度の高いカメラだと思います。

お預かりしている「ペンEES-2」は
シャッターが全く切れず巻上もできません。
ご依頼者様は3、4年前からこのカメラを使っており
突然この状態になってしまったのだそうです。
落下させてしまったということもないようです。
受付時に拝見させてもらっていると
レンズユニット部がグラグラにガタついています。
シャッター部を含むレンズボード部は
フィルム室側からネジ4本で取り付けられますが
そこに緩みはないようです。
感覚としてシャッターユニット部のネジが外れてしまっている感じです。
。。。となると。。。シャッターが切れない原因は
多分、外れたネジがどこかに挟まってしまっている可能性が高いと思われます。
ペンEE系はいつのまにかネジが緩んで外れ
そのネジが様々な箇所に挟まって
トラブルを引き起こすことの多いカメラです。
今回もおそらくそのような原因かと思われます。

まだ現状を確認している段階なのですが
とりあえずシャッターも切れないので
露出計やオートがどうとも言えない状態です。
分解していかないと動きがどうなのかもわからない状況です。
それではこれから本格的に分解整備に取り掛かります。
ペンEE2とかEES-2は使い勝手も良く
見た目も適度にレトロで良いですよねぇ
昔から定期的欲しくなるカメラのひとつです。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMEスーパーのカメラ修理

今日は「蓄音機の日」だそうですよ。
当時の蓄音機はともかく。。。
レコードは未だに聴きますねぇ。。。
かける前にレコードを軽くクリーナーで拭くのですが
あのクリーナーに匂いを嗅いだだけで
何だか子供の頃を思い出します。
高校生くらいの頃に徐々にCDに移行していったのですが
昔から持っているレコードはほぼ今でも
手放してはいませんし
大人になってから(というか比較的最近)
子供の頃にはお小遣いで買いきれなかった
レコードを少しずつ買い集めています。
あの大きなLPのジャケットがまたカッコ良いのですよねぇ。。。

さてさて

本日は「ペンタックスMEスーパー」のカメラ修理を行っています。
絞り優先AE機でありエントリーモデルであった「ME」発売から
3年後の1979年に「ME」に
マニュアル露出モードを追加し
シャッタースピードも1/2000が与えられ
一気に中級機へと進化したカメラです。
「ME」同様、非常にコンパクトで軽く気軽に持ち歩けるカメラです。
ファインダースクリーンにも「ブライトマットスクリーン」が採用され
ファインダーの見え具合が向上しました。
電子制御シャッター機の利点を生かし
マニュアル時のSS設定はプッシュボタンで行います。
このプッシュボタン式のSS設定は次の世代の
ペンタックスAシリーズにも受け継がれます。

ME系の定番トラブルといえば
「ミラーアップしたまま固着」ですが
今回もまさにその典型的パターンです。
ミラー駆動部に使われているゴムブッシュが溶解して
粘着質になり動きを妨げてしまうことから起こるトラブルです。
生産時期によっては対策部品が使われていることもあるのですが
分解してみると今回は見事に3ヶ所のゴムブッシュが劣化して
粘着していました。
このゴムブッシュ劣化が原因で
ミラーダウンができない状態になっています。
このパターンが最も多いですが
同じ原因でミラーアップができずレリーズしてもシャッターが切れない現象や
ミラーチャージロックができず巻上不能になるパターン等
いろいろなトラブルの原因となってしまいます。

基本的にはMEと同じような構造ですが
やはりいろいろと変わっている部分もあります。
例えばミラーボックスしたにはエアダンパーが追加されていたりします。
これも中にゴムブッシュが入っていて
溶解していることが多いのです。
今回も一緒に対処を行います。
電子制御シャッター機で電子基盤が重要な役割を担いますが
比較的整備性はよく、簡単に基板を分離することができます。
この後、ある程度、組み立ててみてわかったのですが
どうやら基板内トラブルがあるようで
露出計オフタイマーが上手く働かないようです。
うーん、ちょっと色々調べながら対策を考えます。
どのカメラでもそうですが
なかなか一筋縄ではいかないことも多いです(苦笑)

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンEFのカメラ修理

今日は「福神漬けの日」だそうですよ。
昨日の「菜っ葉の日」で菜っ葉の漬物の話をしたのに
今日もお漬物の話になってしまいます(笑)
福神漬けはもちろんカレーには欠かせない漬物ですよね。
カレーそのものも大好きですが
やはり福神漬けも大好きでカレー屋さんに行って
テーブルの上に自由に取れるタイプの福神漬けがあったりすると
山盛りに取ってしまいます。
カレーの辛味の合間に福神漬けの酸味がいいのですよねぇ。。。
そういえば最近はあまり真っ赤な福神漬けを見なくなりましたね。。。
私の中のイメージで言えば
「福神漬け=真っ赤」なのですが。。。
昔はカレーだけではなくお店の「焼き飯」とかにも
真っ赤な福神漬けがちょこんと付いていたような気が。。。
銀のさらに銀のスプーンで食べる昔ながらのお店の焼き飯。。。
また食べてみたいなぁ。。。(笑)

さてさて

本日は「キヤノンEF」のカメラ修理を行っています。
キヤノンFシリーズの一員ですが
ちょっと異端児的なカメラです。
この頃のキヤノン一眼レフは全て横走りシャッター機だったのですが
このEFは金属羽根縦走りシャッター機で
それも当時、色々なカメラで使われていたシャッターユニット
「コパルスクエア」を採用しています。
キヤノンでこの「EF」以外で
金属羽根縦走りシャッターを採用する一眼レフは
後の「Tシリーズ」までは存在しません。
さらにそのシャッターユニットを1/1000~1/2秒までは
機械式制御で駆動し、1秒以上のスローシャッターは
電子制御で駆動します。
つまり露出計を使わずマニュアル露出であれば
通常の手持ち撮影は電池ナシでも可能なのですね。
オート撮影はシャッタースピード優先AEで可能です。
デザイン的にも当時のFシリーズよりは現代的で
巻上レバーと同軸上にシャッターボタンがあるのも
他のキヤノン機にはないEFならではの特徴です。

お預かりしているEFは一通り動作はしているのですが
シャッター羽根の見えないところに汚れがあるらしく
高速シャッターで先幕・後幕のバランスが随分崩れてしまっています。
露出計、オートも1.5段ほどオーバーになっています。
それからEFでは結構見かけるトラブルですが
1秒以上の電子制御シャッターでシャッターがかなり高い頻度で
開きっぱなしになってしまいます。
これは電子制御がおかしいわけではなく
電子制御から機械制御(スローガバナー)に
上手く切り替わらないためかと思われます。
前回のEFのブログでも書きましたが
EFのスローシャッターは1/2秒より遅いシャッターの場合は
電子制御+スローガバナーで駆動します。
例えばシャッタースピードが2秒であれば
電子制御1.5秒+機械制御0.5秒で動作します。
(SS4秒であれば3.5秒+0.5秒)
で、電子制御駆動中は上カバーの赤ランプが点滅します。
今回の場合は例えばSS2秒で1.5秒の電子制御は完了して
ランプも消えているのですがスローガバナーが動かず
開きっぱなしになってしまうという状態です。
何にしろシャッター周り、スローガバナー周りの整備が必要です。

写真は一通りの整備が完了して様子見の段階です。
EFって「Fシリーズ」の中でもかなりカッコ良いカメラだと
個人的には思っています。
キヤノンらしいスマートさというかスタイリッシュさが
より強調されているように感じます。
少し大柄で重さもありますが
使ってみると非常に満足度の高いカメラだと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンDのカメラ修理

今日は「菜っ葉の日」だそうですよ。
ナッパ。。。といってもサイヤ人ではないですよ(笑)
本来、葉物野菜全般のことですが
私が子供の頃、家では「菜っ葉」といえば
広島菜のお漬物でした。
これが白いご飯に合うのですよ。いくらでもお米が食べられます。
こちらだとなかなか手に入らないのですが
菜っ葉でご飯食べたい!と思ったときには
最近はとりあえず野沢菜で代用しています。
もちろん野沢菜もとても美味しいのですが。。。
広島菜、野沢菜、高菜で「日本三大漬菜」と呼ばれているのですね。
ちょっと割高になるけど
ネットで頼めば広島菜も簡単に手に入るのですけどねぇ。。。
美味しくお米をいただくために頼んでみようかな。。。

さてさて

本日は「オリンパスペンD」のカメラ修理を行っています。
初代ペンが発売され、その高級版としてペンSが追加となり
さらに最高級版として登場したのが「ペンD」です。
「ペンD」、「ペンD2」、「ペンD3」、ちょっと異端児的な「ペンEED」と
シリーズ化されました。
今回は1962年に発売された「ペンD」です。
Fズイコー3.2cmF1.9の大口径レンズを搭載し
シャッター最高速も1/500まであり
セレン光電池式の露出計も装備しています。
露出計はカメラ本体とは非連動でLV値を表示します。
そのLV値を読んでカメラ側で絞り・SSを設定します。
そのため鏡銅にはSS・絞り値に連動するLV表示窓も装備されています。
それでいてサイズはペンらしくポケットに入るほどの大きさです。
マニュアル撮影派であれば持ち歩くのに最適なカメラですね。

セレン光電池使用の露出計ということで
やはり露出計関連のトラブルも多いカメラです。
今回もお預かり時に測定してみると
+2.5段~+3段、といった感じで指針の振れが全く足りません。
大抵の場合がセレン光電池の劣化が原因で
修理不可能な場合が多いのですが
今回はセレンではなく露出計そのものに問題があったようで
露出計の整備を行った結果、問題ないレベルに調節することができました。
でも今回の成功例はレアケースかと思われます。

加えてシャッター羽根、絞り羽根共に油シミで粘りまくりです。
特に絞りはリング操作も重く、あまり動かしていると
羽根が壊れてしまう可能性もありそうです。
さらにシャッターが巻き上がった瞬間に勝手にシャッターが切れてしまったり
巻上が止まらずに一気に2コマ分巻き上がってしまうという症状もあります。
これも結局のところはシャッター羽根の粘りが原因と思われます。

まだ大雑把にユニット別に分解しただけですが
まずはこれからシャッターユニットの整備を行っていきます。
羽根分解まで行って羽根は徹底的に洗浄していきます。
露出計は今回、修理不能な可能性が高いということを
最初にご依頼者様に説明しておいたのですが
「調整不可能な場合をこれを使ってください」とのことで
比較的、精度の出ている(+1程度)露出計が付いたペンDを
もう1台お預かりしていました。
でも今回は使わずに済みそうです。
貴重な露出計をひとつでも助けることができるのはやはり嬉しいですね。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

 

ニコンF2のカメラ修理

今日は「スイカの日」だそうですよ。
甘くて水分たっぷりなスイカは
この季節にまさに持ってこいですよねぇ。。。
適度に冷やしてあるとさらに美味しいですよねぇ。。。
暑いけど風通しの良い山中の古民家の
縁側とかで食べたいですよねぇ。。。
で、お腹一杯になったら畳の上で昼寝ですよねぇ。。。
まさに「日本の夏」
妄想が止まりません(笑)
昔と違っていくら風通しが良くても
昼間から冷房ナシでお昼寝は今はなかなか難しいですかね。
子供の頃は意外と風が少しあれば
居間で気持ちよく昼寝できたと思うのですが。。。。

さてさて

本日は「ニコンF2」のカメラ修理を行っています。
伝説のニコンF登場から12年
「F」の正常進化版ととして発売されたのが「F2」です。
取り外し式の裏蓋は蝶番式となり
シャッターボタンの位置も変更されたりといった
使い勝手の部分も改良され
シャッタースピードは最速1/2000となり
さらにセルフタイマーを使用した最大10秒までの
スローシャッターも可能となり
スペック的にも進化しています。
もちろんフラッグシップのF一桁機ですから
ニコンらしい非常に優れた堅牢性も受け継がれています。

お預かりいている「F2」は
アイレベルファインダーが装着されています。
F時代に比べてスマートになった
(とはいってもちょっと頭でっかちではありますが)
フォトミックファインダーも魅力的ですが
やはりシンプルなアイレベルファインダーは良いですね。
プリズムが腐食しているものも多く見かけますが
今回のアイレベルファインダーはプリズムもキレイです。
とはいえ、ファインダー内部のモルトは
やはりボロボロに腐食していましたので交換は必須です。
特に接眼部周りにあるものは
プリズム腐食を誘発しますので慎重に除去して交換します。
ボディ側は一見、シャッターも問題なく動いているように
見られますが実は高速シャッター(1/2000,1/1000)は
ほとんど開いていません。
このシャッタースピードで写真を撮ると
ほんの端っこ以外はほぼ真っ黒になってしまうでしょう。
1/500でさえ写真中央で1/1500の露光になっており
シャッター走り終わり付近では1/2000になってしまっています。
先幕・後幕のバランスが大きく崩れている状態です。
幕軸の清掃・注油の上。再調整が必要な状況です。
スローガバナも油切れのようで
1秒だと途中で止まりそうな感じです。

これから本格的に分解整備に取り掛かります。
いつ見ても「F」や「F2」の部品はどれも非常にがっしり丈夫にできています。
動きやすい状況にさえしてやれば
また快調に動作してくれるようになると思います。
今回のF2はご依頼者様のご実家にあったもので
ご依頼者様はこのカメラ自体は使われたことはないそうです。
納品時に簡単に使い方の説明もさせていただく予定ですが
是非、ステキな写真をたくさん撮っていただければと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。