カテゴリー別アーカイブ: カメラ修理

ニコンF2フォトミックAのカメラ修理

今日は「公衆電話の日」だそうですよ。
今やあまり見かけなくなってしまった公衆電話ですが
私が中学生くらいの頃は
よく100円玉(10円で3分、100円で30分話せる)を
握り締めて近所の公衆電話に
毎夜のようにかけにいったものです。懐かしいな~

さてさて

今日は「ニコンF2フォトミックA」のカメラ修理を行っています。
F2フォトミックファインダーには
5種類(無印、S、SB、A、AS)が存在しますが
今回は無印のフォトミック(指針式)にAi機構が加わった
フォトミックAです。Aiレンズに対応可能となったモデルですね。

お預かりしたF2フォトミックは
フォトミックファインダーの一番の機能である露出計が
少々不安定です。
ファインダー内部に大きなリング状の摺動抵抗があり
この抵抗のまわりをSSや絞りに応じて
ブラシが動き抵抗値を変化させ露出計に反映するのですが
その摺動抵抗の表面に汚れ等があると推測されます。
余談ですがFフォトミックも同様の構造ではあるのですが
Fフォトミックの場合はその摺動抵抗の表面に貼られている
抵抗素材が剥がれ落ちてしまっているものが多く
その場合は残念ながら修理不能となってしまいます。

ボディ側は各所に汚れやカビが酷く
高速シャッターは精度がかなり狂ってしまっています。
全体的に油切れの兆候が出ていて
巻上時にも「ギャッ」いう感じの異音が出ています。

写真は整備完了後で装着している50/1.8は
当店のテストレンズです。
少し日にちをおいてから
最終チェック及び微調整を行います。
黒のフォトミックはこの塊感がいいですよね!
個人的には露出計は付いていてもいなくても良いのですが
フォトミックファインダーを装着すると
ファインダー内でSSも絞りも確認できるところが
非常に便利だと思います。
アイレベルは確かにスマートでカッコ良いですが
フォトミックも迫力満点で重厚感もあります。
機能的にもフォトミックのほうがやはり便利ですね!

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタSR505のカメラ修理

今日は9月9日ということで
「重陽の節句(菊の節句)」ですね!
他の節句(1/7、3/3、5/5、7/7)に比べると
存在感が薄い節句となってしまっていますが
菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべて酒を飲み
邪気をはらい長寿を願う日とあsれています。
私も菊の花びらを浮かべて美味いお酒を飲みたいなぁ(笑)

さてさて

本日は「ミノルタSR505」のカメラ修理を行っています。
実はこのSR505、昨日のXEと同じ方からのご依頼です。
XEのデビューが1974年
SR505の発売開始が1975年
意外にもSR505のほうが後なんですね。
この後、SR-2から続いた機械式制御シャッターと別れを告げ
電子制御シャッターのみのXシリーズに移行していくわけですが
この時期は丁度その移行の真っ只中だったのですね。
ミノルタの最後の機械制御シャッター機であるSR505
そう考えると何だか感慨深いものがありますね。

お預かりしているSR505はブラック塗装で
非常に美しい外観を保っています。
なかなかこれほどキレイなものは見かけないと思います。
さすがに経年劣化は当然のように発生していて
高速シャッターはかなり露光ムラがあり
低速シャッターではミラーアップで固まってしまいます。
露出計は不安定でBC時にはかなり大きくふらつきます。
しかしながら全て油切れや接点の汚れによる不良等で
致命的に壊れている箇所はないようです。

SRT101移行の定番である連動糸の処理には
多少手間がかかりますが
メンテナンス性もよく、頑丈にできた良いカメラです。
最終型ともいえるこのSR505では
SRTスーパーと同様に
フィルムインジケーターや絞り値もファインダー内で読め
なかなか使い勝手の良い1台です。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ミノルタXEのカメラ修理

今日は「ニューヨークの日」らしいですよ。
実際のニューヨークとは全く関係ないのですが
私、実家にお風呂がなかったので銭湯通いだったのですね。
で、中学生くらいになると友達や彼女から
自宅に電話もかかってくるようになるのですね。
(当然、当時は携帯電話なんてまだありません)
で、私が銭湯に行っている間に電話があると
じいさんが「ゆきひろは今、ニューヨーク(入浴)にいっちょるけん!」と
茶目っ気たっぷりに対応してくれて
後で説明が大変だったことを思い出しました(笑)

さてさて

本日は「ミノルタXE」のカメラ修理を行っています。
私が個人的に使っていることも関係しているのか
(気のせいかな。。。(笑))
おそらく他店よりは修理依頼の多いカメラだと思います。
いつも書きますが使い心地が非常によく
絶対的性能よりも官能的な部分に魅力のあるカメラだと思います。
ライカと共同開発した「コパルライツシャッター」を搭載します。
このシャッターユニットのおかげで
あの滑らかな巻上が実現したといってもいいと思います。

XEといえば一番の問題は「プリズム腐食」です。
今回、お預かりいている非常にキレイなシルバーのXEは
ファインダー上で見る限りは腐食が見当たりません。
しかしながら注意が必要なのは
加水分解したモルトが腐食の起こる部分に張り付いているため
プリズムを降ろすときに蒸着が剥がれてしまうこともあります。
プリズムを降ろす際には非常に神経を使います。

プリズムは無事なようですが
シャッターには少々問題があり
1/1000は全く開かず、1/500は1/2000くらいの露光量になってしまっています。
スリットが開かない及び開いても非常に狭いわけですね。
XEは電子シャッター機ですので
基板上の可変抵抗でシャッタースピードをある程度
全体的に調整することも可能ですが
今回の場合、低速シャッターは比較的良好です。
で、幕速(実際に幕(羽根)が動作する速さ)を見てみると
妙に動きが遅いことがわかりました。
おそらく羽根(おそらく根元部分)に汚れ等があって
動きを悪くしているものと思われます。
最終的には基板も調整して精度をだしますが
まずは羽根を本来のスムーズな動きに戻すことから取り掛かります。

加えてこれも定番ですが露出計はほぼ振り切ってしまっている状態です。
これはいつものことですが巻戻しクランク下の
摺動抵抗の汚れあるいは劣化が原因と思われます。

これから本格的に分解を進めて
まずはシャッターユニットから整備を行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンAE-1プログラムのカメラ修理

今日は「CMソングの日」らしいですよ。
1951年のこの日にラジオで日本初のCMソングが
流れたということですが、そのCMソング
当時の小西六(後のコニカ)さくらフィルムの
CMソングだったらしいのですが
商品名、メーカー名は一切出てこないんですね。
後にレコード化もされたというそのCMソングが
「僕はアマチュアカメラマン」という曲です。
youtubeとかで聴けるようなので興味のある方は是非!

さてさて

本日は「キャノンAE-1プログラム」のカメラ修理を行っています。
数日前にシルバーの個体の修理を行いましたが
今度はブラック仕上げです。
シルバーも良いですがやはりキヤノンといえば
他メーカーと比べてもブラックのイメージが強いですね。
話はそれますが今のデジタル一眼レフやミラーレス機は
ほとんど黒だから、どのメーカーも黒のイメージなんでしょうね。。。

うーん、やはりカッコ良いですね。
このAE-1Pですが
ご依頼者様が新品からずっと使い続けていらっしゃるそうです。
非常に丁寧に使われているのがわかるコンディションです。
1台のカメラに惚れ込んで徹底的に使いこむ。。。
すごく憧れますが私にはなかなか真似できそうにありません。
(浮気癖がかなりあるもので。。。(笑))

外装コンディションは素晴らしい状態ですが
さすがに経年劣化はそれなりに起こっています。
今回はキヤノンAシリーズ特有のシャッター鳴きは起こっていませんが
測定機にかけてみると。。。
1/1000と1/500でシャッターが開ききっていないようです。
これでは安心して撮影することはできません。
幕速が先幕と後幕でばらついているせいもありますが
シャッター幕を走る制御を行っているマグネットの
汚れが原因ではないかと思われます。
一見吸着面はキレイなのですがクリーナーをペーパーにつけて
清掃してみると結構な汚れが付着していました。

シャッター鳴きの予防も含めて
シャッター周り、ミラー駆動部と整備を行い
各部の調整・精度出しを行っていきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

 

オリンパスペンFのカメラ修理

今日は「生クリームの日」だそうですよ~
甘いものに目がない私としては
言葉を聞いただけで美味しそうなケーキが目に浮かびます(笑)
何も考えずに食べたいだけ甘いものを食べていい
年齢、というか身体ではないのですが。。。(汗)
あぁお安いのでいいからケーキが食べたくなってきました。。。

さてさて

本日は「オリンパスペンF」のカメラ修理を行っています。
言わずと知れた「孤高のハーフ判一眼レフ」です。
(この言い回しも毎回使ってますね。。。)
発売開始は1963年
外観の独特さからもわかりますが
通常の一眼レフとは構造が全く違います。
オリンパスの正統派一眼レフであるOM-1も
他メーカーに比べるとなかなか独創的ですが
このペンFはもっと独創的な構造をしています。
最高速1/500まで全開となる(つまり1/500までフラッシュがシンクロする)
ロータリーシャッターを筆頭に
ミラーボックス内のミラーは横向きに配置され
通常より反射面の少ないプリズムはボディ内に完全に収納され
ボディ上部のミラーやもうひとつある小さなプリズムに
反射され接眼レンズに至ります。
そのためレンズは巻戻し側にオフセットされ
上カバーは平らになっています。
このメカニズムだけで1台持っておきたい気持ちにさせられますね。

お預かりしたペンFは
シャッターが開きっぱなしで
うんともすんとも言わない状態でした。
よくあるのはミラー駆動周りのトラブルが多いのですが
今回はちょっと異なるトラブルで
これはなかなか大変そうです。

写真は整備完了後なのですが
シャッタートラブルの原因は軸部分のネジが緩んで
シャッター幕に干渉してしまっていたことが原因でした。
やはりあまり見受けられないトラブルでしたね。
もちろんシャッターユニット、ミラー駆動部等々
全体の整備を行って気持ちよく動作するようになりました。

後に出た露出計やセルフタイマーを装備する
FTももちろん良いのですが露出計レスで軽快な2回巻、
なんと言っても花文字の目立つ、最初のペンFは
やはり良いですね!

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスM-1のカメラ修理

今日は9月4日で「くしの日」だそうですよ。
髪に使う「櫛の日」でもあり「串の日」でもあるみたいです。
ん~やっぱり「串」のほうが興味というか
食欲をそそられますね(笑)
串カツ、焼き鳥、焼き魚も串を使いますね。
あとはBBQやケバブとかかなぁ。。。
何にしてもお酒が進みそうなものばかりです!
先週、焼き鳥行ったばかりなのに
また行きたくなってきなぁ。。。(笑)

さてさて

今日は「オリンパスM-1」のカメラ修理を行っています。
「M-1」。。。
もともとこの名前でオリンパスは発売するつもりだったのですが
(アクセサリーを含むシステム名もMシステム)
当時のライツ社から「ライカMシリーズに似ていて困る」との
クレームから「OM-1&OMシステム」に改名されました。
しかしながら既に生産されていた初期ロットについては
「M-1」のまま生産されました。
その台数は3000台とも5000台とも言われていますが
少ない割には中古市場でよく見かける気がします。。。

そんな経緯を持つ「M-1」ですが
中身は極初期の「OM-1」と同様です。
もちろん希少なモデルなので市場価格はOMより
ずっとお高いです。
M-1(極初期のOM-1)と通常のOM-1との違いは
細かいところでいろいろとあるのですが
ここでは説明を省略いたします。

今回のM-1は
ご依頼者様が最近、手に入れたものとのことで
本格的に使う前に整備を行ってから。。。ということで
お預かりしました。
ご依頼者様からのご指摘もありましたが
何箇所か気になる部分がございます。

まず、ミラーアップボタンをひねっても
ミラーがキチンと上がらず途中で止まってしまいます。
シャッタースピードダイヤルも重い上に
ちょっとザラザラとした感触です。
さらに感度設定ダイヤルも妙に重さを感じます。
測定機にかけてみると
1/1000、1/500は一部シャッターが開いていません
後幕が追いついてしまっているようです。
さらに露出計は不動です。
それなりに手はかかりそうな予感がします。。。

写真ではちょっとわかりづらいですが
プリズムは4本のバネで固定されています。
これもM-1(極初期OM-1)特有の部分ですね。
まずこの時点でわかったのは感度ダイヤルが重いのは
ダイヤルがわずかに変形してしまっているようです。
上から強い力が加わったものと思われます。
あとはミラーボックスを外して
シャッター周りから整備しなが確認していきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンAE-1プログラムのカメラ修理

今日は「ベッドの日」だそうですよ。
私は今はベッドではなく布団で寝ていますが
どちらにしても寝具って大事ですよね!
「あったかいふとんでぐっすり寝る!
こんな楽しいことがほかにあるか!」っていうのは
のびたのセリフですが。。。(笑)
(あ、ちなみに今日はドラえもんの誕生日でもありますね)
その気持ちは非常にわかります。
うちの布団もマットレスもだいぶくたびれてきているから
そろそろ買い換えないとなぁ。。。

本日は「キヤノンAE-1プログラム(以下AE-1P)」の修理を行っています。
発売開始は1981年。
大ヒットとなった「AE-1」にプログラムAEを加えたモデルです。
もちろんプログラムが加わっただけなく
ファインダー情報等々も一新され
特に内部の電子機器類は一気に進化した印象です。
とはいえ、基本的な骨格及びシャッターは
AE-1とほぼ同じで
他メーカーが中級機には
金属幕縦走りシャッターを採用するケースが多い中
従来からの布幕横走りシャッターを採用しています。

キヤノンAシリーズといえば
「シャッター鳴き」が定番中の定番ですが
このたびお預かりしている「AE-1P」も
しっかりシャッター鳴きが発生しています。
原因はミラー駆動部のギアの油切れです。
鳴いているだけならまだ良いのですが
症状が進むとミラーアップも目に見えてゆっくりになっていきます。
もちろん清掃して注油すれば良いのですが
AE-1Pは先述のとおり電子機器があらゆるところに
装備されています。
油は基本的には電気を通さないので
接点等に付着すると新たなトラブルを招きます。
電子部品等がなくてもそうですが
注油し過ぎは厳禁です。

今回のAE-1Pはシャッター鳴きだけではなく
ミラーボックス内にあるオート時の絞り制御ステーの動きも悪く
オートがイマイチ不安定です。
さらにレリーズの反応が妙に悪く
相当しっかり押しこまないとシャッターが切れません。
上の写真を見てもよくわかりますが
上カバー下は電子部品でぎっしりです。
これから慎重に分解を進め
各部点検整備を行いながら不具合箇所も修理していきます。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンF-1のカメラ修理

今日は「宝くじ」の日だそうですよ。
宝くじ。。。1等なんてあたると人生変わっちゃいますよね。
いいなぁ~とは思いますが
私、宝くじって買ったことないのですよねぇ
当たる確率を考えるとどうにも手が出なくって。。。(笑)
今度、試しに買ってみるかな。。。

さてさて

今日は「キヤノンF-1」のカメラ修理を行っています。
言わずと知れたキヤノン初のプロ用高級一眼レフですね!
発売は1971年、「10年間は不変」と宣言したとおり
後継の「ニューF-1」が10年後に発売されるまで
キャノンのフラッグシップとして君臨しました。
F-1は1976年にマイナーチェンジをされています。
それを境に「前期型」、「後期型」と呼ばれたり
マイナーチェンジ後のものを「F-1N」と呼ぶこともあります。
今回、お預かりしているF-1は後期型なのですが
前期型に比べて下記のような部分が変更されています。

・巻上レバーの巻上角の変更(180度→139度)
・巻上レバーに指当てが追加
・対応最高フィルム感度が2000→3200へ変更
・シンクロターミナルが脱落防止のためネジ留め式に変更
・ミラーの反射率及びスクリーンマット面の変更でファインダーが明るくなった
・シャッターボタン部の受皿の形状変更
・接眼レンズに多層膜コーティング
・アイカップをゴムリングに変更
・標準スクリーンのタイプが「A」から「E」に変更
・バッテリーチェックボタンを自動復元式に変更
・裏蓋にメモホルダーを追加
・巻戻しクランク引き上げの際にクリックを追加

中身の細かいことを言えばもう少しあるのですが
外からわかる部分としてはこのくらいだと思います。
改めて並べてみると意外と変更箇所ありますね。。。
とはいえ基本的な構造は全く変わらず
元々の基本設計の高さが際立ちますね。

お預かりした後期F-1は
シャッターが切れない状態です。
シャッターチャージはきちんとできていて
レリーズロックがかかったような状態です。
分解してみるとやはりシャッターロックの動作不良が原因でした。
それよりも大変だったのがF-1でたまに見かける
シャッターバウンドが発生していました。
幕ブレーキの不良が原因で起こることがほとんどですが
ここの調整はかなり骨の折れる作業です。

写真は整備後に撮影したものです。
動作の悪いところを整備しつつ各部動作部の清掃・注油を行い
露出計・シャッタースピード等々の精度出しも完了しました。
現在、少し時間をおいているところです。
最終的なチェックと微調整を行って作業完了となります。

付属のNewFD50mmF2は絞りが完全に固着していたので
絞り羽根清掃を行いました。
NewFDとの組み合わせも似合いますよね!

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFのカメラ修理

今日はいわゆる「二百十日」ですね。
立春から起算して210日目ということですが
今年も残り1/3というところですね。
季節的には1年のうちで私の最も好きな秋がやってきます。
朝、冷え込んだときのピンと張った空気感がいいんですよねぇ
ということで今月もがんばってやっていきます!

さてさて

本日は「ニコンF」のカメラ修理を行います。
もはや伝説ともいえるカメラですね。
当店にも修理の依頼の多いカメラのひとつでもあります。
何度も同じようなことを書きますが
基本的には非常に丈夫なカメラで
各部の部品の強度も半端ではありません。
そのため、致命的なダメージを負っている個体は
少ないと思われます。
(ショック品や水没品・分解品は除きますが。。。)
とはいえ、部品ひとつひとつは
しっかりしていても
やはり発売開始から60年近く経過するカメラです。
油切れや内部の汚れで動きはどうしても悪くなってしまいます。
特に長い間、使われずに放置されている個体は要注意です。

今回、お預かりのFもシャッターは動作していますが
測定機にかけてみると高速シャッターは随分不安定です。
定番のスローガバナは固着まではいきませんが
1秒のときに途中で止まりそうになっています。
巻上も少々重めに感じます。
とはいえ、全て分解して古い油や汚れを取り除き
部品の動きをスムーズにしてやることによって
精度はかなり回復すると思われます。
外装もかなりくたびれた部分がございますが
これもできる限り清掃してシャキッとした外観に
近づけたいと思います。
まずはこれから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

オリンパスペンSのカメラ修理

今日で8月も終わりですね。。。
今月も「あっ」という間でした。
8月31日ということで今日は「野菜(8・31)の日」だそうです。
もっと野菜を摂らなくちゃいけないんですよねぇ
一人暮らしだとどうも食生活が偏り気味で
慢性的な野菜不足に陥りがちです。
もう少し涼しくなったら野菜鍋を頻繁に食べよう!
それに合わせる日本酒が楽しみだ(笑)

さてさて

本日は「オリンパスペンS」のカメラ修理を行っています。
初代ペンの高級バージョンとして発売されたモデルですね。
今回、お預かりしている「ペンS」は
台数が少ないといわれる2.8cmF3.5を搭載したモデルです。
ペンSのデビューは1960年ですが
発売当初は3cmF2.8が装着されていました。
その5年後となる1965年に今回の2.8cmF3.5が追加されたようです。
どちらにしてもペンシリーズの中でも根強い人気のあるペンS
シャッターが5速で露出計もなくマニュアルで
自分の好きなように撮れるところがやはりいいですよね。

今回のペンSもシャッターがまず切れません。
まだ分解していないので何ともいえませんが
やはり一番可能性の高いのは
シャッター羽根の固着だと思われます。
フォーカルプレーンシャッターが
幕軸の強いバネ力で幕を引っ張りあげることに比べると
レンズシャッター機のそれは
非常に弱い力で薄くて軽い羽根を開閉しているわけですから
ほんの少しの油やゴミで簡単に固着します。
そんな華奢な部分もありますが
レンズシャッターは本来、非常にコンパクトに作ることができ
動作も非常に安定した優れたシャッターです。
時計仕掛けのようなシャッターユニットの中で
シャッター羽根駆動部やスローガバナーが
動く様子を見ていると未だにワクワクします(笑)

フルマニュアルで操作でき、もちろん電池不要
レトロなルックスにポケットに入る小ささ
それでいて安っぽさはなく適度な重量感
極めつけに写りも良い!ということですから
人気がでないわけがあえりませんね。
常に持って歩きたい1台ですよね。

現状チェックも終わりましたので
これから本格的に分解整備に取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。