カテゴリー別アーカイブ: カメラ修理

マミヤ35Ⅲのカメラ修理

今日は11月9日ということで
「119番の日」だそうです。
火事にしても救急車にしても
お世話になることのないようにしたいものですね。
救急車は過去2回、乗せられたことがありますが
結果的にどちらもたいしたことにはならずにすみました。
健康と火の元にはくれぐれも注意しましょう。

さてさて

本日は「マミヤ35Ⅲ」のカメラ修理を行っています。
マミヤ35シリーズも種類がいろいろあり
なおかつ初期のものはモデル名の刻印がないことから
なかなか判別の難しいカメラです。
今回、お預かりしているものは「Ⅲ」だと思われます。
このモデルから巻上がノブからレバーになりました。
搭載レンズは50mmF2.8のものと
48mmF2のものが存在しますが
今回は50mmF2.8搭載機です。
発売開始は1957年、
搭載されるシャッターはセイコーシャMXLです。

この時代のレンズ固定式レンジファインダーカメラとしては
標準的なスペックですが
メッキ部品がふんだんに使われ
レトロ感満載で良い雰囲気を出しているカメラです。
セコールレンズはもちろん良く写り
なかなか魅力的なカメラです。

お預かりしたマミヤ35Ⅲは
まずピントリングが非常に重い状態です。
回せなくもないですが
とても普通にピント合わせできる状態ではございません。
他、シャッター羽根にも少し粘りが見られます。
ファインダー二重像は縦横両方ズレてしまっています。

レンズボードは貼り皮を剥がす必要もなく
上カバーすらも開けることなくネジ4本で簡単に分離できます。
まずはシャッター及びレンズ周りの整備から取り掛かります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

コニカC35のカメラ修理

今日は「八ヶ岳の日」ということですよ。
八ヶ岳は山梨県と長野県にまたがる
主稜線は南北に30km、
裾野の広さは東西に15kmに拡がる
日本アルプスに続く山脈のひとつです。
峻険な山々がそびえたつ南八ヶ岳
ひかくてき穏やかな山々の続く北八ヶ岳に
分けて語られることが多いです。
最近、ご無沙汰ですが
最高峰の赤岳や横岳、天狗岳等々
また行ってみたい山がたくさんあるエリアです。

さてさて

本日は「コニカC35」のカメラ修理を行っています。
「じゃーに~コニカ」のキャッチフレーズで一世を風靡した
AE露出のコンパクトカメラです。
非常に持ち歩きやすい軽量コンパクトさと使いやすさ
ヘキサノン38mmF2.8の写りの良さ等々で
今でも人気が高く愛用されている方も多いカメラです。
爆発的に売れたカメラなので
現存している個体数も多く、手に入れやすいカメラでもあります。

今回お預かりしているC35もそうですが
C35は裏蓋の遮光のかなりの部分をモルトに頼っています。
そのため裏蓋部分には相当のモルトが使われていますが
これが劣化して全てボロボロです。
加えてこれもC35でよく見られるトラブルですが
シャッター羽根を駆動する羽根車の動きが悪くなっていて
シャッターを切ったときにゆっくりとしか閉じません。
これでは全ての写真が露出オーバーになってしまいます。
レンズシャッター機で同様のトラブルが起きると
シャッター羽根そのものの油付着等による
粘りを予想するのですが
C35の場合は羽根自体が汚れているものは少なく
羽根車が固着気味の場合がほとんどです。

露出計不動の個体も多いのですが
今回はそこは大丈夫でした。
不動の場合のほとんどの原因は
電池室裏のハンダ付け腐食による断線がほとんどです。
腐食は電池室裏にとどまらず
リードを伝ってCDS部の端子にも拡がることが多いです。

露出計は動くのですが
当時の使用電池は現在のLR44(SR44)と
ほぼ同じ大きさの水銀電池、MR-44(H-C)を使用します。
大きさがそのままですのでLR44を入れても
もちろん動作しますが電圧の関係で1.5段ほど
アンダー目に露出計は動きます。
C35のシャッターは機械式ですが
露出計の針を挟み込むタイプのオート制御なので
オートも-1.5段で動作してしまいます。
今回は普通にLR44で適正に動作するように調整します。

その後、チェックしていてわかったのですが
露出計は電圧分の調整だけで良いかと思っていたら
CDSが劣化しているようで光がなくても
振れてしまうようです。
(光がなくても抵抗値が上がってくれない状態)
中古良品から移植して対応いたします。
まずはシャッター周りから整備に取り掛かります。

ミノルタXEのカメラ修理

今日は「アパート記念日」だそうですよ。
思えば19歳で一人暮らしを始めてから
何度か実家に戻って仮住まいの時期はあったものの
ずーっとアパートで一人暮らしなんですよね。。。
気ままな生活にどっぷり慣れてしまってます。。。
そういえば一番最初に一人暮らしした
4畳半一間のアパートは今考えれば
すさまじくボロかったなぁ。。。(笑)

さてさて

本日は「ミノルタXE」のカメラ修理を行っています。
発売開始は1974年。
前年にはXシリーズの幕開けとなる
「X-1」がデビューしていますが
中級機としてはこの「XE」がミノルタ初の
電子制御シャッター搭載のAEとなりますね。
以前にも何度か書きましたが
その巻上の滑らかさは非常に魅力です。

巻上だけでなく、ふんわり動作する指針式の露出計
上品なシャッター音、大柄ですが端正なスタイリング
魅力は多いカメラですが
正直、トラブルも少々多いカメラでもあります。

今回、お預かりしているXEもそうなのですが
たまに巻上げがひっかかったような感じになり
巻上ができなくなるものがあります。
(大抵の場合はすぐ復帰するのですが)
巻上ロックが上手く外れないことが原因です。
他、XEをお持ちの方ならご存知の方も多いとは思いますが
現存しているXEの8割以上がダメなのではないかと思われる
定番のプリズム腐食
露出計が基本的に振り切ったままになる
X・B以外のシャッタースピードでミラーアップしてしまう
(今回の個体は毎回ではなく何度かに1回ミラーアップしてしまう)

場合によっては電子基板内の問題で修理不能のこともあります。

今回は何とか全ての症状に対応することができました。

外装はもともとキレイだったので
非常にコンディションの良い個体になったと思います。
私も個人的に好きなカメラで
ブラック・シルバーそれぞれ持っていますが
最近はシルバーが非常に美しく見えてしまい
持ち出すこともシルバーのほうが多いです。
もちろんブラックもカッコ良いのですが。。。

多少、トラブルの多いカメラですが
快調に動作している個体は非常に使い心地の良いカメラです。
この「使い心地が良い」という点は
ミノルタのカメラ全般に当てはまるような気がします。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ペンタックスMEのカメラ修理

今日は「縁結びの日」らしいですよ。
良いご縁はないまま、こんな歳になっちゃいましたねぇ(笑)
いや、良いご縁は何度もあったのだけど
自分で逃がしてきちゃったんでしょうねぇ。。。

さてさて

今日はペンタックスMEのカメラ修理を行っています。
1976年発売の絞り優先AE専用機です。
セイコーMFC-Eシャッターを採用し
ファインダー内表示もLEDとなり
当時の最先端技術で作られたカメラです。
前身のKシリーズと比べても
格段に軽量コンパクトとなりました。
当店でも修理依頼の多いカメラですね。

ME系といえば
ミラー駆動部のブッシュ溶解が原因の
ミラーアップや巻上トラブルの多いカメラですが
今回、お預かりしているMEはその辺りは
なかなか快調です。
しかしながら、電池を入れても露出計が
全く反応しません。
電池室は一見キレイなのですが
よく観察してみると緑青がわずかに見られます。
分解してみると予想通り
電池室裏のハンダ部分で腐食のため断線していました。

電池室からのリード線内部も腐食しているため
この部分の線は張替えを行いました。
この時代の電池はたとえ液漏れを起こさなくても
電池から発生するガスの影響で
金属部分に腐食を起こします。
予防のため電池室フタには大抵の場合
ガス抜きの穴が開けられているのですが
それでも長期間入れっぱなしだと
確実に腐食が発生します。
しばらく使わないときはやはり電池は抜かなくてはダメですね。

MEでよくあるミラー駆動部のトラブルや
シャッターユニット内のトラブルを予防するためにも
同時に各部の整備を行います。
基本的には丈夫なカメラなので
これで当分、安心して使える状態になると思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノンA-1のカメラ修理

今日は11月4日。。。
1979年に日本シリーズで
広島東洋カープが近鉄バファローズを下し
初めて日本一となった日ですね。
忘れもしない3勝3敗で迎えた第7戦
4-3でカープ1点のリード
しかし無視満塁、一打サヨナラ逆転で
日本一は近鉄のものになるという場面
江夏投手が0点で抑えた「江夏の21球」で有名な場面ですね。
テレビ観戦していましたが
子供ながらにあんなに胃が痛くなるような
場面はなかったですね。。。
負けていたらトラウマになっただろうなぁ。。。

さてさて

本日は「キヤノンA-1」のカメラ修理を行っています。
「カメラロボット」と呼ばれ、
当時最新鋭の電子制御システムを搭載した高級機です。
露出モードも、プログラムAE、絞り優先AE
SS優先AE、実絞りAE、フラッシュAE、と
5モードAE搭載というセールスポイントもありました。
1978年発売開始で
キヤノンAシリーズの頂点に君臨するモデルです。

キャノンAシリーズの全てのモデルは
機械的部分のベースはAE-1です。
ということで機械的トラブルはAシリーズ全モデル
同じようなことが起きます。
その最たるものが「シャッター鳴き」で
今回お預かりのA-1にも発生していました。
シャッターを切ると「ギャイン」という
耳障りな音がなるというものです。
音が鳴るだけならまだいいのですが
症状が進むとミラーがゆっくりとしかアップできなくなります。
酷いものになるとミラーが動かず
シャッターが切れなくなる場合も有ります。
他にAシリーズで多いのは巻上鳴きや
オート絞りレバー動作不良によるオート不良あたりでしょうか

現在、出ているトラブルは当然ですが
懸念されるトラブル原因箇所も一通り対処して
組みあがったところです。
露出計やオート精度も調整しています。
これから最終チェックを行って完成になります。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

キヤノネットQL19のカメラ修理

明日は「文化の日」ですが
(当店も祝日のためお休みです)
11月3日といえば子供の頃、近所の神社で
秋祭りが行われる日だったのですね。
で、その前の日の夜は前夜祭みたいな感じで
「よごろ」と呼ばれるお祭りが行われます。
翌日の本番同様露店も出ます。
夜のお祭りということもあり
子供心に非常に楽しみにしていました。
「よごろ」って呼ぶのは広島あるいは呉だけかなぁ。。。

さてさて

本日は「キヤノネットQL19」のカメラ修理を行っています。
1965年に発売されたモデルです。
社会現象にまでなった初代キヤノネットをベースとし
巻上げレバーは底面から一般的な上カバー部へ
受光部はセレン光電池からCDSへ変更されました。
それから忘れてはいけないキヤノンお得意の
「クイックローディング」が搭載されました。
モデル名のQLはその頭文字です。

キヤノネットQL19(17)はその生産時期によって
使用電池が異なります。
どちらにしても1.3Vの水銀電池ですが
まず電池室のフタがバヨネット式のものは
他のカメラでもおなじみのMR9を使用するモデルです。
そして電池室フタがねじ込み式のものは
MR50を使用します。
今回お預かりしているQL19はこちらです。
現在のボタン電池1.5Vで対応できるように
調整いたしますが電池装着には一工夫必要です。

針挟みこみ式のSS優先オートを搭載しますが
これは電池を入れてある程度、露出計の針が振れないと
もちろんシャッターは切れません。
しかしながら今回はマニュアルでも全くシャッターが切れません。
定番のシャッター羽根の粘りも当然ありますが
それよりもシャッターロック機構の動作不良で
レリーズができない状態でした。

写真は整備後です。
露出計も不動でしたがもちろん動くようになりました。
コンパクトカメラと呼ぶにはちょっと大柄ですが
そのぶん余裕を持って作られていると思います。
一般的にはこの後に出てくる
ニューキャノネットやGⅢが人気ですが
初代や「S」、それからこの「QL19」や「QL17」の
余裕のあるしっかりした造りはなかなか魅力的です。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコマートFTNのカメラ修理

今日から11月です。
「1(ワン)1(ワン)・1(ワン)」ということで
「犬の日」だそうですよ。
いつかは私も犬買いたいですねぇ。。。
小型犬もかわいいけど大型犬がいいなぁ。。。
なかなか実現しそうにないのですが。。。

さてさて

本日は「ニコマートFTN」のカメラ修理を行っています。
ニコンFの時代の中級機で1967年の発売開始です。
ニコマートFTシリーズの中でも
このFTNからいわゆる「ガチャガチャ」(絞りリングを往復させる)で
装着レンズの開放F値が自動でセットされるようになりました。
加えてFTNから露出計が中央部重点測光になりました。
ニコマートシリーズの中では最も見かけるモデルだと思います。
それだけ大ヒットしたわけですね。
シャッターはコパル製でこれも非常に丈夫にできています。
色々な箇所で当時のフラッグシップだった「F」に比べると
コストカットされている部分はありますが
非常にしっかりと造られているカメラです。
ニコンらしい質実剛健さに溢れているカメラだと思います。

今回、お預かりしているニコマートFTNは
ご依頼者のお父様のカメラだそうです。
詳細はお聞きしていないのですが
随分長い間使用されていなかったのではないかと思われます。
付属していたニッコールオート50mmF1.4には
相当のカビが付着しており
一部はレンズ表面を完全に侵食しています。
シャッターは何とか動作しますが
油切れあるいは汚れが原因で高速シャッターは精度がでておらず
露出計は全く動きません。

既に一通りの整備は完了しており
駆動部の油が馴染んだ頃に最終チェックを行い
整備完了となる運びです。
ニコマートFTNはシルバーもブラックもそこそこ見かけ
ブラックも精悍で非常にカッコ良いですが
シルバーが似合うよう気もします。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

ニコンFのカメラ修理

今日は「たまごがけごはんの日」だそうですよ。
熱々炊き立てのご飯にたまごをかけて少し醤油をたらし。。。
あぁ、美味しいですよねぇ~
朝ごはんにはもちろん、飲んだ後のシメにもいいですよねぇ
言われてみれば最近食べてないですね。。。
外食やコンビニ弁当が多いせいもあり
熱々炊き立てのご飯が疎遠になってしまっています。。。
たまには家でちゃんとご飯を炊いて
たまごかけご飯と漬物でお腹いっぱい食べたいですね!

さてさて

本日は「ニコンF」のカメラ修理を行っています。
発売開始から60年近く経とうとしているのに
未だに人気も高く、
もはや伝説のカメラと言っていい存在だと思います。
「F」は14年間もの間、
生産され続けたロングセラーでもあるのですが
生産された時期や製造番号で
小変更が何度か行われています。
「F」のこういった製造番号やそれに伴う変更等の
情報はネット上にもいろいろありますが
人気のモデルだけあって事細かに調べられています。
今回、お預かりしている「F」は
製造番号が730万台でいわゆる「ニューF」と呼ばれるモデルです。
巻上レバーやセルフタイマーレバーが変更になり
後のF2と同じ部品が使われるようになりました。

まずは整備前の状態ですが
一応、一通り動作してはいるのですが
全体的に油切れや汚れのせいで
動きの悪い部分が見受けられます。
特に後幕の動きが悪いようで
先幕に比べると幕速が随分遅くなってしまっています。

計測器ではシャッタースピード
(シャッタースピードに応じた露光量)を測る際に
A:走り始め
B:中央
C:走り終わり
上記3箇所を測定します。
今回の場合、1/1000の場合だと
走り始めはほぼ1/1000くらいの露光量なのですが
中央で1/700、走り終わりには1/400くらいの露光量になってしまいます。
後幕が遅いため、シャッター走行の間に
だんだんスリットの幅が開いていってしまうのですね。
長期間未整備の個体によく見かける状態です。
もちろん完全に合わせることはできないのですが
通常の使用で問題レベルには合わせていきます。
現在の状態だと明らかに写真の両端で
露出が変わってしまう状態です。

最終的には幕テンションで微調整を行いますが
幕軸の清掃・注油でかなり改善されます。
ところでいつも「F」を整備していると思うのですが
上写真にも写っている「Nikon」のネームプレート
分厚くて意外とずっしりしていて
妙に重厚感に溢れる造りです。
今だったら間違いなく軽量でペラペラに作られてしまうのでしょうが。。。
こういうところにも古きよき時代を感じますね。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

スーパーリコーフレックスのカメラ修理

今日は「ホームビデオ記念日」だそうですよ。
ソニー・松下電器・日本ビクターが
世界初の家庭用VTRの規格
「U規格」を発表した日だそうです。(1969年)
ビデオといえば高校生くらいの頃に
録画した「MTV」とか「ミュージックトマト」とかの
VHSビデオテープがまだ家にあるんですよ。
見たいのだけどプレーヤーがない。。。
シンディローパーの初来日ライブのTV放送を
録画したテープもあるなぁ。。。DVDに焼きなおさないと。。。

さてさて

本日は「スーパーリコーフレックス」の修理を行っています。
このリコーフレックスにも様々なモデルが存在しますが
この「スーパーリコーフレックス」輸出専用モデルです。
他のモデルとは全く雰囲気の違った銘板が特徴ですね。
発売は1956年。
シャッタースピードは10、25、50、100、300、の5速とバルブです。

作業は一通り完了していて最終チェックを行っています。
お預かり当初はお決まりのピントリング固着で
ほぼ回らない状態でしたが
現在は指1本でも軽々スムーズに回ります。
加えてこれも定番ですがミラーの曇りが酷かったので
交換で対応しています。

リコーフレックスはプレスボディならではの軽快さが魅力ですが
キレイに仕上げると高級感もあり
レンズコーティングの薄いブルーも
見とれてしまうほど美しいです。
使っても眺めていても楽しいカメラですね!

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。

リコーオートハーフEのカメラ修理

1972年のこの日(10月27日)に
中国との国交正常化に伴い
パンダの「カンカン」と「ランラン」が日本にやってきました。
これが日本の動物園に初めてやってきたパンダですよね。
「カンカン」と「ランラン」っていう名前が
既に非常に懐かしい感じがします。
つい先日、シャンシャン誕生のニュースが盛り上がりましたが
最初に日本にパンダが来てから45年が経つのですね。

さてさて

本日は「リコーオートハーフE」のカメラ修理を行っています。
ハーフ判カメラの中では「オリンパスペン」と並んで
非常に高い人気を誇るカメラです。
四角い何ともレトロな佇まいがステキなカメラですね!
オートハーフシリーズもいろいろなモデルがあるのですが
今回の「E」が一番見かけることも多いのではないかと思います。
セレン式の露出計を内蔵し、オート露出で撮影するカメラです。
(フラッシュ時には1/30で絞りはマニュアルで選択)
使用レンズは25mmのF2.8
機能的なハイライトは何と言ってもゼンマイ仕掛けで行う自動巻上ですね。
しっかりバネを巻いておくと非常に軽快に巻上が行われます。
そのルックスとギミック的な部分が注目されがちですが
非常によく写るカメラとしても評価されています。

今回、お預かりのオートハーフは
このタイプのカメラの最大の弱点でもある
セレン光電池が劣化により起電しない状態です。
露出計が動かないと常に絞りは全開でシャッターは切れてしまい
大抵の場合は写真は真っ白になってしまいます。
今回は部品取りからセレンを載せ換えたのですが
起電されているのにまだ露出計は動きません。
調べてみると露出計本体も断線してしまっているようです。

写真は整備完了後に撮ったものです。
手前にあるのが交換したセレンと露出計です。
他、レンズ清掃、シャッターユニット整備
絞りユニット整備等々、各部点検整備一式を行いました。
非常に快適に動作する状態に仕上がったと思います。

↓ をクリックすると「東京フィルムカメラ修理工房」のホームに戻ります。